ブラックフライデーのおすすめ商品はこちら

PS4やSwitchで使えるおすすめモバイルディスプレイ 11選 高リフレッシュレートのポータブルゲーミングモニターも!

本記事ではニンテンドースイッチなどといったUSB TYPE-C接続のゲーム機や、PS4などのHDMI接続のゲーム機に対応したおすすめのモバイルモニターをご紹介しています。高リフレッシュレートモデルも。

こんにちは。スマホでPUBGやりすぎて親指が固くなった”はしかん”(@hashikan3)と申します!

ニンテンドースイッチの小さい画面ばかり見ていると、唐突に大きな画面でプレイしたくなるときありませんか?

はしかん

たまには大きな画面でプレイしたい…

他にもこのような悩みはありませんか?

おこまりくん

友達同士で集まってスイッチでマイクラやりたいけど、もうちょい大きい画面でやりたい・・。

おこまりさん

PS4をプレイするのに簡単に収納できる自分専用のモニターが欲しい・・。

こういったお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが『モバイルモニター』です!

モバイルモニターを使ってスイッチを大画面で楽しんでいる様子
はしかん

『モバイルモニター』が1台あれば、テレビやモニターが設置してある場所だけでなく、どこでも好きな場所で大画面でゲームが楽しめます!

ただ、一言で『モバイルモニター』と言ってもかなりの種類があって、どれがゲームに向いているのか迷いますよね・・。

そこで本記事では、モバイルデモニターを10台以上レビューしてきた僕がゲームで利用できるモデルに特化しておすすめ機種を11モデルご紹介します。

本記事でご紹介するモデルは以下の基準で選択しています。

選んだ基準

  • 持ち運びが簡単である
  • ニンテンドースイッチやPS4で使える
  • ステレオスピーカーを内蔵している
  • ヘッドフォンジャックがある
  • スイッチとPS4通常版はフルHD(1,920 x 1,080)解像度
  • PS4 Proはフルスペック4K(3,840 x 2,160)解像度

この条件を満たすものをゲーム機別にご紹介していきます!

そして最後にゲーミングPCのに接続して使える高リフレッシュレートのモバイルモニターもご紹介します!

根本的なモバイルモニターの選び方について知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

気になるところまで読み飛ばす

タップできる目次

Switch(ニンテンドースイッチ)におすすめのモバイルモニター

Switch(ニンテンドースイッチ)はHDMIかTYPE-Cの2種類の接続方法に対応しています。

テレビにSwitchの映像を写す場合、通常は付属のドックを介してHDMIで接続しますが、スイッチに対応したモバイルディスプレイを使えばドック不要でTYPE-Cケーブルで接続可能です。

はしかん

ここでご紹介しているモニターは全てSwitchからTYPE-Cケーブルを使って映像出力可能なモデルです。

また、スイッチドックでUSBキーボードなどを使っている場合は、OTGポート搭載のモニターであればアダプターを介して接続可能なので便利です。

EVICIV 15.6インチ モバイルモニター フルHD

映像視野角178度のフルHD IPS液晶
ノングレアパネル
サウンド8Wステレオスピーカー搭載
デザインベゼルレスでシンプルなデザイン ペンをスタンドにできる
拡張性標準HDMI x1
TYPE-C(USB 3.1) x1
TYPE-C(PD) x1
miniDP x1
micro USB OTGポート x1
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さPD対応でケーブル1本でディスプレイとスイッチに給電可能
重さ905gと1kgを切っており、室内で手軽に持ち運べる

スイッチ用モバイルディスプレイでまずいちばん最初におすすめしたいのがこちら!

「EVICIV」の「EVC-1506」です。

スイッチメインでお探しの方は、ひとまずこれを買っておけば間違いないと断言できるほどの商品です。

このモバイルモニターの特徴はこちら。

EVC-1506の特徴

  • 15.6インチの大画面
  • 充実した映像入力ポート
  • アンチグレアパネルで見やすい
  • ベゼルレスでシンプルなデザイン
  • 付属品も充実しており買ってすぐにスイッチと繋いで楽しめる
  • モバイルディスプレイにしては音質もそこそこ良い
  • OTGポートを使ってSwitchでキーボードを使える
  • リーズナブルなお値段

スイッチとの接続に使用できるTYPE-Cケーブルや、電源アダプタ、スタンドまで付属していますので、コレさえあればすぐにスイッチと接続して大画面でゲームを楽しめます。

レビュー記事はこちらです。

また、「もう少し小さめがいいな」という方には、ほぼ同じ性能で13.3インチ版の「EVC-1301」もあります。

Lepow スイッチ用モニター 15.6インチ フルHD

映像視野角178度のフルHD 15.6インチ IPS液晶
ノングレア HDR対応
サウンドステレオスピーカー搭載
デザインスタイリッシュで高級感のあるデザイン
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-C(USB 3.1) x1
TYPE-C(給電のみ) x1
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さ薄くて持ち運びやすい
重さ本体700gと15インチにしては軽め

もう少し軽めの15.6インチのスイッチ用モニターをお探しの方におすすめなのがこちら。

「Lepow」の「Z1」という機種です。

まず目を引くのが高級感のあるスタイリッシュなデザイン

このモデルもニンテンドースイッチとはTYPE-Cケーブルで直接接続できます。

さらに、付属品も非常に充実しており、HDMIケーブル、スイッチとの接続に使えるTYPE-Cケーブル、スタンドにもなるスマートケース、さらにACアダプター、保護フィルムまで付いています!

はしかん

薄くて持ち運びしやすいので、頻繁に持ち運ぶ方にはイチオシのモバイルディスプレイです!

レビュー記事はこちら。

Geoyeao 15.6インチ 光沢液晶 フルHD

映像15.6インチ FHD IPS光沢液晶
サウンドステレオスピーカー搭載 比較的大音量が出せる
デザインベゼルが少し太め 全面にロゴがないのは高ポイント
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-C(USB 3.1) x1
TYPE-C(給電のみ) x1
3.5mmイヤホンジャック x1
OTGポート x1
手軽さ安いのに付属品充実 電源アダプタもOTGアダプタまでついている
重さ本体830gと少し重い

とにかくスイッチで使えれば安い方がいい!という方におすすめなのがこれ。

Geoyeaoゲオヤオ EVP-301」です。

最大の特徴はその安さ

しかも、安いのに付属品が沢山ついており、PCやスイッチとつなぐためのTYPE-Cケーブルや、HDMIケーブルはもちろんのこと、電源アダプタやマウスやキーボードを接続するためのOTGアダプタまでついているという充実ぶり!

はしかん

これだけあればスイッチとすぐにつないで遊べます。

レビュー記事はこちらです。

EVICIV 15.6インチ ホワイト 薄型フルHD

映像15.6インチIPS液晶
HDR対応
サウンドステレオスピーカー搭載
デザイン珍しい白いモバイルディスプレイ 最薄部厚さ6mm  ベゼルも薄い!
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-C(給電専用) x1
TYPE-C(Thnderbolt3) x1
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さスタンド機能付きカバー付属で設置もラクラク
重さ本体644gと軽量!

珍しいホワイトフレームのモバイルディスプレイ。

白いインテリアにも合うモバイルモニターをお探しの方におすすめです。

はしかん

白いモバイルモニターは今のところこれ択一ですね!

mini-HDMIポートとUSB TYPE-Cを兼ね備えつつ、最薄部で6mmととても薄くて軽いデザインとなっています。加えてスタンド機能付きカバー付属!

さらに、スイッチのTYPE-C接続にも対応しており、スイッチでもPS4でも使えてしまうというスグレモノです。

はしかん

小さくて持ち運びもしやすいので、これ一台あればいつでもどこでもスイッチもPS4もXBOXも楽しめちゃいますね!

PS4通常版におすすめのフルHDモバイルモニター

PS4は通常版とProの2種類があり映像音声出力はどちらもHDMI出力です。

そのためHDMI入力があるディスプレイであればどちらも接続できますが、通常版とProでは解像度が違います

通常版   ・・・フルHD出力(1,920 x 1,080)
Pro ・・・・・4K(3,840 x 2,160)

4KはフルHD画面4枚分の画素数なんです!Proすごい!

これらを踏まえてフルHDモバイルディスプレイと4Kモバイルディスプレイをご紹介します!

まずはPS4通常版向けフルHDモバイルディスプレイです。

メモ

SONYライセンス商品のHORI製「Portable Gaming Monitor for PlayStation4」は解像度が1366×768と低いため、より綺麗な映像で楽しみたい方はフルHDモデルをおすすめします。

cocopar モバイルモニター 15.6インチフルHD

映像視野角178度のIPS液晶パネル採用
HDR対応
サウンドステレオスピーカー搭載
デザイン金属筐体で質感が高く、ベゼルレスで薄くとてもシンプルなデザイン
拡張性mini-HDMI  x1
TYPE-C(映像入力+給電) x2
3.5mmイヤホンジャック
手軽さスタンド機能付きカバーが秀逸で設置がラクラク
重さ約860gと比較的重め

「cocopar」の「dg-156mx」という機種です。

視野角178度の15.6インチIPS液晶を採用。

ベゼルが狭くてデザインも良く、金属筐体なので質感も高いです。

スタンド機能付きカバー付属で接続もmini-HDMIとTYPE-C両方に対応しています。

PS4であれば、電源をPS4のUSBから取れるのでケーブルの取り回しもスッキリできます。

また、PCや対応したスマホなどとTYPE-C1本での接続にも対応しています。

はしかん

なんと言ってもデザインがめっちゃカッコイイ!
そしてなんと3年保証が標準でついてます!

Dragon Touch 15インチ モバイルディスプレイ S1 Lite

映像上下左右の視野角178度のIPSノングレア液晶パネル採用
サウンドステレオスピーカー搭載
デザインこちらも負けず劣らずベゼルレスで薄いデザイン
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-Cも2ポートでどちらも給電+映像入力可能

3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さスタンド機能付きカバー付属
重さ本体だけでわずか約670gとかなりの軽量ボディー

こちらは「Dragon Touch」の「S1 Lite」という機種になります。

このモデルも最近流行りのベゼルレスデザインを採用しており見た目はかなり薄くてカッコイイです。

PS4は付属のmini-HDMI – HDMIケーブルで問題なく接続可能です。

TYPE-Cポートも2ポート搭載しており、両方のポートで給電+映像入力が可能。

本体だけで焼く670gという軽さも魅力。薄型なので使わないときは本棚などに収められます。

はしかん

価格もリーズナブル!

PS4 Proにおすすめの4Kモバイルモニター

では続いてPS4 Proで使える4K対応モバイルディスプレイをご紹介します。

4KのモバイルモニターをAmazonで探していると商品名に「4K」と書いてあるにもかかわらず解像度が「3,200 x 1,800」となっているものが多数存在していますので、「3,840 x 2,160」のフルスペック4Kをお求めの方は間違えないようにご注意ください。

MISEDI 15.6インチ タッチパネルディスプレイ

映像解像度:3840×2160の4K IPS液晶パネル採用
HDR対応 sRGBカバー率94%の色域 4Kの美しい映像を楽しめる
さらにタッチパネル付き
サウンドステレオスピーカー搭載
デザイン最薄部で6mmという薄さを実現
アルミ合金ボディーが美しい
ロゴも変な装飾一切なくシンプルなデザイン
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-C(映像入力+電源供給) x2
micro USB OTGポート x1
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さスタンド一体型で角度も自由自在
重さ本体のみで1,009kgとちょっと重め

「MISEDI」の「MISEDI MI-613」は15.6インチでフルスペック4K表示可能なモバイルディスプレイです。

「この大きさで4Kってどんだけドット細かいねん!」とか、「この大きさで4Kって必要ないでしょ!?」と突っ込みたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、一度4K画質を見てからフルHD画質を見ると、やっぱり4Kは画質が違います。

はしかん

きめ細やかさが一目瞭然ですよ!

さらにタッチパネルまで搭載しており、PCやタブレットと接続して使う場合にも便利です。

入出力端子は TYPE-Cが2ポート、mini – HDMI、となっており、ゲームのみならず4K動画の視聴にももってこいの性能を持っています。

レビュー記事はこちらです。

Uperfect 4K 15.6インチ モバイルモニター

映像15.6インチ解像度:3840×2160の4K IPS光沢液晶パネル採用
サウンドステレオスピーカー搭載
デザイン最薄部薄さ5mm ベゼルも狭くシンプル
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-C(USB 3.1 Gen 2対応ポート) x2
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さスタンド機能付き保護カバー付属で持ち運びが楽
さらにTYPE-C(USB 3.1 Gen 2対応ポート)を2ポート搭載で
どちらに接続するか確認不要
重さ本体のみで852g

こちらは「Uperfect」の「UP-1510」というモデルで、シンプルなデザインと無駄のない接続ポート、そして美しい4K UHDの光沢液晶が特徴のモバイルディスプレイです。

薄型には珍しく、75mmのVESA規格にも対応しており、ディスプレイアームにも取り付け可能です。

はしかん

目立つロゴも入っていないので、スッキリとしたデザインがお好みの方におすすめ!

入出力ポートは、USB TYPE-Cポートを2ポートとmini-HDMIを1ポート搭載しています。

2ポートあるTYPE-Cは、片方がUSB 3.1 Gen 2対応ポートで一方は電源専用のPDポートのパターンが多い中、この「UP-1510」はなんと2つともUSB 3.1 Gen 2対応ポート!

HDMI接続の際に、PDで電源供給する際にどちらに接続してもOKなので、何も考えずに使えます。

IVV 13.3インチ 4K モバイルモニター

映像13.3インチながら4Kに対応 IPS光沢液晶パネル採用
サウンドステレオスピーカー搭載
デザイン最薄部薄さ5mm 本体中央にivvのロゴあり
拡張性mini-HDMI x1
TYPE-C(映像入力+給電) x2
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さスタンド機能付き保護カバー付属
4Kだけど薄型軽量で持ち運びラクラク
重さ本体のみで約600gと軽量

こちらは4K解像度ながら13.3インチのコンパクトさをほこる「IVV」の「133UC-B」です。

このサイズで75mmのVESA規格にも対応しており、拡張性にも優れています。

はしかん

これなら4Kでもラクラク持ち運びできそうです!

入出力ポートは、USB TYPE-Cポートを2ポートとmini-HDMIを1ポート搭載し、一般的な構成。

さらに値段がかなりリーズナブルで、Amazonだとクーポンを使うと2万円を切る場合もあります。

はしかん

4Kのモバイルモニターとしては今まで見た中で一番値段が安いモデルですね。

高リフレッシュレートのモバイルモニター

モバイルモニターにも高リフレッシュレートモデルが登場し初めています。

ゲーミングノートPCのサブモニターとして使えるモバイルモニターを探していた方におすすめのモデルです。

ROG Strix XG17AHPE 240Hzポータブルゲーミングモニター

映像17.3インチの大迫力とヌルヌルの240Hzでゲームが捗る!
サウンドフロントステレオスピーカーで素直な音質
デザイン背面の光るROGロゴがカッコいい!
拡張性Micro-HDMI x1
TYPE-C(映像入力) x1
TYPE-C(給電) x1
3.5mmイヤホンジャック x1
手軽さスタンド機能付き保護カバー付属
性能や付属品は申し分ないが、価格が高額
重さ17.3インチと大型なこともあり、本体のみで1,080gと重め

ASUSのゲーミングブランド「ROG」のポータブルゲーミングモニター『ROG Strix XG17AHPE』です。

17.3インチ240Hzの高フレッシュレート液晶パネルを採用し、TYPE-CとMicro HDMIの2種類の入力系統に対応したモデル。

性能や付属品は文句なしの一品ですが、お値段が高いのが難点。

ROGのゲーミングノートPCをお持ちの方に特におすすめしたいモデルです。

EVICIV EVC-1701 144Hzポータブルゲーミングモニター

映像最大144Hzのリフレッシュレートと17.3インチの大画面
サウンド両サイドにステレオスピーカー内蔵だが音質は普通
デザイン無難なデザイン 金属フレームで剛性感あり
拡張性標準-HDMI x1
MiniDP x1
TYPE-C(映像入力) x1
TYPE-C(給電) x1
3.5mmイヤホンジャック x1
OTGポート x1
手軽さスタンド機能付き保護カバー付属
拡張性抜群で価格も高リフレッシュレートモデルとしてはお手頃
重さ17.3インチと大型なこともあり、本体のみで1,100gと重め

EVICIVの17.3インチ高リフレッシュレートモバイルモニター『EVC-1701』です。

最大144Hzのリフレッシュレートでこちらもゲーミングノートのサブモニターとして最適な1台です。

色域もsRGBカバー率97%と高性能で、豊富な入出力系統をそなえ、価格も3万円台と高リフレッシュレートモバイルモニターとしてはお手頃なお値段。

はしかん

大きめのモバイルモニターをお探しの方にもおすすめ!

まとめ

本記事ではゲーム向けモバイルモニターに特化して、スイッチ、PS4、PS4Proのそれぞれにおすすめのモデルや、高リフレッシュレートモデルをご紹介しました。

モバイルディスプレイも4K化が進んだり、高リフレッシュレートモデルが発売されたりと、日々進化しています。

はしかん

その分、お手頃価格の製品も多く出回るようになってきて、とても身近になってきました!

数ある商品の中からどれがベストなのか選ぶのは大変ですが、この記事がお気に入りの一台を見つけるための参考になればうれしいです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

\ 眠っているゲーム機やソフトがモバイルモニターに変わるかも /

Amazonブラックフライデー開催中!

Amazonブラックフライデーは12/2[木]23時59分まで!
はしかん
今年のブラックフライデーはなんと7日間!その間毎日ビッグサプライズセール品が登場するため目が離せません!

狙った商品はほしい物リストに入れて絶対に見落とさないようにしたいところ!

はしかん
最大50,000ポイントが当たるスタンプラリーやポイントアップキャンペーンなど、知らないと損する内容が盛りだくさんです!

\ 最大8%ポイント還元 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • コメント失礼します!
    ps4用のモニター紹介で全てミニHDMIと書かれているのですが、ミニHDMI(タイプC)ってps4本体と繋がるのですか? HDMIのタイプAしか本体とは繋げられないと思うのですが

    • 甘露みかんさん、コメント頂きありがとうございます!
      PS4本体と接続可能です。
      miniHDMIはモバイルモニター本体側の端子で、PS4本体側は標準HDMIなのですが、付属しているケーブルがちゃんと片方がminiHDMIでもう片方が標準HDMIになっている変換ケーブルなので問題なく接続可能です。
      TYPE-CやTYPE-AというのはHDMIではなくてUSBポートになります。

      • なるほど! ご回答ありがとうございます
        因みに何ですけど紹介されているモニターの大体の応答速度って分かりますか?

        • 5msのものが多いです。おそらくモバイルモニターのほとんどがそうだと思います。
          僕もスイッチやPS4で使っていますが、どのモデルもプレイ中に遅延を感じたことは一度もないです。
          HDMI接続でもTYPE-C接続でも両方ともに遅延なしに快適にプレイできてます!

コメントする

タップできる目次
閉じる