【Geoyeao EVP-301 レビュー】付属品が充実しているのに格安の15.6インチ光沢液晶モバイルモニター 大音量スピーカー搭載

評価:4

メモ

本記事では15.6インチのFHD光沢液晶モバイルモニター『Geoyeaoゲオヤオ EVP-301』をレビューしています。付属品がとても充実しているにもかかわらず値段が非常に安く、内蔵スピーカーの音量が比較的大きめなのが特徴なモバイルディスプレイです。

モバイルモニターって場所を取らないし好きな場所に持ち運べるので非常に便利なんですよね。

とくに最近ではリモートワークで家にいる時間が長くなっていることもあり、自分の机やリビングなど、自宅の中でも好きな場所に移動してダブルモニターで仕事ができるので非常に重宝しています。

はしかん
スイッチとつないでゲームにも使えるので、家族にも非常に好評です。

そんな便利なモバイルモニターなんですが、一つだけデメリットがあります。

それは通常の据え置き型モニターと比較すると値段が高いということ。

据え置き型モニターだと23インチでも最安値で1万円前後で販売されていますが、モバイルモニターだと15インチクラスでも安くでも2万円弱はします。

しかし今回ご紹介する『Geoyeaoゲオヤオ EVP-301』は標準価格で1万6千円を切る価格で販売されている格安モバイルモニターです。

Geoyeao EVP-301をPCに接続した様子の画像

Geoyeao モバイルモニターの特徴

  • 15.6インチのFHDグレア(光沢)IPS液晶パネル採用モバイルディスプレイ
  • 値段が安いうえに頻繁に割引クーポンが発行されている
  • スピーカーがサイドについており、大音量にも対応している
  • 入力系統はmini-HDMIとTYPE-Cに対応
  • 付属品が充実している

ベゼルが比較的太いので、デザインにこだわる方やコンパクトさを求める方にはあまりおすすめできませんが、ひとまずモバイルモニターを使ってみたい方や、コスパの高いモバイルモニターをお探しの方にはピッタリの商品となっています。

今回はそんな『Geoyeaoゲオヤオ EVP-301』をレビューしていきます。

提供品

本記事はサンプル品をご提供頂き作成しています。

気になるところまで読み飛ばす

外観と付属品を見る

特徴を見る

タップできる目次

Geoyeao EVP-301 の概要

スペック

Geoyeaoゲオヤオ EVP-301』のスペックはこちら。

ディスプレイサイズ15.6インチ型ワイド
パネル種類IPS
表面仕様グレア(光沢)
解像度FHD (1,920 x 1,080)
リフレッシュレート(最大)60Hz
最大輝度300 cd/m²
コントラスト比1000:1
応答速度5ms
映像入力USB Type-C、mini HDMI
その他ポート電源用TYPE-Cポート、3.5mmイヤホンジャック、OTGポート
スピーカー1W x 2
本体サイズ(スタンドあり)高さ:238mm
幅:378mm
厚み:10.3mm
本体重量833g(本体のみ):1247g(カバー込み)

モバイルディスプレイとしてはごくごく一般的な仕様です。

選ぶ基準として、

  • 15.6インチFHD画質であること
  • 光沢液晶であること
  • 映像入力がTYPE-Cとmini HDMIが使えること
  • スピーカーを搭載していること
  • なにより、安いこと

これに合致する場合は、購入する候補として挙げてよい製品です。

はしかん
HDMIとTYPE-Cに対応しているのでPCやスイッチ、PlayStationなどのゲーム機にも接続でき、オールマイティーに使えます。

外観と付属品

Geoyeao EVP-301の外箱の画像

中身をチェックしていきます。

内容物一覧はこちら。

  • 「EVC-301」本体
  • カバースタンド
  • TYPE-C – TYPE-C ケーブル 1本
  • TYPE-A – TYPE-Cケーブル 1本
  • mini HDMI – HDMI ケーブル 1本
  • OTG 変換アダプタ 1本
  • 電源アダプタ
  • マニュアル
  • 保証書
Geoyeao EVP-301の内容物一覧の画像
はしかん
とても充実した付属品で、電源アダプタとOTGアダプタも付いているので追加で買わないといけないモノは一つもないですね。

マニュアルは一応日本語対応です。

Geoyeao EVP-301の説明書は日本語対応

スタンド機能付きカバーが最初から装着されています。

Geoyeao EVP-301のカバー装着状態の全体像

カバーを開くと本体が現れます。

Geoyeao EVP-301のカバーを開いた状態の画像

カバーには3本の溝があります。

Geoyeao EVP-301のカバーの3段階の溝の画像

溝に合わせてディスプレイの角度を3段階まで調整可能です。一番立てた状態がこれ。

Geoyeao EVP-301の角度1段階目の画像

2段階目。

Geoyeao EVP-301の角度2段階目の画像

こちらが一番寝かせた状態の3段階目。

Geoyeao EVP-301の角度3段階目の画像

カバーを外して本体だけにするとこのようになります。

液晶パネルは光沢のあるグレアタイプです。

Geoyeao EVP-301のカバーを外した状態の画像

背面はヘアラインが入ったブラック仕上げ。75mmのVESAマウントに対応しています。

Geoyeao EVP-301の背面の画像

細いペンをスタンドとして使うことができる穴も開いています。

裏面の金属パネルのエッジ部分はきれいに面取り処理されていて美しい仕上がり。

Geoyeao EVP-301のペンスタンドホール部分の拡大画像

パネル面には初めから液晶保護フィルムが貼られているので、傷に気を遣う方はこのまま使えるのも良いですね。

もちろん剥がして使うのもOK。

Geoyeao EVP-301の正面側のペンスタンドホール部分

メニューボタンはディスプレイ正面の左下に搭載されています。操作性は悪くないです。

Geoyeao EVP-301のメニューボタン部分の拡大画像

本体右側面にはスピーカー穴のみ。

Geoyeao EVP-301の右側面部分の画像

このスピーカーはモバイルディスプレイの中では比較的大きな音が出ます。

Geoyeao EVP-301の右側面のスピーカー部分の拡大画像

左側面に入力端子が集まっています。

Geoyeao EVP-301の左側面にある接続ポート部分の拡大画像

裏面に入力端子の説明書き。

Geoyeao EVP-301の接続ポート説明書き

左スピーカー。よくある裏側にスピーカーが搭載されている形式ではなく側面スピーカーなので、音の広がりを感じやすい設計です。

Geoyeao EVP-301の左スピーカー部分の拡大画像

光沢パネルなので、美しい映像を楽しめますが反射しやすいです。

スタンドは折りたためるタイプではないので、十分な設置面積が必要です。

Geoyeao EVP-301は光沢液晶なので映り込みがある画像

背面から見るとこのようになります。

Geoyeao EVP-301を立てて背面から見た状態の画像

カバーはねじで固定するタイプ。

持ち運ぶ際にこのでっぱりが気になる方は注意が必要です。

Geoyeao EVP-301のスタンドカバーを固定するためのねじ

価格から考えるとかなり頑張った品質です。

Geoyeao EVP-301を立てて斜め後ろから接続ポート部分を見た状態の画像

大きさと重さ

Geoyeao EVP-301の厚みを計測している画像

本体の厚みは約1cm。

重さはカバー込みで約1.2kg。

Geoyeao EVP-301の重さを計測している画像

本体のみだと833gでした。

Geoyeao EVP-301のカバーを外して重さを計測している画像

Geoyeao EVP-301 の特徴

色域は一般レベル 仕事もゲームも普通にこなせる

ディスプレイの色域を計測してみた結果、sRGBカバー率は66%でした。

写真現像や映像クリエイターの方など、色に関してシビアな環境では厳しいかもしれませんが、標準的な性能を持っているといえます。

Geoyeao EVP-301の色域を測定した結果の画像

ゲームの色合いも特に違和感を感じることはなく普通にプレイ可能です。

Geoyeao EVP-301でゲームをプレイしている様子の画像

付属品が充実している

主にケーブル類なんですが、使うのに必要なものは最初から全て入っています。

Geoyeao EVP-301の付属品の画像

一般的なモバイルモニターと比べて、電源アダプターとOTGアダプタが追加で入っているので、箱を開けたらすぐに様々な機器と接続して使うことができます。

電源アダプタは5V-4Aで最大20Wの出力。反対側はTYPE-Cになっています。

Geoyeao EVP-301に付属しているACアダプタの画像

付属の電源アダプターとTYPE-Cケーブルですぐにスイッチとも接続して遊ぶことができます。

Geoyeao EVP-301に付属しているACアダプタを使ってスイッチを動かしている画像

こちらがOTGアダプタ。これを使えばディスプレイにマウスやキーボードを接続できます。

Geoyeao EVP-301に付属しているOTGアダプタの画像

大音量を出せる

Geoyeao EVP-301のスピーカー部分の拡大画像

スピーカーのドライバー径が大きいのか、他のモバイルディスプレイと比較するとかなり大きな音量を出せます。

ただし、最大音量まで上げると音が割れやすいので、10段階中7くらいまでで抑えて使うのがおすすめです。

なんといっても安い!

標準価格が1万6千円を切っており、さらに割引クーポンが使えるタイミングであれば、もっと安く購入することが可能です。

はしかん
モバイルモニターの平均価格はひと昔前は2万円前後だったので、価格競争も激しくなってきていますね。

デメリット

ベゼルが太め

Geoyeao EVP-301の外観全体像

これは慣れてしまうと気にならないかもしれませんが、ディスプレイの淵の部分であるいわゆる「ベゼル」が若干太めです。

今時の「ベゼルレス」と比較するとちょっと古めかしい印象。

ベゼルが太いと物理的にサイズが大きくなってしまうというデメリットもあるので、コンパクトさを求める方には向いていないかもしれません。

Geoyeao EVP-301 のレビューまとめ

Geoyeao EVP-301とPCを接続している様子の画像

本記事では『Geoyeaoゲオヤオ EVP-301』をレビューしました。

Geoyeaoゲオヤオ EVP-301』は15.6インチIPS液晶パネル(グレア)を採用し、値段を抑えつつ付属品を充実させた激安モバイルモニターです。

入力系統もTYPE-Cとmini HDMIを備えているためPCやゲーム機など、様々な機器での使用が可能なうえ、内蔵スピーカーだけで大きな音量が出せるので動画視聴にも十分使える一品に仕上がっています。

はしかん
なんといってもその安さには驚かされました。

よかったポイント

  • なんといっても安い!
  • 付属品が非常に充実していて箱を開けたらすぐに使える
  • 大音量を出せるスピーカー

ちょっと気になった点

  • ベゼルが太い

こんな方におすすめ

  • とにかく安いモバイルディスプレイを探している
  • 大音量が出せるモニターが良い
  • 追加で電源アダプタなどの付属品を買わなくてもよいものをお探しの方
  • ディスプレイそのもののデザインにはあまりこだわらない方
はしかん
モバイルモニターにあまりお金をかけたくない方や、仕事用として会社に置きっぱなしにしてもよい商品をお探しの方などにはこのお手頃感が非常に魅力的な一品です。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる