【Anker PowerCore 10000 PD Redux レビュー】スイッチにも充電可能な10,000mAhコンパクトモバイルバッテリー

本記事では、Ankerのモバイルバッテリー『Anker PowerCore 10000 PD Redux』をレビューしています。常に持ち歩けるコンパクトさと、10,000mAhの容量で実用性も十分な製品です。最近主流になりつつあるUSB TYPE-C PDにも対応し、ノートPCにも充電できてしまいます。

スマホを充電し忘れた経験って誰しもあると思うんですが、そんな時に持っておくと役立つのがモバイルバッテリーです。

いつ充電し忘れるかわからないのでできれば常備しておきたいところですが、重くてかさばるモバイルバッテリーはできれば持ち歩きたくないですよね。

今回ご紹介する『Anker PowerCore 10000 PD Redux』は、カバンの中に常備していても気にならないほどのコンパクトさと、実用性の高い10,000mAhの容量を持つPD対応小型モバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux の外観画像
はしかん
Nintendo Switchにも充電できるので、親子で仲良く使っています!

そんなわけで本記事では『Anker PowerCore 10000 PD Redux』について書いていきます。

気になるところまで読み飛ばす

スペックと外観を見る

主な特徴を見る

タップできる目次

Anker PowerCore 10000 PD Redux の概要

Anker PowerCore 10000 PD Redux』は軽量コンパクトでありながら10,000mAhの容量をもっており、USB Type-C PDに対応したモバイルバッテリーです。

はしかん
カバンに入れっぱなしでも気にならないコンパクトさなので、普段使いのモバイルバッテリーとしても非常におすすめ!

スペック

バッテリー容量10,000mAh
大きさ約106 x 52 x 25 mm
重さ約192g
PD入力5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
PD出力5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
PowerIQ 出力5V=2.4A 合計最大出力:18W
対応機種– iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus
– iPad Pro(2018, 11インチ)
– Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9+
– Google Pixel 3 / 3 XL
– Nexus 6P 他
製品型番A1239
付属品Anker PowerCore 10000 PD Redux本体
TYPE-C to TYPE-C 充電ケーブル
トラベルポーチ
ユーザーマニュアル
保証期間18ヶ月
発売日2019/05/09

10,000mAhという容量ですが、バッテリー容量が1,821mAhのiPhone8なら、理論的には4回ほど充電できるくらいの容量です。

実際には3回程度かなと思いますが、このサイズのモバイルバッテリーでiPhoneを3回充電できれば十分すぎるほどの容量ですね。

外観

それでは外観をチェックしていきましょう。

外箱はホワイトと鮮やかなブルーを基調としたシンプルなパッケージです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux の外箱の画像

いざ、開封~!

おおお!めっちゃ小さい!

Anker PowerCore 10000 PD Redux を手で持った状態の画像

内容物一式です。

  • Anker PowerCore 10000 PD Redux本体
  • TYPE-C to TYPE-C 充電ケーブル
  • トラベルポーチ
  • ユーザーマニュアル
Anker PowerCore 10000 PD Redux の付属品一覧

バッテリー本体は角が丸くなっていて非常にコンパクトです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 外観画像

+IQ対応のUSB TYPE-Aポートが1つと、PD対応のTYPE-Cポートが1つあります。

バッテリー本体への充電と、TYPE-C機器への充電はこのTYPE-Cポートを共通で使います。

Anker PowerCore 10000 PD Redux のポート部分の拡大画像

ニンテンドースイッチ純正のACアダプタを使って充電可能です。

Anker PowerCore 10000 PD Redux をニンテンドースイッチの純正充電器で充電している様子
はしかん
スイッチ用のモバイルバッテリーとして使おうと思っている方には嬉しいポイントですね!

バッテリー残量を示すLEDは青色で4段階で表示されます。

Anker PowerCore 10000 PD Redux のバッテリー残量は4段階のLEDで表示される

TYPE-Cケーブルが付属しているので、TYPE-Cポート搭載のニンテンドースイッチやスマホにはすぐに充電できます。

Anker PowerCore 10000 PD に付属しているTYPE-Cケーブルの画像

大きさと重さ

大きさは、幅106mm x 奥行52mm x 厚み25 mmと非常にコンパクト。

重さは実測値で約193g

Anker PowerCore 10000 PD の重さを継続している画像

続いて大きさ比較。

まずはスマホとの比較です。

iPhone11 Pro Maxと比較するとこんなにコンパクト。

Anker PowerCore 10000 PD とiPhone 11 Pro Max を並べて大きさを比較している画像

続いてニンテンドースイッチと一緒に、スイッチ対応モバイルバッテリーとして任天堂公式ライセンスを取得している『Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition』の大きさを比較しました。

右が『Anker PowerCore 10000 PD Redux』、左が『Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition』です。

Anker PowerCore 10000 PD と Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition と ニンテンドースイッチ を並べて大きさを比較している画像

Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition』は少しお値段が高めなんですが、その分任天堂公式ライセンスを取得していますし、質感もかなり高いです。

キャリングポーチも同メーカーのものと比較するとかなり高級感のあるものになっています。

レビュー記事はこちら

Anker PowerCore 10000 PD Redux』の小ささがよくわかります。

Anker PowerCore 10000 PD と Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition のポート部分の拡大画像

ケースに収めるとこの様になります。

こうして並べてみると、『Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition』でも持ち運びに困ることはなさそう。

Anker PowerCore 10000 PD と Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition をキャリングポーチに入れてスイッチと並べた画像
はしかん
モバイルバッテリーの最重要項目といっても過言ではない「携帯性」は文句なしに100点ですね!

特徴

ニンテンドースイッチに遊びながら充電できる

ニンテンドースイッチに『Anker PowerCore 10000 PD Redux』を接続し、遊びながら充電できるか確認してみました。

するとニンテンドースイッチ本体のバッテリー残量は減ることなくきちんと充電できました。

Anker PowerCore 10000 PD でスイッチに充電している状態の画像

バッテリー残量が12%の状態から42%まで充電できた時点で『Anker PowerCore 10000 PD Redux』のLEDインジケーターは残り2個でした。

Anker PowerCore 10000 PD で充電できているニンテンドースイッチの画像
はしかん
プレイしながら充電しているので充電スピードは遅いですが、プレイを止めなくてもよいのは嬉しいです!

USB PD(Power Delivery)対応でPCにも充電可能

あと注目すべきはUSB PD(Power Delivery)対応であることです。

USB PD(Power Delivery)の詳細についてはAnkerさんのこちらのページに詳しく解説があります。

こちらはPD対応ノートPC「HUAWEI Matebook X Pro」に『Anker PowerCore 10000 PD Redux』を接続して充電している様子です。

ノートPC側の白いLEDが点灯しているのがおわかりいただけるでしょうか。

Anker PowerCore 10000 PD でPD対応のノートPCに充電している画像

試しにPCを使用しながら充電してみたところ、PCのバッテリー残量が88%から92%になるのに25分程度かかったので、充電スピードとしてはかなり遅いですがちゃんと充電されます。

はしかん
このコンパクトさでノートPCに充電できちゃうこと自体がすごいんですが、さらにPCを使いながら充電できちゃうのがすごい!

まさにオールマイティーに使用できるモバイルバッテリーです!

低電流モード(トリクルモード)搭載

もう一つの特徴が「低電流モード(トリクルモード)」。

Bluetoothイヤホンやウェアラブルデバイスなどの小型の機器に対して、電流を抑え適切な電流で充電できるモードです。

Anker PowerCore 10000 PD をトリクルモードにしている画像

ボタンを2回連続でポチポチと押すと、左側のLEDが緑色になります。この状態で充電すると低電流で充電することができます。

もう一度ボタンを1回押すと定電流モードが解除されて普通のモードに戻ります。

はしかん
ノートPCのような大型デバイスから、ワイヤレスイヤホンのような超小型デバイスまで本当にオールマイティーに使えますね!

まとめ

Anker PowerCore 10000 PD でスイッチに充電している画像

本記事では、Ankerのモバイルバッテリー『Anker PowerCore 10000 PD Redux』をレビューしました。

10,000mAhという高容量とコンパクトさを兼ね合わせた実用性と、PC対応のTYPE-CポートとTYPE-Aポートでスマホ、スイッチ、PCと様々なデバイスに充電できるモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxはこんな方におすすめ

Anker PowerCore 10000 PD Reduxはこんな方におすすめ

  • ニンテンドースイッチの予備バッテリーをお探しの方
  • 常にカバンに常備できるモバイルバッテリーをお探しの方
  • ワイヤレスイヤホンからノートPCまで、オールマイティーに使えるモバイルバッテリーをお探しの方

また、『Anker PowerCore 10000 PD Redux』自体に充電するための充電器は付属していないので、別途充電器やケーブルをお探しの方にはこちらがおすすめです。

はしかん
スイッチをお持ちの方であれば、スイッチ純正充電器で充電可能!

ちなみにニンテンドー純正のACアダプターはこちらです。

はしかん
ニンテンドースイッチの電源周りが一段と充実すること間違いなしです!

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる