【走るぞ!】走歴9年の市民ランナーがランニング初心者におすすめのグッズをご紹介!

こんにちは。ハーフマラソン自己ベスト1時間31分のはしかん(@hashikan3)と申します。

ずっと家にこもっていると、健康のためにランニングでも初めてみようかな?なんて考えてしまいますよね。

全く運動をしたことがない方でもちょっとしたジョギングなら手軽に始められますし、あまりコストを掛けずに楽しみながら運動不足を解消できるのもポイントです。

でも、ランニングを始ようと思った時にこんな疑問が湧くのではないでしょうか。

  • どんな格好で走ればいいんだろ?
  • スマホとか家の鍵とかペットボトルとか持ったまま走ってるの?
  • 日焼け対策どうしたらいいんだろ?
  • 夜走りたいけどライトとかどれがいいんだろ?

そこで本記事では、「これからランニングを始めてみたい!」とお考えのランニング初心者の方向けにおすすめのグッズをご紹介いたします!

タップできる目次

ランニングを始めると、どうなるのか?

はしかん

ランニングを始めるとあなたにこんな変化が起こります。

体の変化
  • 代謝が良くなって、体が引き締まる
  • 階段がすいすい登れるようになる
  • 少し日に焼けて、健康的になる
心の変化
  • ランニングが内省する良い時間となり、新たな活力に繋がる
  • ポジティブになる
  • 自信が持てるようになる
  • 根性が付く
環境の変化
  • ランニングを通じて仲間ができる
  • やたらと近所のランニングコースに詳しくなる
  • 通勤手段がランニングになったりする
はしかん

これはほんの一部ですが、はっきり言って良いことずくめですね。

少しでもランニングを初めてみたいとお考えの方は是非一歩を踏み出して始めてみてください!

ランニングの目的

ランニングの目的は人それぞれ様々ですよね。

例えば、

  • ダイエット
  • 健康維持
  • 節約
  • 自己ベスト更新
  • 走るのが好き

などなど。

ちなみに、僕がランニングを始めたきっかけは、「マラソン大会で後輩の女性社員に負けたのが悔しかったから」です(笑)

その時参加した10キロマラソンで、ゼーゼーいいながら必死に走っている僕とは対照的に、「はしかんさん、ファイトー!」と爽やかに声をかけながら圧倒的スピードで私を置き去りにしていった女性社員のあまりにも眩しすぎる姿は、今でも脳裏に鮮明に焼き付いています。

はしかん

さわやかすぎでした・・・。

でもおかげでランニングの楽しさを知ることができましたし、ランニングから派生して、トレイルランニングや、トライアスロンまで経験することができ今となってはあの時私を負かしてくれた同僚にはとても感謝しています。

ちなみに翌年の10キロマラソンでは、きちんと練習して勝つことができました!

ランニングするのに絶対必要なアイテム

それではまず、ランニングの必需品や、あると便利なグッズをご紹介していきます。

はしかん

私が長年ランニングをしてきた中で、これは良い!と思ったオススメアイテムも織り交ぜてご紹介します!

まずはシューズとウェアを揃えよう!

ランニングするのに最低限必要なアイテムはシューズウェアの2つです。

ランニングシューズ

1つ目は「ランニングシューズ」。

初めてランニングをされる初心者の方は、できるだけクッション性の高いものを選ばれると良いと思います。理由は、全く運動をしていない人が急激にランニングを始めると、着地のときの衝撃で、膝や腰や足や内蔵を痛める可能性が高いからです。

僕も全く運動をしてこなかった体で急にたくさんの距離を走り始めた結果、こうなりました。

  • ランニング後に血尿が出るようになった…
  • 足の爪の内側に血豆ができて、爪が剥がれた
はしかん

特に血尿はかなりビックリして、2回病院に行ったほど…

血尿の原因は、ランニング中の着地の衝撃で腎臓が激しく揺れたこと。そのせいで尿に血が混じるというものでした。

ランニングに慣れてきたころにピタッとなくなったので、内臓を支える腹筋や背筋、体幹ができてきて、内臓が揺れなくなったんだと思います。それほどまでに運動していない体というものはモロイんですよね。自分の体への過信は禁物です。

血豆も結構驚きました。

走り終わって靴下を脱いだら、左足の薬指の爪が真っ黒になっていて、数日間放っておいたら、爪がポロリと取れてしまいました(笑) 爪下血腫(そうかけっしゅ)と言う症状です…。

このように、最初のうちは体へのダメージを最小限にするためにソールが柔らかいものを選び、慣れてきたら徐々に軽量でソールが薄い物に変えていくことをおすすめします。

はしかん

本当に無理は禁物ですよ汗

走るのが楽しくなってくると、マラソン大会にエントリーしたくなりはじめます。このくらいになってきたら、練習用と本番用でシューズを使い分けるようにすると高記録が狙いやすくなります。

はしかん

ここまでくればあなたも立派な市民ランナーです!

ウェア

2つ目は「ウェア」です。

夏場は上はTシャツに下はジャージのパンツでOK。冬場はウィンドブレーカー上下があればまずは十分です。

注意が必要なのは、生地の素材。

綿だと汗を吸うけど乾きにくく運動後に風邪をひいてしまう恐れがあるため、乾きやすいポリエステル100%のウェアを選びましょう。

とりあえずシューズとウェア、この2つがあればランニングを始められます!

はしかん

すごくお手軽!

なくてもランニングできるけど、あったら便利なアイテム

次に、なくても走れるけど、あると便利なアイテムを紹介していきます。

はしかん

ランニングにハマると、徐々にいろいろ揃えたくなってくるんですよね・・。

ウェア関連アイテム

ウェアがパリッと決まると走るのが楽しいですし、体をサポートしてくれる機能によってパフォーマンスも高まります。

コンプレッションタイツ

ジャージから一段階レベルアップということで、欲しくなるのがタイツです。

タイツをはくと足が綺麗に見えますし、その上にハーフパンツやショートパンツをはくとジャージに比べて見た目がグレードアップし、ランナー度が一気にアップします!

さらにタイツの適度な締め付けが足の血行を良くしたり、テーピング効果で膝を守ってくれたり、冬場は保温機能もあるので一つ持っておくとかなり重宝します。

有名どころだと、ワコールのCW-XSKINSが有名です。

アームカバー

腕に付けるカバーで、保温や日焼け防止のために便利なアイテムです。

  • Tシャツだとちょっと肌寒いけど、ジャージを着るまでもない時
  • 日焼けを防止したいとき

冬場のマラソンで体温調整するのにも非常に役立つので、これも1つあると便利です。

手袋 グローブ

グローブと耳を覆えるキャップは冬場のランニングには必須と言ってよいでしょう。

はしかん

素手で走ると手が冷たすぎて楽しさ半減です…。

できるだけ薄手のグローブがスタイリッシュに見えておすすめ!

あと、手袋をしたままスマホ操作ができるタッチパネル対応グローブだとなお良しです!

カーフタイツ

ふくらはぎのサポーターで、「ゲイター」と呼んだりもします。

こちらも「コンプレッションタイツ」と同様に、脹脛を適度に締め付け、血流を促すことで長時間走る際にも筋肉疲労を抑える効果があります。

これをつけると一気にトレイルランナーっぽくなります

ソックス

普通のソックスでも走れますが、ランニング用のソックスだと履くだけでテーピング効果が得られるものや、足裏を保護するために母指球付近が厚めに作ってあるものなど、様々な効果がありますので、色々試してみるのも楽しいです。

サングラス

サングラスももはやランニングには必須アイテムと言っても過言ではありませんね。

UVや風や、突撃してくる虫から目を守ります。

サンバイザー キャップ ニット帽

天気のいい日に走る際は、キャップやサンバイザーも必需品です。日射病を予防したり、目もスポーティーになります。

サンバイザーはトレイルランナーやトライアスリートが良く好んで付けています。マラソンランナーはキャップが多い印象。またキャップの後ろに首の日焼けを防ぐネックガードが付いたモデルは、長距離ランナーに人気です。

冬場は耳まで覆えるニット帽をオススメします。耳が凍りつきますからね・・。

ウェストポーチ

ちょとした荷物を入れるのに便利なウェストポーチですが、ひと昔前の一般的なウェストポートだとデカくて邪魔ですよね。

最近流行っているのが、「FlipBelt」という、一見太目のベルトのような小物入れです。

私も一つ持っていますが、これは中に収納する小物を腰にピッタリと巻き付けて固定できるので、走っても中の荷物が揺ずに邪魔になりません。

マラソン大会だとどうしても車のカギや補給食など、小物を持って走らなければならないシーンがあるので、一つ持っておいて損はないアイテムです。

キャタピラン

地味に手間なのがくつひもを結ぶ作業。

毎回ランニングに行くたびに結び直すのも面倒ですし、普通の靴紐だと大会のときにほどけてしまうリスクもあります。

そんなのときに超絶便利なのがこの「キャタピラン」です。

これに変えてからほぼ靴ひもを結ぶことがなくなったので、かなりのお気に入りアイテムになっています。

ガジェット関連アイテム

ランニングを楽しむ上で必須とも言えるGPSランニングウォッチ等のガジェット関連アイテムをご紹介します。

GPSランニングウォッチ

ランニング系ガジェットと言えば、やはりまずはこれでしょう!GPSランニングウォッチです。

ランニング中の距離やスピードを計測したり、自分の走ったコースを記録したり、ランニングを数値化して記録することでランニングを見える化し、トレーニングに活用可能。

最近のモデルは、光学式心拍計や、スイム計測機能が標準搭載されているモデルが多くなってきています。

さらに、スマートウォッチとしての機能も充実してきていて、スマホと連携して通知を受けたり、ウォッチ内に音楽データを記録しBluetoothイヤホンで再生できるモデルもあります。

はしかん

Apple Watchでも計測できます!

はしかん

これを使えば、いちいちスマホをもって走らなくても音楽を聴きながらランニングが楽しめます!

小型ミュージックプレーヤー

ランニングを楽しく演出したり、ゆっくりリラックスしてジョギングしたいときには気分を盛り上げてくれるBGMは必須ですよね。

スマホでももちろんBGMを流せますが、やはり「スマホを持って走るのは邪魔!」というランナーの方は少なくないです。

そんなときに重宝するのが、小型ミュージックプレーヤーです。

イチオシはこちら!

これ単体で音楽を聴けますし、スマホとBluetoothで接続してスマホからストリーミングすることも可能です。走っても外れる心配はないですし、完全防水です。さらに外音を取り込む機能があるので安全面にも考慮されていて、正にランナーのためのウォークマンと言っても過言ではありません。

骨伝導ワイヤレスイヤホン

一般的なワイヤレスイヤホンは耳を塞ぐ形式でのものが多いですが、ランニングにこそ使ってもらいたいのが骨伝導ワイヤレスイヤホンです。

これはまさにランニングのために生まれたガジェットなのではないかと思うくらいずっと使っています。

骨伝導イヤホンは耳を塞がないので後ろから近づいてくる車や自転車に気づきやすくなって安全性が格段に向上します。

また、「Apple AirPods Pro」も軽いうえ外音取り込み機能もあって安全性も高いのでおすすめです。

夜間走る場合に必要なアイテム

ナイトランの際は足元を明るく照らすライト関連アイテムが必須ですのでご紹介します。

ヘッドランプ

夜間、街頭がない道を走ったことありますか?

はしかん

めちゃくちゃ真っ暗で走れたもんじゃありません!

僕も過去に、暗くなってから帰宅ランニングしている最中に、自転車がすごい勢いで突っ込んできて、かなり危ない目にあったことがありました。それからというもの、ヘッドライトと腕に付けるLEDライトは必ず付けて走るようになりました。

はしかん

自己存在アピール大事です!

オススメのヘッドライトがこちら。

現行モデルの明るさが350ルーメンで正直、めっちゃ明るいです。

はしかん

夜、街灯が全くない場所でも余裕で全力疾走できるほど!

LEDライト

僕は上のヘッドライトと組み合わせて、腕にもLEDライトを着けて走っています。真夜中の暗い場所でも「自分はここにいるよ!」と周りに周知することができるのでより安全性が高まります。

通勤ランニングする場合に必要なアイテム

通勤時間をランニング時間にすれば、効率良く運動する時間が確保できますし、交通費の節約にもなって一石二鳥です!

バックパック

仕事着や荷物等を入れ、背負って走ります。

できる限りコンパクトな物の方が走りに影響が出ませんので、極力荷物を減らして軽くする工夫が必要です。

レインコート

突然天気が崩れて、雨に見舞われるケースもあります。

なので、100円ショップで売っているレインコートは一つバックパックに入れておくととても重宝しますよ。

まとめ

本記事では筆者が今まで使ってきた数々のアイテムの中から、ランニング初心者におすすめのグッズをご紹介しました!

はしかん

適度なランニングは、手軽に始められて健康にも良い素晴らしい趣味です!

コストもほとんど掛けることなく始めることができます。

最初のうちは必要最低限のものから揃えて行き、ご自身の成長と共に少しずつステップアップされることをおすすめします。

はしかん

きっとランニングがさらに楽しくなること間違いなしです!

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

忘れていませんか?

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!
チャージ金額に応じてポイントアップ!

\ 知らないと損! /

プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる