【COROS PACE 2 レビュー】29g! 軽さと驚異的なバッテリー持続時間が魅力のGPSランニングウォッチ

評価:4.5

本記事では『COROS PACE2』をレビューしています。29グラムという軽さと、通常使用で20日間、GPSモードで30時間も持つという驚異的なバッテリー持続時間を実現した、アスリート向けGPSランニングウォッチです。

はしかん

こんにちは。ガジェットとランニングが大好きなはしかんです。

今回ご紹介する『COROSカロス PACE 2』は、ランニング、トレイルランニング、ウルトラマラソン、トライアスロン、ロードバイクなど、あらゆるアクティビティーに対応可能な、スマートGPSランニングウォッチです。

日本では、ガーミン、スント、ポラール、エプソンあたりがメジャーなメーカーですが、この度新しく『COROSカロス PACE 2』がクラウドファンディング「Makuake」にて日本進出しプロジェクトは大成功をおさめています。

運良くお声がけいただき先行してレビューさせていただいたのですが、「軽さ」「バッテリー持続時間」の2点において、『COROSカロス PACE 2』が僕史上最高GPSランニングウォッチとなるなんて夢にも思いませんでした。

COROS PACE2を腕に装着した状態の画像
はしかん

思わず付けていることを忘れるほどの軽さです!

液晶表示を常時表示している状態で毎日24時間腕につけっぱなしにしておいても、実測値で10日を余裕で超えるバッテリー持続時間を実現している製品です。

はしかん

1日中装着していた翌日にバッテリー残量を見たときに7%しか減ってなくて3度見したほど。

COROS PACE 2の主な特徴

  • 付けていることを忘れるほどの軽さ
  • 普段使いで余裕で10日以上持つバッテリー持続時間
  • ラン、バイク、スイム、トライアスロン、フィットネスなど、多彩なモードを搭載
  • タッチパネルじゃないけど操作性が抜群
  • 歩数、心拍、消費カロリー、睡眠の質以外にも、高度、気圧、気温、日の出日の入り時刻までわかる高機能っぷり
  • スマホの通知を受け取れ、スマートウォッチとしても使える
はしかん

これだけの性能を詰め込んだGPSランニングウォッチなのに、価格も非常にリーズナブルなんです!

それでは写真多めでじっくりレビューしていきます!

COROSカロス PACE 2』は現在Amazon楽天で購入可能。

はしかん

2021年7月現在は楽天が安くておすすめです!

気になるところまで読み飛ばす

提供品

本記事はメーカーのCOROS様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

タップできる目次

COROS PACE 2 の概要

COROSとは

COROSは「COROS Wearables, Inc.」という会社名でアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近くに本社を構えるGPSウォッチスマートサイクリングヘルメットを開発製造、販売しているメーカーです。

2016年に『LINXスマートサイクリングヘルメット』をリリースし、2018年5月に同社初のGPSランニングウォッチ『PACE』を発売します。

欧米のトップアスリートにも支持されており、今まではアメリカやカナダ・イギリスでのみ展開されていましたが、この度クラウドファンディング「Makuake」でついに日本進出するに至りました。

スペック

型番PACE2
ディスプレイサイズ1.2インチ 240 x 240(64色表示)
ディスプレイAlways-On Memory LCD
スクリーン素材Corning® Glass
ベゼル素材繊維強化ポリマー
カバー素材繊維強化ポリマー
ストラップ素材シリコーン/ナイロン
クイックリリースバンドサイズ20mm
大きさ42 × 42 × 11.7mm
重さ29g
通信規格Bluetooth、ANT+
GPSGPS, GLONASS, Beidou(アップデートでガリレオにも対応予定)
センサー光学心拍計
気圧高度計
加速度軽
コンパス
ジャイロ
温度計
防水性能5ATM(水深50mの深さでもOK)
動作温度-20℃~60℃
保管環境温度-20℃~65℃
充電時間2時間未満
バッテリー持続時間通常利用:20日間
GPS通常モード:30時間
ウルトラMaxモード:60時間
ワークアウトランニング、トレッドミル、トラックラン、バイク、インドアバイク、プールスイム、オープンウォーター、トライアスロン、ジムカーディオ、GPSカーディオ、筋力トレーニング

※1 5ATM は、水深50mに相当する圧力に対応し、水しぶき、雨または雪、シャワー、スイミング、水中への飛び込み、シュノーケリングで使用可能です。

前作の『PACE』と比較すると、プロセッサは1.5倍、RAMは5倍、ストレージは4倍にもパワーアップしているとのこと!

はしかん

どおりで動作もサクサク動くはずです・・。

外観と付属品

それでは『COROSカロス PACE 2』の外観をチェックしていきましょう。

COROS PACE2の外箱の画像

外箱は2重になっていて、パッケージにもこだわりを感じます。

COROS PACE2の内箱の画像
はしかん

ちなみに「COROS」は「カロス」と読みます。

ご対面!

おお~。しっかりとした梱包で安心感を感じます。

COROS PACE2を開封した直後の画像

箱から取り出して一番最初に感じたのは「軽さ」です。

COROS PACE2の全体画像
はしかん

これはめっちゃ軽い!

こちらはバンドがナイロン製のものですが、簡単に交換できるようになっているため、消耗したり、あとからシリコンバンドに変えたくなったときも安心です。

COROS PACE2の内側の画像

ウォッチフェイスは大きすぎず小さすぎず、丁度良い大きさ。

COROS PACE2のフェイス部分の拡大画像
はしかん

これなら女性の細い腕でも問題なさそう。カラバリはホワイトもあります。

背面には光学式心拍計のセンサーと充電用のコネクターがあります。

COROS PACE2の内側部分の拡大画像

右側側面にボタンが2つ付いており、一つはダイヤル機能も兼ねています。

COROS PACE2のボタン部分の拡大画像

交換式のナイロンバンド。

工具不要で交換できる親切設計です。

COROS PACE2のバンド取り付け部分の拡大画像

バンドの固定は目の細かいマジックテープでおこないます。

脱着も簡単で、2週間毎日脱着しても今の所とくにゴワついたりすることはありません。

COROS PACE2のバンドのマジックテープ部分の拡大画像

ナイロンバンドが軽さに一役買っています。

COROS PACE2のバンドの全体画像

内容物はこちら。

 内容物一覧
  • COROS PACE 2 ウォッチ本体
  • 充電 ケーブル
  • 充電端子保護カバー
  • 取り扱い説明書
  • クイックスタートガイド
  • 保証書
  • ステッカー
COROS PACE2の付属品一覧の画像

充電ケーブルは長さが約50cm。端子はUSB TYPE-Aです。

COROS PACE2の充電ケーブルの画像

ウォッチ本体との接続は独自規格となっているため、ケーブルの紛失に注意する必要ありです。

COROS PACE2の充電ケーブルの端子部分の拡大画像

充電時はこのケーブルを背面に接続してこのような状態になります。

COROS PACE2を充電している様子の画像

何気に嬉しいのがこの充電端子保護カバー。

標準で3つも付属しています。

COROS PACE2の充電端子保護カバーの拡大画像

こちらが端子むき出しの状態。この状態でも使えますが、ランニングで汗をかいたり、プールで泳ぐことを考えるとちょっと不安になりますよね。

COROS PACE2の充電端子部分の拡大画像

カバーをつけるとこのようになります。

しかもこれ、ただ被せるだけでなくカバーが本体にピッタリはまるようになっており、非常に安心感があります。

COROS PACE2の充電端子にカバーを装着した状態の画像

マニュアルは嬉しい日本語対応。

COROS PACE2ののマニュアルは日本語にも対応している

特徴

付けていることを忘れるほどの軽さ

COROS PACE2の重さを計測している画像

この『COROSカロス PACE 2』ナイロンバンドモデルの重さは実測値で29.7gでした。

はしかん

100円玉6枚分の重さです。

私が所有している他のGPSランニングウォッチと重さを比較してみました。

Garmin VENU』の重さは46.7g。

GARMIN VENUの重さを計測している画像

Garmin 735XTJ』は42.08gでした。

GARMIN 735XTJの重さを計測している画像

ナイロンバンドも軽さにかなり貢献していると思いますが、僕が今までに使った中では一番の軽さを実現していますね。

驚異的なバッテリー持続時間

実際にお風呂に入るとき以外、24時間ずっと身につけた状態でまる2週間過ごしてみましたが、その驚異的なバッテリー持続時間にとても驚かされました。

バッテリー残量95%の状態で付け始めて、全く充電しないまま10日経過した時点で、バッテリー残量が22%残っていました

COROS PACE2を10日間使用してバッテリーが22%残っている状態の画像
11月8日から18日までまる10日間装着してバッテリー残量が22%残っていた。

その間ディスプレイは常時表示されていますし、日没時刻をすぎるとウォッチを見たときに自動的にバックライトも点灯します。

さらにスマホの通知はもちろんバンバン飛んできて都度バイブでお知らせしてくれますし、歩数や心拍などといったライフログも常時計測されています。

はしかん

こんなにバッテリーが持つGPSランニングウォッチを私は初めて体験しました。

あらゆるセンサーを内蔵

COROS PACE2で過去6時間の気圧変化を表示している画像

COROSカロス PACE 2』は本体に様々なセンサーを内蔵しています。

GPS、加速度センサー、光学式心拍計はもちろんのこと、気圧高度計、地磁気センサー、温度計まで内蔵しています。

はしかん

ほぼ全部入りですね!

特に新鮮だったのが、気圧高度計

ウォッチ本体で過去6時間の気圧の変化がグラフで確認できるので、気圧が下がってくると、「あ、雨降るかも。」なんてことが手に取るようにわかります。

今までYahoo天気の雨雲レーダーで雨雲をチェックしていましたが、それよりも降雨の可能性に気づけるようになりました。

さらに、デジタルコンパスで方角もチェックできるため、トレイルランやトレッキングなどでも心強いです。

タッチパネルではないけど快適な操作性

COROS PACE2の操作性を動画にしました。

COROSカロス PACE 2』はタッチパネル操作ではありませんが快適な操作性を実現しています。

操作は本体右側面の2つのボタンを使って行います。

上側がボタン兼ダイヤルとなっており、このダイヤルが非常に使いやすく仕上がっています。

誤操作を防止するためにダイヤルロックも標準搭載していますし、表示切り替えもスピーディーかつ、ぬるっとしたエフェクトもかけてあり、操作していて気持ちいいです。

バンドは交換式

COROS PACE2のバンド取り付け部分の拡大画像

バンドは工具不要で交換できるタイプ。

購入後にシリコンバンドに交換もできますし、消耗してもバンドだけ交換可能なので、永く使えて便利です。

実際の使用感

GPSウォッチとしての機能は十分すぎるほど

GPSランニングウォッチ購入の一番の目的はやはりランニングやライドの記録を取ることではないでしょうか。

実際にランニングで使ってみましたが、機能的に不足していると感じる箇所は一つもありませんでした。

はしかん

むしろ、同価格帯のGPSウォッチと比較すると、高性能過ぎる印象です。

ランニング計測中の表示はこのように6つの画面を切り替えて使います。

日中の視認性もバッチリでした。

距離アラートを1kmに設定しておけば、1kmごとにバイブとアラーム音での現在のラップ数とラップタイムを知らせてくれる機能ももちろん搭載しています。

なお、ランニング中の表示切り替えは自動でスクロールするタイプではなく、ダイヤルで手動切り替えとなっています。

インターバル機能も搭載しているため、単なるログ取得だけでなくトレーニングに活用したい方にもおすすめです。

アプリで確認できる内容

ランニング終了後、アプリと同期することで確認できる項目はこちら

取得可能なログ項目一覧

  • ルート情報
  • 総距離
  • トータルタイム
  • ラップ数とラップごとのタイムおよび平均ペース
  • トータル平均ペース
  • 最速ペース
  • 消費カロリー
  • ピッチ
  • ストライド幅
  • ランニングパワー
  • 標高
  • 累積獲得標高
  • 心拍数
  • 心拍数ゾーン
  • トレーニング効果
はしかん

ピッチやストライドまでわかるので、走法やフォームを意識したトレーニングにも使えそうです。

ランニング終了後、COROSのスマホアプリを開くと自動的にアクティビティーの記録が同期され、連携設定しておけば自動的にStrava等にも同期することが可能。

はしかん

GPSランニングウォッチに求められる機能がすべて入っているのにリーズナブルな価格を実現しているところがすごい!

ライフログも管理可能

アクティビティートラッカーとしても使用可能で、毎日の運動量や睡眠の管理もできるようになります。

COROS PACE2で取得したアクティビティーログを表示している状態の画像

消費カロリーや歩数・睡眠時間が可視化できると、「今日はたくさん歩いたなー。」とか、「睡眠時間ちょっと少なめだわ・・。」といった事が認識できるようになるため、自然と自分の健康状態を意識できるようになります。

ウォッチフェイスは自由にカスタマイズ可能

ウォッチフェイスは豊富に用意されており、アプリから自由にダウンロードして使用可能です。

COROS PACE2のウォッチフェイスをダウンロードしている状態の画像

さらに、すべてのウォッチフェイスで色を自由に選択できるので、組み合わせは無限大。

はしかん

きっと好みのウォッチフェイスが見つかるはずです!

COROS PACE 2 のレビューまとめ

COROS PACE2でランニング終了後にペースの推移をグラフ表示している状態の画像

本記事では『COROSカロス PACE 2』をレビューしました。

COROSカロス PACE 2』は30時間のGPS計測が可能で、軽量かつコスパの高いGPSランニングウォッチです。

日常利用においては、無充電でまるまる10日間以上余裕で使えるほどのバッテリーライフを実現しています。

はしかん

一度使い出すと毎日充電しなければならないスマートウォッチが面倒に感じるほど

よかったポイント

  • 付けていることを忘れるほどの軽さ
  • 普段使いで余裕で10日以上持つバッテリー持続時間
  • ラン、バイク、スイム、トライアスロン、フィットネスなど、多彩なモードを搭載
  • タッチパネルじゃないけど操作性が抜群
  • 歩数、心拍、消費カロリー、睡眠の質以外にも、高度、気圧、気温、日の出日の入り時刻までわかる高機能っぷり
  • スマホの通知を受け取れ、スマートウォッチとしても使える

ちょっと気になった点

  • プラスチッキーな質感は好みが分かれそう
  • ランニング中の表示切り替えが手動

COROS PACE 2はこんな方におすすめ

  • コスパの高いGPSランニングウォッチを探している
  • スイムでも使いたい
  • トライアスロンで使いたい
  • トレイルランニングで使いたい
  • 頻繁に充電したくない
はしかん

バッテリーが10日以上持つので、アクティビティートラッカーとしてもかなり秀逸です!

COROSカロス PACE 2』は現在Amazonや楽天で購入可能。

はしかん

2021年7月現在は楽天が安くておすすめです!

この製品が気になっている方の参考になれば嬉しいです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる