【RAVPower RP-PB232 レビュー】大容量30,000mAh! なのに持ち運びやすくてリーズナブルなモバイルバッテリー

評価:4

本記事では、30,000mAhの大容量モバイルバッテリー「RAVPower RP-PB232」をレビューしています。大容量なのにコンパクトで気軽に持ち運べるのが特徴。TYPE-CポートとTYPE-Aポートを1つずつ搭載した使いやすいポート構成も魅力の一つです。

モバイルバッテリーを選ぶ際に迷うのが容量と大きさのバランス。容量が大きなものを選ぶと当然大きく重くなるのが世の常。

はしかん

なるべく小さくて大容量のものがいいけど、20,000mAh以上の大容量になってくると結構大きく感じちゃいますよね。

しかし本記事でご紹介する『RAVPower RP-PB232』は、30,000mAhもの大容量と携帯性を両立させたモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB232 をiPhoneやiPadやMacBook AirやAndroidスマホと並べて大きさを比較している様子の画像

【RAVPower RP-PB232】の特徴

  • 30,000mAhの大容量にもかかわらず非常にコンパクトで持ち運びやすい
  • 最大90Wもの高出力でノートパソコンにも余裕で充電可能
  • 使いやすいTYPE-C、TYPE-Aの2ポート構成
  • 値段もリーズナブル
はしかん

MacBookやスイッチなど、バッテリー残量がすごく気になるデバイスを沢山お使いの方におすすめ!

それでは『RAVPower RP-PB232』を写真多めで詳しくレビューしていきます。

モバイルバッテリー 90W PD対応 30000mAh USB-A+USB-C 2ポート PPS/iSmart3.0/PD3.0/QC3.0対応 MacBook/ノートパソコン/Switch/iPad/iPhone/Android等対応 PSE認証済 旅行/出張に最適 PB232 ブラック
ラブパワー(RAVPOWER)
提供品

本記事はメーカーのRAVPower様よりサンプル品をご提供頂き作成しています。

気になるところまで読み飛ばす

タップできる目次

RAVPower RP-PB232 の概要

スペック

バッテリー容量30,000mAh(108.9Wh)
TYPE-C 入力5V 3A、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 3A、(最大60W)
TYPE-C 出力5V 3A 、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 4.5A、(最大90W
USB-A1 出力 5V 3A、9V 2A、12V 1.5A、(最大18W)
2ポート同時最大出力PD 65W + iSmart 18W、合計83W
サイズ幅15cm × 奥行き8.7cm × 厚み2.5cm
重さ540g
認証PSE
カラーブラック、ホワイト
保証期間購入日から18ヶ月+12ヶ月(製品登録後)
はしかん

本体の色がブラックとホワイトから選べるのも嬉しいポイント!

30,000mAhの容量何回充電できるんだろ?

ということで充電ロスを30%と仮定した場合の充電可能回数を計算してみたのがこちら。

充電可能回数

スクロールできます
デバイスバッテリー容量充電回数(充電ロス30%と仮定)
iPhone 12 mini2,227 mAh9.4回
iPhone 12 & iPhone 12 Pro2,775 mAh7.5回
iPhone 12 Pro Max3,687 mAh5.6回
iPad Pro 12.9インチ(M1チップ)11,048 mh※(40.88Ah)1.9回
iPad Pro 11インチ(M1チップ)7,743 mAh※(28.65Wh)2.7回
iPad Air 47,729 mAh※(28.6Wh)2.7回
MacBook Air(M1チップ)13,486mAh※(49.9Wh)1.5回
ニンテンドースイッチ4,310mAh4.8回
※公式スペックのWh値から3.7Vで算出したmAh換算の値
はしかん

iPhone 12 には7回フル充電できて、ニンテンドースイッチには4回フル充電できてしまうほど大容量!めちゃくちゃ頼りになるやん!

RAVPower RP-PB232 の外観と付属品

RAVPowerのパッケージはホワイト基調に爽やかなブルーの差し色が特徴的です。

RAVPower RP-PB232 の外箱画像

内容物はこちら。

内容物一覧
  • RP-PB232本体
  • TYPE-C充電ケーブル 1本
  • ユーザーズマニュアル
  • 保証カード
RAVPower RP-PB232 の内容物一覧の画像

今回レビューしたのはブラックモデル。他にもホワイトが選べます。

初めて見た第一印象は「30,000mAhの大容量なのにこんなにコンパクトなの?」というもの。

RAVPower RP-PB232 の外観全体像
はしかん

今まで20,000mAhを超える大容量モバイルバッテリーをいくつもレビューしてきましたが、2021年6月現在、僕が今まで見た中で「容量と大きさのバランス」がNo1なモバイルバッテリーです!

本体表面はつや消し処理されていてサラサラした肌触り。角は丸みを帯びていて持ったときに手に馴染みます。

RAVPower RP-PB232 を手に持った状態の画像

カバンにそのまま放り込んでも他のガジェットを傷つける心配もなさそうなので気軽に持ち運べるのもいいです。

ポート構成はTYPE-CとTYPEーAを1ポートずつ搭載しています。よっぽど同時に充電しなければならないシチュエーションでない限り困ることはないでしょう。

RAVPower RP-PB232 の充電ポート部分の拡大画像

側面にバッテリー残容量を4段階で示すLEDインジケーターと電源兼チェックボタンがあります。

本体の特徴としてはそれくらいで、取り扱いは非常にシンプルです。

RAVPower RP-PB232 のバッテリー残量インジケーター部分の拡大画像

付属のケーブルは90Wに対応しているため、容量の少ないモバイルバッテリーに付属しているケーブルよりも品質的にしっかりした印象を受けます。

RAVPower RP-PB232 に付属している充電ケーブルの拡大画像
はしかん

ケーブルがしっかり90Wに対応しているもの嬉しいです!

大きさと重量

モバイルバッテリー本体の大きさは、実測値で幅15.2cm × 奥行き8.8cm × 厚み2.6cmでした。

重さは実測値で538g。500mlのペットボトルよりも少し重たいくらいの重さです。

RAVPower RP-PB232 の重さを計測している様子の画像
重さは実測値で538gと30,000mAhのモバイルバッテリーとしては軽量

手に持ってみるとさらにコンパクトさを感じることができます。

RAVPower RP-PB232 を手に持っている状態の画像

iPhone 12 Pro Max との大きさ比較。

高さはiPhoneよりもコンパクト。この大きさで30,000mAhの大容量ってすごい。

RAVPower RP-PB232 とiPhone 12 Pro Max を並べて大きさを比較している画像

iPad Air 4との大きさ比較。

iPad なら 2.7回もフル充電できるほどのバッテリー容量を持っているにもかかわらずこのコンパクトさ。

RAVPower RP-PB232 とiPad Air 4 を並べて大きさを比較している画像

MacBook Airとの大きさ比較。

電池持ちがハンパないM1チップ搭載のMacBook Airなら1.5回分の充電が可能。

MacBook本体のバッテリーと合わせると、果てしなく作業できそうです。

RAVPower RP-PB232 とMacBook Air を並べて大きさを比較している画像

Nintendo Switchとの大きさ比較。

真上から見た面積はスイッチ本体よりもコンパクト。

4.8回もフル充電できるので、電源がない場所でも気兼ねなく遊びまくれます。

RAVPower RP-PB232 とニンテンドースイッチ を並べて大きさを比較している画像

スイッチのキャリングケースと重ねてもかさばらないので、このままユックに放り込んで遊びに行けますね。

RAVPower RP-PB232 をニンテンドースイッチのキャリングケースの上に置いて大きさを比較している状態の画像

このように、大容量なのにコンパクトな大きさに留まっているのがこの『RAVPower RP-PB232』の最大の特徴と言えます。

RAVPower RP-PB232 をiPhoneやiPadやMacBook AirやAndroidスマホと並べて大きさを比較している様子の画像

ちなみに、今現在自宅にあった30,000mAhのモバイルバッテリーとの大きさを比較するとこのようになります。

一番右が本記事でご紹介している『RAVPower RP-PB232』。

RAVPower RP-PB232 を他の30,000mAhと並べて大きさを比較している状態の画像

一番左がAC100W出力のコンセント付きモバイルバッテリー『RAVPower RP-PB055』。

真ん中2つはソーラーチャージャーやワイヤレス充電機能を搭載した「Harbor」というこれも30,000mAhのモバイルバッテリー。

それぞれ、多機能ゆえに大きくなっている部分もあると思いますが、一番右の『RAVPower RP-PB232』がいかに小さいかがおわかりいただけると思います。

充電時の出力を計測

バッテリー本体への充電時は最大60W(約2.5時間)で急速充電可能

まずは『RAVPower RP-PB232』自身への充電出力を計測しました。

バッテリー本体への充電は59.2Wで行われており、スペック通り60Wに限りなく近い値を計測しました。

RAVPower RP-PB232 に充電中の出力を計測している画像
はしかん

60Wでの充電の場合、たったの2.5時間で満充電にすることができます!

ただし、60Wの出力が出せる充電器が必要になりますので、もしまだ持っていない方はこの機会に一つ購入しておくことをおすすめします。

PD充電器 Type C 急速充電器 65W 2ポート USB-A USB-C GaN 窒化ガリウム PD対応 折りたたみ式プラグ PD Pioneer Technology iPhone/MacBook/ノートパソコン/Switchなど対応 USB-C式充電器 PC133 ブラック
ラブパワー(RAVPOWER)

各デバイスへの充電出力を計測

これらのデバイスに充電し、出力を計測しました。

  • iPhone と Android スマホ
  • iPad
  • WindowsPCとMacBook
  • ニンテンドースイッチ

iPhone 12 Pro Max および Redmi Note 10 Proへの充電

バッテリー残容量が約40%の状態の「iPhone 12 Pro Max」への充電は、22.6Wの出力で急速充電可能でした。

RAVPower RP-PB232 を使ってiPhone 12 Pro Maxを充電した時の出力を計測している画像

Androidスマホ「Redmi Note 10 Pro」もバッテリー残量を約30%まで減らして充電出力を計測したところ、23.8Wで充電可能でした。

はしかん

急速充電にもしっかり対応しています!

RAVPower RP-PB232 を使ってRedmi Note 10 Pro を充電した時の出力を計測している画像

iPad Air 4 への充電

バッテリー残容量約50%のiPad Air 4への充電は23.7Wの出力を計測。バッテリー容量がスマホの倍以上あり充電に時間がかかるiPadでもこれなら短い時間で充電できますね。

RAVPower RP-PB232 を使ってiPad Air を充電した時の出力を計測している画像

WindowsPC(HUAWEI Matebook X Pro)とMacBook Air への充電

バッテリー残量40%のMacBook Air 充電時の出力は19.6V/2.32Aで、45.4Wの出力で充電できました。

RAVPower RP-PB232 を使ってMacBook Air を充電した時の出力を計測している画像
はしかん

MacBook Airへの最大充電出力は45Wなので、ほぼぴったりの値が出ました。

続いてWindows PCの「HUAWEI Matebook X Pro」への充電テスト。

こちらは約60%の状態までバッテリーを減らしてテストした結果、約54.4Wの出力で充電可能でした。

RAVPower RP-PB232 を使ってHUAWEI Matebook X Pro を充電した時の出力を計測している画像

90W で充電できるWindowsマシンが手に入ったら追加でテストを行います!

はしかん

この大きさで90W出るとか一昔前は全くなかったんですがね〜

スイッチへの充電

RAVPower RP-PB232 を使ってニンテンドースイッチ を充電した時の出力を計測している画像

スイッチへの充電は14.7V/0.92Aで約13.5Wの出力でした。

スイッチだと、理論値で4回もフル充電できてしまうほどの容量をほこるモバイルバッテリーです。

はしかん

スイッチ用としてもかなり使えそう!

RAVPower RP-PB2324 のメリット・デメリット

しばらく使ってみて感じたメリットとデメリットは下記のとおり。

ココがおすすめ

  • 30,000mAhの大容量モバイルバッテリーの中では最小クラスの小ささ
  • シンプルかつ角が立たないデザインで、持ち運びやすい
  • モバイルバッテリーそのものへの充電は60W、出力も最大90WとハイスペックPCにも充電可能
  • TYPE-CポートとTYPE-Aポート両方使える
  • 付属のTYPE-Cケーブルがちゃんと高出力対応のケーブル
  • 1万円を切る定価と、Amazonで頻繁に割引クーポン出ている
はしかん

定価で1万円切っている買いやすい価格も魅力の一つ!

ココが惜しい!

  • やっぱりキャリングケース欲しいよね・・・
はしかん

その他は特にデメリットと感じる部分がない優秀なモバイルバッテリーだと感じました!

RAVPower RP-PB232 レビュー まとめ

RAVPower RP-PB232 をiPhoneやiPadやMacBook AirやAndroidスマホと並べて大きさを比較している様子の画像

RAVPower RP-PB232』は、最大90Wの高出力をほこる30,000mAhの大容量モバイルバッテリーで、とてもコンパクトかつリーズナブルなのが特徴的な製品です。

スマホ、タブレット、ニンテンドースイッチはもちろん充電可能ですが、90Wの高出力に対応しているためMacBookやPD対応WindowsPCにも急速充電が可能なたのもしいモバイルバッテリーです。

はしかん

これが1台家にあれば一通りなんでも充電できそうです!

また、外出先でのモバイルモニター用電源としてもかなり使えます。

PD対応モバイルモニターであればモニター経由でパソコンにも給電でき、作業が捗ること間違いなしです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

モバイルバッテリー 90W PD対応 30000mAh USB-A+USB-C 2ポート PPS/iSmart3.0/PD3.0/QC3.0対応 MacBook/ノートパソコン/Switch/iPad/iPhone/Android等対応 PSE認証済 旅行/出張に最適 PB232 ブラック
ラブパワー(RAVPOWER)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる