パソコン周辺機器

【BlitzWolf BW-PCM2 レビュー】Banggoodで買えるコンパクトな13.3インチFHDモバイルディスプレイ

https://hashikan.net

 

こんにちは。普段、モバイルディスプレイ4台を使い分けしているはしかんです。

 

最近、ガジェット類を買うときはAmazonで買うのが習慣になってしまっているんですが、ほとんどの製品が中国製なんですよね。

 

そして、本場中国にもガジェット系ECサイトが沢山あるのをご存知ですか?

 

有名なところだと

  • Banggood
  • AliExpress
  • Gearbest

など。

 

私も何度か中国のサイトで買い物をしたことがあるのですが、サイトを覗いてみるとスマホ、タブレット、スマートウォッチ、ノートPCなど、面白そうなアイテムが目白押しです。

 

今回はそんなECサイトの一つである『Banggood』様より、『BlitzWolf BW-PCM2』というモバイルディスプレイをご提供頂いたのでレビューします。

BlitzWolf BW-PCM2 の 内容物を並べて斜めから撮った画像

 

BlitzWolf BW-PCM2』は13.3インチFHDモバイルディスプレイで、薄型コンパクトな形状が特徴のモバイルディスプレイです。

 

はしかん
ベゼルがとても狭いため、非常にコンパクトで薄型なのが特徴。

 

液晶パネルには光沢IPSパネルを採用し、珍しい赤外線リモコンが付属していたり、ディスプレイ本体のUSB TYPE-AポートをUSBハブのように使えたり、少し他のモデルにはない特徴を持っている製品なんです。

BlitzWolf BW-PCM2 を TYPE-Cで接続している画像

 

現時点では日本国内のAmazonや楽天などのECサイトではまだ取り扱われておらず、購入するには『Banggood』などの中華ECサイトを使うしかありません。

 

はしかん
製品として良いもので、日本国内でも問題なく使用可能なのであれば、Amazonだけでなくこのような中華系ECサイトも探してみるのも楽しいですよ。

 

はしかん
近日中に『Banggood』への登録手順やお得に買い物をするためのクーポン情報を掲載していきますのでお楽しみに!

 

そんな訳で本記事では「【BlitzWolf BW-PCM2 レビュー】Banggoodで買えるコンパクトな13.3インチFHDモバイルディスプレイ」について書いていきます。

 

メモ

本記事はBanggood様よりサンプル品をご提供頂き作成しています。

 

BlitzWolf BW-PCM2 を Banggoodで見てみる

 

BlitzWolf BW-PCM2 のスペック

BlitzWolf BW-PCM2』のスペックはこちら。

ディスプレイサイズ13.3インチ(16:9)
液晶パネルIPS液晶パネル(光沢(グレア)液晶
解像度FHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート24-60Hz(自動)
輝度300 cd/m²
電源5V - 3A  USB Type-C PD対応
映像入力HDMIx1、USB Type-C
サウンド出力3.5mm ヘッドホン端子x1
スピーカーステレオスピーカー内蔵
本体サイズ(幅 X 奥行き X 高さ)304x 195.7 x 9.7-4.1 mm
本体重量560g(カバー込で853g)
その他の特徴赤外線リモコン付属 USB TYPE-A端子付属

 

HDMI入力端子は標準の大きさで、TYPE-C入力にも対応しています。

さらに、他のモバイルディスプレイにない特徴として、赤外線リモコンが付属していたり、USB TYPE-A端子付きでUSBハブの機能も備えています。

 

価格やディスプレイの基本性能については他のモデルと遜色ありませんが、付加機能で差別化を図っている印象です。

 

外観と付属品

外箱は白ベースで緑のアクセントが印象的なパッケージです。

ど真ん中に『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』のロゴが。

日本ではあまり聞き慣れないメーカーですが、日本ではAmazonで自撮り棒を多く取り扱っています。

BlitzWolf BW-PCM2 の 外箱の画像

 

付属品を見ていきいましょう。

  • BlitzWolf BW-PCM2 ディスプレイ本体 1台
  • スタンドにもなるカバー 1個
  • 標準HDMIー標準HDMIケーブル 1本
  • TYPE-CーTYPE-C(USB3.1 Gen2)ケーブル 1本
  • TYPE-AーTYPE-C(電源用)ケーブル 1本
  • 電源アダプタ
  • 取扱説明書
  • 赤外線リモコン
  • 折りたたみスタンド

必要なものは全て揃っていると言うか、かなり豊富な方です。

赤外線リモコンやスタンドカバー以外にももう一つ折りたたみスタンドが付いている点などが利用スタイルの幅を広げてくれますね。

BlitzWolf BW-PCM2 の 内容物一覧

 

はしかん
より安定感のあるプラスチック製の折りたたみスタンドが付属しているのが個人的にはGoodポイントです!ディスプレイを縦置きしたいときにすごく使えるんです!

 

ディスプレイ本体はこのようにベゼルがかなり狭く、いまどきな感じのデザインです。

液晶は光沢パネルで、映画や動画を美しい映像で楽しむことができます。天井の照明が映り込んでいるのが光沢パネルの証。

 

裏面はまっさらです。VESAのネジ穴はありませんので、ディスプレイアームへの取り付けはできません。

 

この『BlitzWolf BW-PCM2』は、薄型液晶によくある2段階の厚みがあるタイプです。

上半分が厚さ5mmと超絶薄いです。下半分はその倍の1cm程度。これでも十分薄いですが・・。

 

ディスプレイ裏面中央部に型番等のプリントがあり、その上部にスピーカー穴があります。

ステレオスピーカーですが、かなり中央に寄っているのでステレオ感はあまり感じられません。

 

ディスプレイが接地する部分にはゴム足が付いており、滑りやすい材質の机でもしっかりと置くことが可能です。

 

ディスプレイの右側下部に『BlitzWolf(ブリッツウルフ)』のロゴがプリントされています。その右側の小さい穴が赤外線リモコンの受光部です。

フレームの内側部分もきれいに面取りされており、安っぽさが感じられません。

 

操作は3つのボタンで行います。その下にUSB TYPE-Aポートが一つあります。

PCとTYPE-Cケーブルで接続した場合、このディスプレイがUSBハブの役割を果たし、このTYPE-AポートにUSBメモリを接続してデータをやり取りしたり、ワイヤレスマウスのレシーバーを接続したりできます。

 

スタンドカバーは裏面は半分のみカバーされ、前面は全てカバーされるタイプです。

マグネットでピタッとくっつきます。

 

カバー表面はこのように目の細かいエンボス加工が施してあり、高級感がある仕上がり。

 

カバーを付けてもこの薄さ!

非常に薄くてカッコいいです!

 

スタンドカバーでディスプレイを立てるとこの様になります。

しっかり立たせることができるので、そうそう倒れる心配はなさそう。

 

BlitzWolf BW-PCM2 を Banggoodで見てみる

 

入出力ポート

向かって左側のポートは上から

  • 3.5mm イヤホンジャック
  • 電源ポート(USB TYPE-C PD)
  • USB TYPE-C
  • 標準HDMIポート

 

向かって右側には操作ボタンとUSB TYPE-Aポートがあります。

ボタンの操作感は見た目どおり押しやすく、操作しにくい感じはありません。

 

 

大きさと重量

ディスプレイ本体の重量はカタログスペックより9g重いですが、それでも569gとかなり軽いです。

 

スタンドカバー込で853gでした。

持ち運びには非常に嬉しい軽量設計です。

 

続いて厚さ。

ディスプレイ下部の厚みのある部分で9.9mmでした。

 

薄い部分の厚みが5mm!

かなりの薄さです!

 

全体の寸法は、カタログスペックで高さ195.7 x 幅304 x 厚み9.7-4.1mmとなっています。

私が使っているモバイルノートPCと重ねて見るとほぼ同じ大きさでした。

※13.3インチの「MacBook Pro」とほぼ同じ大きさの 「HUAWEI Matebook X Pro」との比較です。

 

カバーを付けた状態でもかなり薄いので、実際にビジネスカバンやリュックに入れてもまだまだ余裕がありました。

 

BlitzWolf BW-PCM2 を Banggoodで見てみる

 

性能と特徴

モバイルノートと組み合わせて使うのがおすすめ

サイズが13インチクラスのモバイルノートPCとほぼ一緒なので、外出先でダブルモニターでお仕事をしたい方にはピッタリの大きさです。

 

広げてもディスプレイ上部の高さもほぼ同じになるので、ノートPCの解像度がFHDであれば尚良しです!

 

液晶パネルは光沢あり(グレア)

液晶は光沢があるタイプのパネルが採用されています。

光沢があるタイプの液晶パネルは映像に潤いがあり、映画などを見るのに最適です。

 

「非光沢がいいんだけどな・・」という方には、アンチグレアフィルムがオススメ。

貼るだけで非光沢になります。

 

はしかん
光沢に戻したいときも剥がせばOK!

 

 

赤外線リモコン付属

なんとこの『BlitzWolf BW-PCM2』には赤外線リモコンが付属しています。

正直13.3インチと小さなディスプレイなので、リモートコントロールしたくなるほど離れた状況で使うことはほぼ無いと思いますが・・。

 

PCにTYPE-Cで接続した状態でリモコンを使ってみました。

各ボタンの操作は下記のとおり。

ボタン動作
電源ボタン電源が落ちるがすぐに立ち上がる
ミュートボタンディスプレイに一瞬ミュート表示されるが音は出る
上下左右メニュー表示中は項目選択。いきなり押すと上下左右とも明るさ調整
OKボタン決定
太陽ボタンメニュー表示
戻るボタン戻る
SourceボタンTYPE-CとHDMI入力切り替え
Imageボタン上下反転

 

リモコンを使ってみた感想は、「リモコンだとメニュー表示や設定が少しスムーズに行えるな~」くらいでした。

 

はしかん
個人的にはImageボタンで画面が縦表示になってくれたら最高だったんだけどな~おしい!

 

スピーカーには期待しないほうが良い

スピーカー音質はモバイルディスプレイの中でもあまり良くない方だと思いますので、期待せずヘッドホンなどの外部出力スピーカーを使いましょう。

 

スイッチは任天堂純正ACアダプタ使用で充電しながらプレイ可能

息子氏の協力を得て検証した結果、Nintendo Switchとの接続に関してはSwitch純正ACアダプタを使えばSwitch本体に充電しながらプレイ可能でした。

ディスプレイ本体付属のACアダプタでもプレイすることはできましたが、Switch本体のバッテリーは減っていきました。

 

また、ディスプレイの3.5mmイヤホンジャックでは音しか聞こえないので、ボイスチャットする場合はSwitch本体にイヤホンマイクを接続する必要があります。

 

BlitzWolf BW-PCM2 を Banggoodで見てみる

 

BlitzWolf BW-PCM2 のレビューまとめ

本記事では「【BlitzWolf BW-PCM2 レビュー】Banggoodで買えるコンパクトな13.3インチFHDモバイルディスプレイ」」についてレビューしました。

 

この『BlitzWolf BW-PCM2』の特徴は、

 

  • 解像度がフルHD(1920 x 1080)の13.3インチモバイルディスプレイ
  • 液晶パネルは光沢(グレア)パネル採用
  • ベゼルレスかつシンプルなデザインで、薄型軽量設計
  • スタンド兼カバー付属(マグネットでくっつく)
  • 縦置きしたいときに便利な折りたたみスタンドも付属
  • 付属のTYPE-Cケーブル1本でPCやNintendo Switchとの接続が可能
  • 赤外線リモコン付き
  • USB PD対応
  • Banggood」などの中国のガジェット系ECサイトで購入する必要あり。

こんな方におすすめ

  • 13.3インチの薄型モバイルディスプレイで標準HDMI端子とTYPE-Cが使えるものをお探しの方
  • 付属品が充実したモバイルディスプレイをお探しの方

 

Banggoodでは、お得にお買い物ができるクーポンを毎週発行しています。

当サイト限定クーポン一覧はこちらから。

【Banggood】 当サイト限定クーポン一覧

 

BlitzWolf BW-PCM2 を Banggoodで見てみる

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazon新生活セール

 
はしかん
Amazonのセール『Amazon新生活セール』が開催中!お見逃しなく!
 

Amazon新生活セール

セール対象品をチェックする

3月27日(金)9:00スタート!

  また、ポイントアップキャンペーンも同時開催されます。  
はしかん
色々組み合わせて、最大5,000ポイントがもらえるチャンス!
 

\プライム会員ならさらにお得/

ポイントアップキャンペーンにエントリー

最大7.5%分のポイントがもらえる!

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

記事はパソコン周辺機器が多めで、ディスプレイ・イヤホンなどの映像や音が出るものが特に好きです。ゲームも好きで昔ROM版のNEOGEOを持ってました。元mini乗り(Rover)。

-パソコン周辺機器
-,

Copyright© 走るガジェット鑑定団 , 2020 All Rights Reserved.