ディスプレイ

【ASUS MB16ACE レビュー】ビジネス用途では最強のモバイルディスプレイ 縦置き対応など使い勝手抜群な法人向けモニター

https://hashikan.net

メモ

本記事ではASUSの超薄最軽量のモバイルディスプレイ『ASUS MB16ACE』をレビューしています。USB TYPE-AしかないPCにも接続可能なうえ、薄さ8mm、重さたったの710gという超薄最軽量のビジネス向けモバイルモニターです。

 

今、「仕事で使うならどのモバイルディスプレイがおすすめ?」

 

と聞かれたら、僕は間違いなくこう答えるでしょう。

 

はしかん
ASUS MB16ACE 』択一ですよ!

 

と。

 

ASUS MB16ACEとROG Zephyrus G14を接続している様子

 

今回ご紹介する『ASUS MB16ACE』の特徴は

 

  • 15.6インチのFHDノングレア(非光沢)IPS液晶パネル採用モバイルディスプレイ
  • ディスプレイだけだと薄さ8mm、重さたったの710gという薄型軽量設計
  • PCにUSB TYPE-AポートまたはTYPE-Cポートがあればケーブル1本で接続可能
  • 縦置きにすると自動的に画面が回転する便利機能付き(Windowsのみ)
  • 安心の3年保証付き
  • スピーカーは非搭載

 

HDMIポートがなかったり、スピーカー非搭載だったりといくつか削ぎ落とされている機能もありますが、あえてそうする事によってビジネスに特化し使いやすくしているところがさすがASUSだなと感じさせる一品です。

 

はしかん
仕事で使っていて正直スピーカーを使ったことってほぼないんですよね。そうなると当然HDMIも不要になるので、この潔さは正解ですね。

 

今までたくさんのモバイルディスプレイをレビューしてきましたが、ビジネス用途だと間違いなく堂々の1位に輝くモバイルディスプレイです。

 

はしかん
今回はそんな『ASUS MB16ACE』をじっくりレビューしていきます!

 

 

メモ

本記事はメーカー様よりサンプル品をお貸し出し頂き作成しています。

気になるところまで読み飛ばす

 

ASUS MB16ACE の概要

スペック

ASUS MB16ACE』のスペックはこちら。

ディスプレイサイズ 15.6インチ型ワイド
パネル種類 IPS
表面仕様 ノングレア
解像度 FHD (1,920 x 1,080)
リフレッシュレート(最大) 60Hz
最大輝度 250 cd/m²
コントラスト比 800:1
応答速度 5ms
消費電力 8W以下(使用時)、スタンバイ時(0W)
映像入力 USB Type-C
スピーカー なし
本体サイズ(スタンドあり) 高さ:226mm
幅:360mm
厚み:8mm
本体重量 710g(本体のみ)

 

スペック上の大きな特徴は3つ。

  • 薄型軽量設計
  • 入力ポートがTYPE-C1つのみ
  • スピーカー非搭載

また、気になるリフレッシュレートですが、Windowsの「ディスプレイの詳細設定」では60Hzと表示されています。

実際の使用感としては、WordやExcel編集など、一般的な業務レベルの作業であれば他のHDMI接続などのディスプレイと比較しても遜色ないレベルです。

 

はしかん
ただ、ちょっと気になったのが動画再生すると少しカクツキが見られるところ。

 

全く動画が見れないわけではないのですが、カクツキが気になる方は要注意です。

本記事のデメリットの項目で通常のHDMI接続モニターと動画再生時の滑らかさを比較した動画をUPしていますので参考にしてみてください。

 

▼「ちょっと感じたデメリット」まで飛ぶ

 

外観と付属品

ASUS MB16ACE をスタンドに立てた状態の画像

 

さっそく中身をチェックしていきましょう。

 

内容物一覧はこちら。

  • 「MB16ACE」本体
  • カバースタンド
  • TYPE-CーTYPE-C ケーブル 1本
  • TYPE-AーTYPE-C変換アダプタ 1個
  • 簡易マニュアル
  • 保証書

ASUS MB16ACE の付属品一覧の画像

 

液晶パネルは15.6インチIPS液晶が採用されており、アンチグレア(非光沢)仕様のため光の反射を抑え非常に見やすくなっています。

ASUS MB16ACE の液晶パネルはアンチグレア

 

裏面には「ASUS」のロゴがあるだけのシンプルな外観です。

兄弟モデル『ASUS MB16AC』の背面は放射状のヘアライン加工デザインでしたが、『ASUS MB16ACE』はよりシンプルなものになっています。

ASUS MB16ACE の背面の画像

関連記事
【ASUS MB16AC レビュー】ビジネスに特化した15.6インチ 薄型モバイルモニター 自動回転機能が便利すぎてついつい縦表示に!

続きを見る

 

左下部分に操作ボタンが2つあり、これでディスプレイの設定メニューから各種設定を行います。

ASUS MB16ACE のメニューボタン付近の拡大画像

 

右下には電源ボタンとペンをスタンドとして使用するための穴があります。

ASUS MB16ACE の電源ボタンとペンスタンド部分の拡大画像

 

ディスプレイ中央にASUSのロゴ。

ASUS MB16ACE のロゴ部分の拡大画像

 

接続ポートはこのTYPE-C一つだけというシンプルさ。

これ以外に電源ポートもイヤホンジャックも何もついていません。

ASUS MB16ACE のTYPE-Cポート付近の拡大画像

 

ペンスタンドの穴を背面から見てもかなり丁寧な作りになっています。

こういった細かいところの仕上げも非常に美しく、関心します。

ASUS MB16ACE のペンスタンド付近の背面側拡大画像

 

本体右上の側面に「DESIGNED BY ASUS IN TAIWAN」の文字が。

ASUS MB16ACE のサイド部分の拡大画像

 

続いてスタンドカバーを見てきましょう。

ASUS MB16ACE』のスタンドカバーは、片面保護タイプです。

従来のようにディスプレイの液晶面と背面両方をぐるりと両方保護するタイプのものではなく、液晶パネル面のみ保護します。

レザー調の表面仕上で高級感もありありです。

ASUS MB16ACE のスタンドカバーの素材感はレザー調

 

ディスプレイと直接触れる面部分。

ペンスタンドの穴にはまるポッチと、ディスプレイを両側からカチッと挟むパーツのおかげでディスプレイ本体にピッタリとハマります。

ASUS MB16ACE のスタンドカバーの内側にはスタンドの立て方が記載されている

 

このカバーを丸めるとスタンドに早変わり。

マグネットでちょうどいい位置にピタッとくっつきます。

ASUS MB16ACE のスタンドカバーを丸めてスタンドにした状態の画像

 

スタンドにモニター本体を立てるとこのようになります。

立たせて見ると、より洗練されたベゼルレスデザインが際立ちますね。

ASUS MB16ACE をスタンドに立てて正面から見た状態の画像

 

真横から。

厚さたった8mmという薄型設計で、実物は写真以上に薄いです。

ASUS MB16ACE をスタンドに立てて真横から見た状態の画像

 

背面から。

従来のスタンドカバーに比べて非常にコンパクトになっているのがわかります。

ASUS MB16ACE をスタンドに立てて背面から見た画像

 

縦置きにするときは垂直寄りの角度に変えたほうが安定します。

ASUS MB16ACE をスタンドに縦置きした状態の画像

 

縦置きにした場合はスタンドの幅とぴったりなのでスッキリしています。

ASUS MB16ACE をスタンドに縦置きした状態で背面から見た画像

 

カバーが片面にしか付かないため、手に持っても非常に薄くて軽いです。

ASUS MB16ACE にカバーをつけて手に持った状態の画像

 

重さはなんと、カバー込で1kgを切る軽さ!

ASUS MB16ACE にカバーをつけた状態で重量を計測している画像

 

ディスプレイ本体だけだと実測値で709g。これは15.6インチクラスでは1位2位を争う軽さです。

ASUS MB16ACE 本体のみの重量を計測している画像

 

付属のケーブルはTYPE-C - TYPE-C ケーブルが1本。

TYPE-CポートがあるPCであれば、このケーブルだけで接続できます。

ASUS MB16ACE に付属しているTYPE-Cケーブルの画像

 

TYPE-CをTYPE-Aポートに変換するアダプターを使えば、TYPE-AポートしかないPCでもケーブル1本で接続可能です。

別途電源を取る必要もなく、シンプルな接続構成で使用できるので、設置するときや片付けが非常に楽です。

ASUS MB16ACE に付属しているTYPE-AをTYPE-Cに変換するアダプタの拡大画像

 

薄さも実測値で8.1mmという驚異の薄さ。

カバンに入れてもかさ張らず、スマートに持ち運びできます。

ASUS MB16ACE の厚みを計測している画像

 

 

ASUS MB16ACE の特徴

USB TYPE-Aポートでもケーブル1本で接続可能

ASUS MB16ACE をUSB TYPE-AポートしかないPanasonic レッツノートに接続している画像

USB TYPE-AかTYPE-Cポートのどちらかが搭載されているPCであればこのモニターを使う事ができます。

最近はUSB TYPE-Cが主流になりつつありますが、中にはまだTYPE-CポートがないPCをお仕事で使用されている方も多いのではないでしょうか。

 

はしかん
PCにドライバーをインストールすれば、モニターに付属のケーブルと変換アダプタで接続可能です!

 

ドライバーは「DisplayLink」というドライバーが必要です。

 

ドライバーのインストール手順

step
1
ドライバーをダウンロードする

ASUS公式サイトにアクセスします。

OSを選択して「すべて表示」をクリックします。

ASUS MB16ACE のドライバーをASUS公式サイトからダウンロードするときのスクリーンショット

 

「ASUS MB Series USB Monitor Driver for 〇〇」と書いてある容量48MBくらいのものがドライバーです。

「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

ASUS MB16ACE のドライバーをダウンロードするときのスクリーンショット

 

step
2
ドライバーをインストールする

ダウンロードしたドライバをダブルクリックして実行します。

ASUS MB16ACE のドライバーを実行するときの画像

 

「インストール」をクリックします。

ASUS MB16ACE のドライバーをインストールするダイアログのスクリーンショット

 

「インストール完了。」と表示されたら「完了」をクリックして再起動します。

ASUS MB16ACE のドライバーインストールが終了したときのスクリーンショット

以上でドライバインストールは終了です。

 

これでUSB TYPE-Aポートでも、「Display Port over USB Type-C」に対応していないTYPE-Cポートでも接続可能となります。

 

縦置きにすると自動的に画面が回転する便利機能付き

ディスプレイ内部に加速度センサーを内蔵しており、ディスプレイを回転させると表示も自動的に回転します。(※Windowsのみ対応)

ASUS MB16ACE を縦置きにしたときに自動回転する動画

 

はしかん
よくWordの縦書き文書を編集するお仕事をされているかたは、これだけでもかなり生産性が高まりそうです!

 

しかもこれ90°回転だけでなく、180°回転させても大丈夫なんです!

どの向きにしてもちゃーんと設定が切り替わってくれるので非常に便利!

 

はしかん
対面の人にサッと見せたい時なんかに使えそう!

 

この機能を使うには、ドライバーとは別にASUS DisplayWidget」というソフトウェアが必要です。

 

ASUS DisplayWidget のインストール手順

step
1
DisplayWidgetのインストーラーをダウンロードする

ASUS公式サイトにアクセスします。

OSを選択すると出てくる「ユーティリティー」欄の「ASUS DisplayWidget Software for Windows OS Only」と書かれている約6.6MBのソフトウェアをダウンロードします。

ASUS DisplayWidget をASUS公式サイトからダウンロードするときのスクリーンショット

 

step
2
ドライバーをインストールする

ダウンロードしたドライバをダブルクリックして実行します。

「同意する」、「次へ」を何回かクリックしてインストールします。

ASUS DisplayWidget をインストールするときのウィザードのスクリーンショット

 

インストールが完了したら、設定画面が開きます。

「DisplayWidget」でディスプレイの明るさや色合いを設定できたり、モード設定も可能です。

ASUS DisplayWidget の起動画面のスクリーンショット

 

明るさやコントラスト、色合いなどもソフトウェア上からコントロール可能です。

ASUS DisplayWidget で色合いや明るさなどを設定できる詳細設定画面のスクリーンショット

 

はしかん
ディスプレイ本体を操作して設定する項目がすべてソフトウェアで設定できるのはとても便利!

 

 

ディスプレイだけだと薄さ8mm、重さたったの710gという薄型軽量設計

カバーをつけたASUS MB16ACE を手にもった状態の画像

カバー込みの重さが実測値で972gと非常に軽いうえ、薄さ8mmの本体と片面保護のカバーによるコンパクトさにより、カバンに入れても邪魔になりにくいです。

しかも持ち運ぶケーブルも1本で済むので、外に持ち出す機会が多い方にはとても重宝するディスプレイだと感じました。

 

アンチグレア(非光沢)パネルで目が疲れにくい

ASUS MB16ACE の電源ボタンは青く光る

兄弟モデルの『ASUS MB16AC』はグレア(光沢)パネルなので、写真や映像はきれいに見えますが、この『ASUS MB16ACE』ではアンチグレア(非光沢)パネルに変わりました。

ビジネスで使う場合はアンチグレアのほうが使いやすいので、ここは嬉しいポイントですね。

 

視野角も広い

ASUS MB16ACE に投影されている映像を上から見たときの画像

178°の広視野角IPS液晶パネルを採用しているため、どの角度から見ても美しい映像が楽しめます。

日常的に斜めから映像を見ることはないとは思いますが、数名のお客様へのプレゼンの際など、どうしても斜めの角度から見なければならない場合なんかも安心です。

 

 

ちょっと感じたデメリット

動画が少しカクつく

そもそもスピーカー非搭載であることからも、あまり動画視聴は向いていません。

試しにYoutubeなどを再生してみると、通常のTPE-C接続のモニターと比較すると多少カクツキがあります。

 

通常のHDMI出力のモニターと動画再生のスムーズさを比較した映像がこちら。

 

カメラを横方向にパンする際に、建物がカクカクしているのがおわかりいただけると思います。

あまり動きが激しくない動画ならそんなに気にならないと思いますが、ゲームや映画鑑賞には向いていません。

 

ドライバーインストールが必要なことからもなんとなく想像できるのですが、ASUS独自の「ハイブリッドシグナルソリューション」という通信方式でモニター出力しており、実は使う前からあまり動画のレスポンスには期待していませんでした。

 

ただ個人的な感想としては全く期待していなかった分、USB TYPE-Aでの接続でもここまで動画が動くんだ!と正直関心する方が大きかったです。

 

はしかん
音はPC本体から出せばよいので、ちょっとした暇つぶしに動画を見たり、WEB会議で使う程度なら問題ないレベルですね。

 

PDパススルーできない

一般的なモバイルディスプレイにはほぼ搭載されていると言っても過言ではないPDパススルーには非対応です。

 

PCパススルーとは、PC本体への給電をモバイルディスプレイ経由で行うことです。

これに対応していれば、PCへの給電を、コンセント→ディスプレイ→PCという接続で実現可能です。

これにより、PCへの接続はTYPE-C1本のみで済みます。

 

ASUS MB16AC』の場合は、PCへの電源供給は別途行う必要があるので、PCの配線は最低でも2本(電源アダプタとTYPE-C接続)となります。

 

明るさがもう少し欲しい

ASUS MB16ACE をTYPE-AポートしかないPanasonicレッツノートに接続している状態の画像

これは実際にオフィスで使ってみたときに感じたのですが、もう少し明るさが欲しいなと感じました。

この写真の状態で『ASUS MB16ACE』は明るさ100%の状態ですが、Panasonicのレッツノートと比較するとレッツノートのほうが明るいです。

このモニターを使う際は、明るさは常時100%にしないと日中は厳しいかもしれません。

 

 

ASUS MB16ACE の口コミ・評判

 

 

 

 

 

はしかん評価

品質 軽さといい薄さといい、質感といい文句の付け所がありません。
画質 動画のカクツキが気になるのと、明るさがもう少し欲しかったです。
使い勝手 接続もケーブル1本で設定もソフトで可能、自動回転も備えかなり使いやすいです。

 

はしかん
正直お仕事で使うなら最高のモバイルディスプレイだと感じました。僕がもし会社設備の購買担当だったら間違いなくこれで稟議あげます笑

 

 

ASUS MB16ACE のレビューまとめ

ASUS MB16ACE をモバイルディスプレイとしてケーブル1本で接続している状態の画像

本記事では『ASUS MB16ACE』をレビューしました。

 

ASUS MB16ACE』は15.6インチIPS液晶パネル(アンチグレア)を採用し、重さ710g、厚さ8mmという薄型軽量設計で持ち運びやすく、TYPE-AポートでもPCとケーブル1本での接続を可能とした「ASUSハイブリットシグナルソリューション」に対応し、ディスプレイの自動回転にも対応したビジネス向けのモバイルディスプレイです。

 

はしかん
やはりケーブル1本で接続できるのは非常に楽ですし、縦置きしたときに自動で回転してくれるのも嬉しいポイント!

 

よかったポイント

  • TYPE-Aポートでもケーブル1本で接続できるお手軽さ
  • 自動でディスプレイ設定の縦横が切り替わってくれる利便性
  • 薄くて軽いためどこにでも持っていける機動性の高さ
  • DisplayWidgetでディスプレイの明るさや色合いなどの設定をソフトでコントロール可能
  • アンチグレアで目に優しい

 

ちょっと気になった点

  • 動画再生時のカクツキ
  • ディスプレイの明るさがもう少し欲しかった

 

こんな方におすすめ

  • WordやExcelなどの事務処理がメインで動画視聴などには使う予定がない方
  • お使いのPCがUSB TYPE-Aポートしか搭載していない
  • 基本、持ち運ぶことを前提にモバイルディスプレイを探している
  • 縦置きできるディスプレイを探している

 

デュアルモニター環境は非常に生産性が高いです。

 

WEB会議をやっている最中にもう一つのディスプレイで議事を録ったり、次の資料を事前に確認したりできますし、2つの資料を見比べながらやる作業についてはシングルモニターの場合と比較すると生産性にかなりの差がでてきます。

 

テレワークで自宅でも仕事をする機会が増えていますが、そんな時代にこそ持ち運び可能なモニターで生産性を高めてはいかがでしょうか。

 

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

この記事も読まれています

この記事が良かったらクリックのご協力よろしくお願いします!



ガジェットランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

ガジェットが大好きな会社員。生活や仕事を効率化できるガジェットへの投資は惜しみません。ディスプレイ・イヤホンなどの映像や音が出るものが特に好きです。趣味はランニングと新しいガジェット探し。

-ディスプレイ
-, , , ,

© 2020 ガジェットランナー