ディスプレイ

【Didar EVP-302 レビュー】安いけど品質に不安が残る 15.6インチFHDモバイルディスプレイ

https://hashikan.net

メモ

本記事ではDidarがお送りする15.6インチモバイルモニター「Didar EVP-302」をレビューしています。ここ最近、格安モバイルモニターが増えてきていますが、製品選定はしっかりすべきということを再確認できた一台でした。

 

こんにちは。モバイルモニターを今まで10台近くレビューしているはしかんです。

 

今回ご紹介するモバイルモニターは、15.6インチFHD解像度のモバイルモニター『Didar EVP-302』です。

Didar EVP-302を手に持った状態の画像

 

特徴としては下記のとおり。

 

Didar モバイルモニターの特徴

  • 割引クーポンを使えば、1万5千円以下で購入可能なほど格安で入手可能
  • TYPE-Cケーブル1本での接続やminiHDMIを搭載し、どんな機器にも接続可能
  • 15.6インチFHD(1920 x 1080)非光沢液晶パネルを搭載
  • 豊富な付属品。スタンドにもなるカバーや電源アダプタも付属

 

と、一見素晴らしい製品のように見えますが、実際に現物を手に取ってみた私の率直な感想は「これはあまりおすすめできないな・・。」でした。

 

理由は3つ。

 

  • 品質に問題あり
  • モニター本体の剛性が低すぎる
  • 他のモバイルディスプレイと比較すると重い

 

見た目のデザインや付属品、モバイルモニターとしての性能に関しては特に不満はないのですが、上記の3点が非常に残念でした。

 

今回はそんな15.6インチモバイルモニター『Didar EVP-302』を詳しくレビューしていきます。

 

 

提供品

本記事はサンプル品をご提供頂き作成しています。

気になるところまで読み飛ばす

 

Didar EVP-302 の概要

スペック

Didar EVP-302』のスペックはこちら。

ディスプレイサイズ 15.6インチ型ワイド
パネル種類 IPS
表面仕様 アンチグレア(非光沢)
解像度 FHD (1,920 x 1,080)
リフレッシュレート(最大) 60Hz
最大輝度 300 cd/m²
コントラスト比 1000:1
応答速度 5ms
映像入力 USB Type-C、mini HDMI
その他ポート 電源用TYPE-Cポート、3.5mmイヤホンジャック、OTGポート
スピーカー 1W x 2
本体サイズ(スタンドあり) 高さ:224mm
幅:368mm
厚み:11mm(最薄部で6.3mm)
本体重量 945g(本体のみ):1,359g(カバー込み)

 

モバイルディスプレイとしての性能は「ごくごく普通」といった印象なんですが、重さがネックです・・・。

 

はしかん
平均的なモバイルディスプレイの重さは800gですが、このモニターは本体だけで945gあります。

 

カバーを含めると1.3kgオーバーとかなり重いので、頻繁に持ち運ぶ方には向いていないかもしれません。

 

外観と付属品

モニター本体はスタンドカバーが装着された状態で届きます。

Didar EVP-302にスタンドカバーをつけた状態の画像

 

内容物一覧はこちら。

  • 「EVP-302」本体
  • カバースタンド
  • TYPE-C - TYPE-C ケーブル 1本
  • TYPE-A - TYPE-Cケーブル 1本
  • mini HDMI - HDMI ケーブル 1本
  • OTG 変換アダプタ 1本
  • 電源アダプタ
  • マニュアル
  • 保証書

 

Didar EVP-302の付属品一覧の画像

 

付属品は非常に充実していてこの価格なら文句の付け所がありません。

 

本体の液晶パネル部分には輸送時の液晶保護フィルムが貼り付けられていますが、普段使い用ではないので、すぐに剥がしましょう。

Didar EVP-302に付いている液晶保護フィルムを剥がしている状態の画像

 

剥がすとこのようにアンチグレアの液晶パネルが現れます。

Didar EVP-302の液晶パネルはアンチグレア

 

カバーには内側に2本溝が切ってあり、モニター設置時に2段階の角度に調整できるようになっています。

Didar EVP-302の付属カバーは2段階で角度調整可能な画像

 

モニターを立てた状態。

手前に飛び出たカバーは折りたためないため、設置面積に限りがある方は『Lepow Z1』のように折り畳めるカバーが付属しているモデルも選択肢の一つに入れても良いかもしれません。

Didar EVP-302を付属のスタンドカバーで立てた状態の画像

 

カバーを外した状態。モニター本体にはロゴや飾りなどは全くなくシンプルなデザイン。

Didar EVP-302のカバーを取り外した状態の画像

 

背面がこちら。

スピーカーは左右非対称に背面に向けて搭載されています。

Didar EVP-302の背面画像

 

下半分は11mmの厚み。上半分は厚みが約6mmと薄型設計です。

Didar EVP-302の厚みは二段階構造

 

メニューボタンは本体に向かって左側に集約されています。

上からOTGポート、+ボタン、メニューボタン、-ボタン、電源ボタンとなります。

Didar EVP-302のメニューボタン部分の拡大画像

 

右側に入力ポートがあります。

上からMini HDMI、TYPE-C入力、USB PD入力、3.5mmイヤホンジャックとなります。

Didar EVP-302の接続ポート部分の拡大画像

 

スタンドカバーの内側。

Didar EVP-302の付属スタンドカバーの質感

 

外側は少しカジュアルなパターン。

Didar EVP-302の付属スタンドカバーの表側の質感はカジュアルな印象

 

こうして見るとシンプルでいい感じ。学生さんが持って歩いていると様になりそう。

Didar EVP-302に付属のカバーを付けた状態の画像

 

Didar EVP-302 の特徴

付属品が豊富

Didar EVP-302の付属品一覧の画像

 

付属品が豊富で、追加でケーブルや電源アダプタを購入する必要がありません。

 

スタンド兼カバーも標準で付属しているため、買ってすぐに使い始める事ができます。

 

はしかん
OTGポートの変換アダプタも付属しているので、スマホやタブレットに有線でキーボードやマウスを接続することもできます。

 

色表現性能は普通レベル 応答速度も問題なし

Didar EVP-302の色域を測定している画像

 

キャリブレーションツールで色域を測定してみました。

結果、sRGBカバー率は66%、NTSC=47%、AdobeRGB=50%、P3=49%となりました。

Didar EVP-302のsRGBカバー率測定結果のグラフ

 

はしかん
ごくごく普通の性能ですね。

 

僕がメインで使っているモニター『DELL U2720QM』と色味を比較したのがこちら。

上がsRGBカバー率100%をほこる『DELL U2720QM』で、下が『Didar EVP-302』です。

パッと見た感じはほとんど差がないように感じますが、よーく見ると色が若干薄いのがわかります。

DELL U2720QMとDidar EVP-302の映像を比較している画像

 

青も少しだけ薄い気がしますが、比較しないとわからないレベルだと思います。

DELL U2720QMとDidar EVP-302の映像を比較している画像その2

 

続いて応答速度のテスト。

今回も息子氏の協力を得て、スイッチを接続してフォートナイトやテトリスをテストプレイしてもらいましたが、全く問題なくプレイ可能でした。

ちなみに付属品のみでスイッチと接続可能でした。

Didar EVP-302にスイッチを接続している状態の画像

 

とにかく安い!

 

こちらのモニターですが、割引きクーポンを使うと1万5千円前後の値段で購入することが可能。

かなり安く購入することができます。

 

標準敵な性能を持っており、付属品も豊富で安いため、「とにかく使えればいい!」という方にとっては選択肢の一つに入れてもいいかもしれませんが、下記のデメリットに十分気をつけてください。

 

 

デメリット

モニター本体の剛性が低すぎる

Didar EVP-302の背面パネルはネジ止め

 

今回ご紹介する『Didar EVP-302』ですが、一般的なモバイルディスプレイと比較して、ボディーの剛性が非常に低いです。

 

はしかん
つまり、簡単によじれるということ。

 

カバンにたくさんの荷物と一緒に入れたりすると、本体が簡単によじれてしまいそうで怖いです。

 

背面パネルもネジ止めになっていて、チープな印象が否めません。

Didar EVP-302の背面パネルはネジ止め

 

品質に問題あり

Didar EVP-302の背面パネルのネジが1本飛び出ている状態の画像

 

細かい部分を観察していて一箇所背面のネジが飛び出ている箇所を発見したため、自分でドライバーで締めようとしたところ、ネジが馬鹿になっていて締めることができませんでした。

 

品質には個体差もあるかと思いますが、せっかく購入した商品がもしこの状態になっていたらそれは悲しいですよね。

 

他のモバイルディスプレイと比較すると重い

Didar EVP-302の重量を測定している画像

 

スペックでも書きましたが、他の一般的なモバイルディスプレイと比較すると結構重いです。

 

本体のみで実測値で945g。カバー込だと1.3kg以上あるので、外出先に頻繁にディスプレイを持ち出して使われる方には向いていません。

 

もっと薄くて軽いモデルをチョイスしましょう。

 

Didar EVP-302 のレビューまとめ

Didar EVP-302を立てた状態の画像

本記事では『Didar EVP-302』をレビューしました。

 

1万5千円前後で購入可能な格安モバイルディスプレイですが、構造や品質に不安が残る製品のため、あまりおすすめできない商品でした。

 

よかったポイント

  • 割引クーポンを使えば、1万5千円前後で購入可能なほど格安で入手可能
  • TYPE-Cケーブル1本での接続やminiHDMIを搭載し、どんな機器にも接続可能
  • 15.6インチFHD(1920 x 1080)非光沢液晶パネルを搭載
  • 豊富な付属品。スタンドにもなるカバーや電源アダプタも付属

 

ちょっと気になった点

  • 品質に問題あり
  • モニター本体の剛性が低すぎる
  • 他のモバイルディスプレイと比較すると重い

 

はしかん
少しでも品質が気になる方や軽さを求める方にはおすすめできないです。

 

モバイルディスプレイは今や多くのメーカーが存在しますが、あえてこの『Didar EVP-302』を選ぶ理由は見つかりません。

メーカーの方にはぜひ、次回製品で挽回してもらいたいなと思います。

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

この記事も読まれています

この記事が良かったらクリックのご協力よろしくお願いします!



ガジェットランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

ガジェットが大好きな会社員。生活や仕事を効率化できるガジェットへの投資は惜しみません。ディスプレイ・イヤホンなどの映像や音が出るものが特に好きです。趣味はランニングと新しいガジェット探し。

-ディスプレイ
-, , , , ,

© 2020 ガジェットランナー