ブラックフライデーのおすすめ商品はこちら

Dell U4919DW レビュー | 32:9!? 視野がほぼ埋まってしまうほど超幅広! 5,120 x 1,440 49インチワイド曲面モニター

評価:4.5

本記事では「Dell U4919DW」をレビューしています。49インチの超横長のワイドモニターで、縦横比32:9 解像度は驚異の5,120 x 1,440!なんとWQHD(2,560×1,440)のモニターを2台並べたのと同じ表示領域を誇るモニターです。実際に使って見た感じたメリットやデメリットをまとめています。

こんにちは。デスク環境を快適にするのにハマっている”はしかん(@hashikan3)”と申します。

いきなりですが、このモニター、想像以上にデカイです!

配送業者の方も手では運べず、台車に乗せて玄関まで持ってきてくれました。で、家に入れるときも片方を持ってもらって家の中へ。

Dell U4919DWの外箱画像
到着直後の「Dell U4919DW」。さてここからどうしよう?と5分くらい固まりました。

この箱、長さがなんと140cmもあります!

この角度から見るとまるで電車の車両のように長く、このまま出発していきそうです。重さも約26kgあり、到底一人で持って運べる重さではありません。

運んだり設置したりするときは必ず2人で作業しましょう。

「Dell U4919DW」の特徴

  • 解像度5,120 x 1,440(32:9) 49インチワイド曲面モニター(3800R)
  • IPS非光沢液晶パネル
  • リプレッシュレート60Hz 応答速度 8 ms (標準); 5 ms (高速)
  • 映像入力はTYPE-C、2 x HDMI、DisplayPortを搭載
  • TYPE-Cポートは最大90Wで電源供給可能
  • PBP(ピクチャバイピクチャ)機能で2画面同時表示可能
Dell U4919DWをロフトベッド下ののデスクに設置した様子の画像
メリット
デメリット
  • 同時に4つウィンドウを無理なく表示できるほどの広大な作業スペースが得られる
  • パッケージが工夫されていて組み立てまでなら1人でも可能(運ぶのは2人必要)
  • 上下左右に加え高さ調整も可能なスタンドが付属
  • PBP機能で2つの異なる入力ソースの画面を同時に表示可能
  • VESAマウントにも対応していてモニターアームでも使える(モニターアームの耐荷重に注意)
  • USBハブ機能を内蔵していて拡張性も十分
  • 横幅が120cmあるので設置するデスクを選ぶ
  • 3.5mmイヤホンジャック非搭載でモニターから音声出力できない
  • FHDやWQHDからのステップアップには最高だが、4Kからの移行の場合は縦の解像度が減るため注意が必要

とにかく横幅が広大すぎて視界がすべてモニターになる感覚を味わえます。

ただ、縦の解像度がそんなに高くないので、4Kモニターからこのモニターに買い換えると縦の短さに不満を覚えるかも。FHDやWQHDからの移行であれば感動しかないと思います。

また、通常の4Kモニターのように文字が細かくなりすぎないので、適度な文字の多きで読みやすさを優先したい方にはピッタリのモニターです。

PBP機能で左にPS4、右にMacBook Airの映像を同時に表示して遊びながらブログを書いている筆者。

それでは『Dell U4919DW』を写真多めでじっくりレビューしていきたいと思います。

動画レビュー

提供品

本記事はデルアンバサダープログラムにより、メーカーのDell様からサンプル品をお借りし作成しています。

タップできる目次

Dell U4919DWの概要

それではDell U4919DW』の概要をチェックしていきましょう。

スペック

詳細スペックはこちら。

ディスプレイサイズ49型ワイド
パネル種類IPS(視野角上下左右共に178°)
表面仕様アンチグレア(非光沢液晶)
解像度DualQHD (5,120 x 1,440)
曲率3800R
リフレッシュレート60Hz
最大輝度(cd/m²)350 cd/m²
応答速度8 ms (標準); 5 ms (高速)
表示色約 10 億 7000 万色
アスペクト比32 : 9
コントラスト比1000 : 1
チルト角度上下 : -5°/ 21°
スウィベール左右 : -170°/ 170°
高さ調整0 ~ 90 mm
VESA規格100 x 100mm
消費電力最大:230W
オンモード:47W
スタンバイモード:0.4W
映像入力HDMI 2.0×2/Display Port 1.4/USB3.0×3(Downstream x 2、Upstream x1)
USB2 x USB 3.0 アップストリームポート
5 x USB 3.0 ダウンストリーム ポート
1 x USB Type-C ポート
本体サイズ高さ:45.86 cm
幅:121.51 cm
奥行き:25.26 mm
本体重量スタンド込み:16.74 kg
スタンドなし:11.40kg
保証期間3年保証

特徴的なのはやはりアスペクト比と画面の大きさ。横幅120cmとデスクを専有するほど幅広なので、視界が全部モニターになります。

はしかん

正に圧巻です。

僕は横幅1800mmの比較的広めのデスクを使っていますが、両サイドに外部スピーカーを設置しているのでこのモニターを設置しただけでそれ以外に何も置けなくなってしまいまいました。

組み立て方、外観と付属品

外箱は長さが140cm、重さ約26kgと超重量級のデカさなので、家に持ち運ぶのも開梱設置も1人ではほぼ無理です。

Dell U4919DWの外箱が玄関に置いてある様子の画像

動かすのがめちゃくちゃ大変なので、息子氏に手伝ってもらってそのまま玄関で開梱して組み立てました。

はしかん

本当は日中に撮影しながら開けたかったのですが、動かせないし邪魔なので仕方なく夜に照明焚いて撮影しました。

パッケージが非常によく考えられていて、各付属品が収納されている部分の扉に番号が記載されていて、その順番通りに付属品を取り出して組み立てていけば完成するようになっています。

Dell U4919DWのパッケージを開いた直後の画像

最初にスタンドを取り出します。

Dell U4919DWのスタンドの画像

組み立ては工具いらず。手でネジを締めます。

Dell U4919DWのスタンドは底面に回転するプレートが内蔵されている

付属品が入っている上段のダンボールの下にモニター本体が背面を上にして収まっています。

Dell U4919DWの背面のVESAマウント部分の画像

組み立てたスタンドをネジ止めしたら組み立ては完成。

Dell U4919DWのスタンドをモニター本体に取り付けた状態の画像

持ち上げるときも持ち手部分にちゃんと絵が書いてあるので非常に分かりやすいです。

Dell U4919DWを持ち上げる状態の画像

2人でゆっくり持ち上げて起こします。

Dell U4919DWを2人がかりで持ち上げている画像

できたー!ホッと胸を撫で下ろした瞬間です。

Dell U4919DWを箱から取り出した直後の画像

あとはモニターを包んでいる発泡スチロールやカバーを外せば完成です!

はしかん

かなり工夫されたパッケージのおかげで組み立ては想像以上に楽でした!

付属品はこちら。

付属品一覧
  • スタンド(台座、支柱、モニターへの固定用ネジ4本)
  • HDMI ケーブル 1本
  • DPケーブル 1本
  • USBケーブル 1本
  • TYPE-Cケーブル 1本
  • 電源ケーブル 1本
  • クイックスタートガイド
  • カラーキャリブレーションレポート
Dell U4919DWの付属品の画像
Dell U4919DWのスタンドの画像

スタンドの組み立ては手でネジを締めるだけなので簡単です。また、台座の下には丸い回転式のプレートが内蔵されており、モニターの向きを回転できるようになっています。

Dell U4919DWのスタンド底面の画像

Dell U4919DW』の全景がこちら。

Dell U4919DWの全体像
はしかん

本当にデカイ!の一言。

背面は全体的に丸みを帯びたデザイン。

Dell U4919DWの背面画像

中央部分にDellのロゴがあります。

Dell U4919DWの背面ロゴ部分の画像

正面から見ると幅の広さがよくわかります。27インチモニター2枚分の大きさです。

Dell U4919DWを正面から撮影した画像

スタンドは高さが自由に変えることが可能で、この高さが一番上の状態。

一番下まで下げるとここまで下がります。9cmほど調節幅が確保されています。

Dell U4919DWを一番低くした状態を正面から撮影した画像

横から見るとこんな感じ。

Dell U4919DWを一番高くした状態を側面から撮影した画像
Dell U4919DWを一番低くした状態を側面から撮影した画像

チルト角度は−5°から+21°と結構幅広く調整できます。自分の目線に合わせて調整できるので、セッティングがビシッと決まったときは没入感がすごいです。

Dell U4919DWのチルト角を一番下向きにした状態の画像
Dell U4919DWのチルト角を一番上向きにした状態の画像

モニターのセンター部分にDellのロゴマーク。

使っていても全く気にならない大きさです。

Dell U4919DWのベゼル中央下部にあるロゴ部分の画像

モニター右側の下に電源ボタンとメニューボタンがあります。

モニター本体が重いので、ボタンを押してもモニターが持ち上がったりせず操作性は良好でした。

Dell U4919DWのメニューボタンの画像

モニタースタンドにはケーブルを通すための穴が設けられています。

Dell U4919DWのスタンド部分に空いたケーブル穴の画像

モニター本体は若干厚めに造られているためしっかりとした剛性感があります。

Dell U4919DWのフレーム部分の画像

中央部の厚みは実測値で3.3cmあります。

モニターライトを使う場合はこの厚みに対応したものを購入しましょう。

Dell U4919DWを真上から撮影した画像

僕は「Xiaomi Mijia」というモニターライトを使っていますが、ギリギリで取り付けできました。

Dell U4919DWを斜め下からのアングルで撮影した画像

これ、明るさや色温度を調整できるリモコンがワイヤレスなのがお気に入りポイント。

明るさも十分だし値段も5000円前後と安く買えるのでおすすめです。

Amazon等では販売されていないため、僕はBanggoodで購入しました。

僕が購入したものと全く同じもののリンクを置いておきますので気になった方はチェックしてみてください。10月16日に注文して、24日に届いたので、実質8日で届いたことになります。思ったより速く届いてよかったです。

スタンド部分の台座部分はかなり大きめでしっかりとした造り。安定感抜群です。

Dell U4919DWのスタンド台座の拡大画像
Dell U4919DWのスタンド台座の拡大画像

接続ポートは背面にあります。映像入力はHDMIポートが2つ、DPポートが1つ、TYPE-Cポートが1つの3種類に対応。

USBポートも豊富で、同時に2台のPCに接続できるようアップストリームが2系統あります。ダウンストリームは合計5つのUSBポートを搭載しています。

Dell U4919DWの接続ポート部分の画像

モニター左下部のアクセスしやすい部分にUSBポートが2ポート付いています。

Dell U4919DWのフレーム左側下部にあるUSBポートの画像

かなりの重量があるため、スタンドの固定はネジ式になっています。

Dell U4919DWの背面のスタンド固定部分の拡大画像

VESAにも対応しています。100mm x 100mm、200mm x 100mmの2種類に対応。

スタンドを除いたモニター本体の重量が11.4kgあるので、それに耐えられるものであればモニターアームでも使用できます。

Dell U4919DWのVESAマウント部分の拡大画像

実際にデスクに設置してみました。

僕のデスクはロフトベッド下なんですが、この閉塞的な空間に横幅120cmもあるモニターを設置すると、もう秘密基地感がヤバいです(笑)

Dell U4919DWをデスクに設置した状態の画像
はしかん

こんなモニター、ロマンしかないやん。

僕は「かなでもの」の横幅180cm、奥行き70cmのデスクを使っていますが、両側にスピーカーを置いてジャストフィットしました。

Dell U4919DWをデスクに設置した状態の画像

設置後も自由に回転させられるので、後ろで配線作業したい時も比較的ラクに作業できます。

Dell U4919DWをデスクに設置した状態でモニターを回転させた画像

チルト角の調整幅が広いのも何気に便利。ちゃんと目線に合わせて角度調整すると、曲面モニターということもありコックピット感を演出できます。

ベゼル幅は左右、上部共に丁度1cmでした。薄くもなく広くもなくという感じです。

Dell U4919DWのモニター左下部分のベゼル幅の画像

色域はsRGBカバー率95%で十分な色表現力

Dell U4919DWの色域を測定している画像

カラーマネジメントツールを使ってDell U4919DW』の色域を測定しました。

結論から言うと、必要にして十分な色表現力を備えているモニターであることがわかりました。

Dell U4919DWのsRGBカバー率の測定結果
sRGBカバー率は95%。
Dell U4919DWのNTSCカバー率の測定結果
NTSCは65%。
Dell U4919DWのAdobeRGBカバー率の測定結果
AdobeRGBは70%。
Dell U4919DWのP3カバー率の測定結果
P3は70%。

sRGBの色域はほぼカバーしていますので、一般的な用途であれば全く問題なく使用できます。AdobeRGBのような緑方向の表示性能は「普通」と言ったところ。

はしかん

プロユースではないですが、動画編集や写真現像にもバッチリ使えます。

実際に使ってみた感想

優れたパッケージで組み立て楽ちん

Dell U4919DWにスタンドを取り付けた直後の画像

箱の大きさのインパクトにやられてしまい、一人では到底組み立てられないのではないかと心配してしまったのですが、実際には組み立てまでは一人でも可能でした。

梱包を開けてみると分かりやすい図解がプリントされていますし、パーツが収まっているところの蓋に開ける順番がナンバリングしてあり、想像以上に簡単に組み立てることができました。

ただ問題は組み上がったモニターを運ぶとき。

大きさもさることながら、スタンドを含めた重量が16kg以上もあり、一人で運ぶのは危険です。

Dell U4919DWを2人がかりで箱から取り出している様子の画像

デスクに乗せるときは必ず2人で作業を行いましょう。

また、デスクに載せた後に位置を微調整するのも結構大変だったので、事前にちゃんと位置決めして周りを整理してデスクに乗せることをおすすめします。

目の前が全てディスプレイに! 動画編集や複数ウィンドウでの作業に最適

Dell U4919DWで動画編集をしている様子の画像

実際にデスクに置いて電源を入れた瞬間に目の前全てがディスプレイになって、今まで感じたことのない没入感を感じました。

ここまで幅広なディスプレイを使うのは初めてだったので、どのように感じるか楽しみでしたが、第一印象は尋常ではない広大な表示領域に驚きを隠せませんでした。

特に、複数のウィンドウを同時に開いて実施する作業や、動画編集時にこのモニターは威力を発揮します。

単純に通常のモニター2枚分の表示領域があるので、ウィンドウ3つあるいは4つなら普通に同時表示できてしまいます。

Dell U4919DWでブログとYoutubeを見ながらLightRoomで写真現像している様子の画像
はしかん

この広大な表示領域はこのモニターでなければ味わえないですね。

動画編集時も広い範囲のタイムラインを表示できますし、ビデオスコープやイコライザーやコンプレッサーのサブ画面を沢山開いても有り余るほどの表示領域があり、作業が捗ります。

レースゲームをやってみたらハンパない臨場感で感動!

Dell U4919DWでPC版アセットコルサをプレイしている様子の画像

僕、レースゲームが好きなんですが、このモニターでPC版 Assetto Corsa(アセット・コルサ)をやってみたところとてつもないスピード感でビックリ!

横幅が広いので、至近距離で流れていく風景のスピード感が尋常ではなく、通常の16:9のモニターでは味わえない感覚を得ることができます。

ただ、リフレッシュレートは最大でも60Hzなので、高リフレッシュレートでのプレイが必須の方には向いていません。とは言え60Hzでも十分すぎるほどの滑らかさとスピード感で、これはレースゲーム専用モニターと言っても良いほどの臨場感を味わえます。

はしかん

これ、ハンコンがめっちゃ欲しくなります…。

90WのTYPE-C給電対応でMacBookのクラムシェルモードもバッチリ使える

Dell U4919DWとMacBook Airを接続してクラムシェルモードで使用している様子の画像

MacBookをデスクトップPCのように使えるモードが「クラムシェルモード」です。

MacBookと『Dell U4919DW』を付属のTYPE-Cケーブル1本で接続すれば、モニターへの映像・音声出力と同時にMacBook本体への電源供給が可能です。この状態からMacBookを閉じればMacBookをデスクトップPCのように使うことができます。

外出先ではMacBookで作業を行い、自宅に戻ったらTYPE-Cケーブルを1本だけ接続してDell U4919DW』の広大な作業スペースを使って作業を行う。

そんな便利な使い方を実現してくれます。

はしかん

一度この使い方を体験すると便利すぎて元に戻れなくなってしまいます。

ピクチャバイピクチャ機能で2つの入力ソースからの映像を同時に表示可能

Dell U4919DWのPBP機能でPS4とMacBook Airを接続して同時に映像を投影している様子の画像

このDell U4919DW』は27インチのWQHD解像度(2560×1440)のモニターを2つ連結したのと全く同じ表示領域を備えています。

これを活かした表示機能が「ピクチャバイピクチャ」略して「PBP」機能で、2台の異なる入力ソースの映像を左右に分けて同時に表示することができる機能です。

Dell U4919DW』の入力ポートはHDMIが2ポート、DP、TYPE-Cの合計4つあり、これを自由に組み合わせて表示させることが可能です。

これを使えば、右側にPCの映像、左側にPS4の映像を出して、YouTubeの攻略動画を見ながらゲームをするとか、YouTubeの撮影時に右半分をカメラ映像のモニターとして使い、左半分にPCの映像を出して台本として使ったり、正に2台分のモニターとして稼働させることができます。

はしかん

2台モニターがほしいけどデスク上はスッキリさせたいという方にピッタリの使い方ですね。

Dell U4919DWのデメリット

3.5mmイヤホンジャック非搭載

イヤホンジャックが…。ない…。

僕が唯一このモニターに不満を感じる点がこれ。

僕は外部スピーカーを持っているので、スピーカーを搭載していない点は全く問題ないんですが、音声も同時に入力できるHDMI入力やTYPE-C入力といったポートを備えておきながら、なぜ音声出力がないのか?が疑問です。

3.5mmイヤホンジャックがあれば、PCからHDMIケーブルでモニターに出力した音声を、3.5mmイヤホンジャックから外部スピーカーのAUXに接続し、外部スピーカーの入力切り替えだけで外部スピーカーに出力できるので非常に利便性が上がります。

PCに搭載されている3.5mmイヤホンジャックに直接外部スピーカーを接続したり、PCにUSBDACを接続してそこから外部スピーカーに出力するなど、少し工夫すれば良いのですが、正直面倒。

音声系を切り離して考えられる方には特に影響はなさそうですが、何らかの形でモニターと音声を連携させたい方にとっては注意すべき点です。

Dell U4919DW のレビューまとめ

本記事ではDell U4919DW』をレビューしました。

49インチ、アスペクト比32:9という超横長ワイドモニターで、解像度は驚異の5,120 x 1,440を誇ります。

HDMIやDP、TYPE-C入力に対応しており、同時に沢山のウィンドウを開いて作業を行う方や、レースゲーム好きの方におすすめのモニターです。

27インチモニターを2つ並べたのと同じ表示領域を持つこのモニターの特徴を活かしたPBP機能も搭載しており、同時に2つの入力ソースからの映像を左右に並べて表示させることも可能。

「Dell U4919DW」の特徴

  • 解像度5,120 x 1,440(32:9) 49インチワイド曲面モニター(3800R)
  • IPS非光沢液晶パネル
  • リプレッシュレート60Hz 応答速度 8 ms (標準); 5 ms (高速)
  • 映像入力はTYPE-C、2 x HDMI、DisplayPortを搭載
  • TYPE-Cポートは最大90Wで電源供給可能
  • PBP(ピクチャバイピクチャ)機能で2画面同時表示可能
メリット
デメリット
  • 同時に4つウィンドウを無理なく表示できるほどの広大な作業スペースが得られる
  • パッケージが工夫されていて組み立てまでなら1人でも可能(運ぶのは2人必要)
  • 上下左右に加え高さ調整も可能なスタンドが付属
  • PBP機能で2つの異なる入力ソースの画面を同時に表示可能
  • VESAマウントにも対応していてモニターアームでも使える(モニターアームの耐荷重に注意)
  • USBハブ機能を内蔵していて拡張性も十分
  • 横幅が120cmあるので設置するデスクを選ぶ
  • 3.5mmイヤホンジャック非搭載でモニターから音声出力できない
  • FHDやWQHDからのステップアップには最高だが、4Kからの移行の場合は縦の解像度が減るため注意が必要
はしかん

この広大な表示面積を1度でも味わってしまうと、もうこれ以外のモニターを使えない体になってしまいそうです…。

この記事が少しでも検討の際の参考になればうれしいです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

動画レビュー

Amazonブラックフライデー開催中!

Amazonブラックフライデーは12/2[木]23時59分まで!
はしかん
今年のブラックフライデーはなんと7日間!その間毎日ビッグサプライズセール品が登場するため目が離せません!

狙った商品はほしい物リストに入れて絶対に見落とさないようにしたいところ!

はしかん
最大50,000ポイントが当たるスタンプラリーやポイントアップキャンペーンなど、知らないと損する内容が盛りだくさんです!

\ 最大8%ポイント還元 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる