【Shokz OpenMove レビュー】1万円で体験できる! 骨伝導ワイヤレスイヤホンのエントリーモデル

評価:4

本記事では、AfterShokzの骨伝導ワイヤレスイヤホン『OpenMove』をレビューしています。上位モデル「Aeropex」と同じチップを採用しながらも価格を1万円以内に抑えた骨伝導デビューに最適なワイヤレスイヤホンです。

こんにちは。ランニングするときのイヤホンは骨伝導派のハシカンです。

今回ご紹介する『Shokz OpenMove』は、初めて骨伝導イヤホンを導入される方に最適な「骨伝導エントリーモデル」と言っても過言ではない商品です。

AfterShokz OpenMove を手に持った状態の画像
骨伝導イヤホンとは?

空気の振動ではなく、頭蓋骨に振動を与え、内耳に直接音を届ける方式のイヤホンのことです。

再生する音楽と周囲の環境音を同時に聞くことができるため、ランニングやサイクリングなどのアクティビティーを安全に楽しむためのアイテムとしても非常に人気です。

はしかん

僕も市民ランナーのはしくれですが、骨伝導を体験してからはランニングするときは常に骨伝導ワイヤレスイヤホンを使うようになりました。

骨伝導ワイヤレスイヤホンのメリット
  • 後ろから迫ってくる車にほぼ100%気付ける
  • イヤホンを落とす不安から開放される
  • 有線イヤホン利用時のカチャカチャ音が全くしない
  • 音量調整や曲送りなどの操作が走りながら簡単にできる

同社の上位モデル『Shokz Aeropex』とも比較してみましたので骨伝導ワイヤレスイヤホンをご検討の方の参考になればうれしいです。

本記事はメーカー様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

ブランド名が変わりました

2021年12月29日に旧ブランド名「AfterShokz」から新しいブランド名「Shokz」になりました。

「Shokz」の方が覚えやすいし呼びやすくて良いですね!

タップできる目次

Shokz OpenMove の概要

それではShokz OpenMove』を詳しく見ていきましょう。

従来モデルの性能はそのままに、コストを大幅に抑えることでより手に届きやすくしたShokz OpenMove』。

はしかん

これまで骨伝導に躊躇していたユーザーの望みを叶えてくれる高コスパ骨伝導ワイヤレスイヤホンです。

スペック

詳細スペックはこちら。

ブランドShokz
商品名OpenMove
型番AS660
スレートグレー、アルパインホワイト、エレベーションブルー、ヒマラヤンピンク の4色(前2色を筆頭に順次展開)
装着方式骨伝導ワイヤレス方式
BluetoothバージョンBluetooth 5.0
対応プロファイルA2DP, AVRCP, HSP, HFP
周波数特性20Hz~20KHz
バッテリー持続時間最大6時間
バッテリー充電時間2時間
大きさ(ケース)幅 11.0cm x 奥行 13.3.0cm x 厚み 4.6cm
重さ29g
防水機能IP55等級
(あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない)
保証期間2年間

低コストながらBluetooth5.0に対応し、6時間の連続再生を実現するとともに29gの軽量ボディーに仕上げることに成功しています。

さらにIP55の防水性能をもっているため、ランニング時の汗や突然の雨でも安心して使うことができます。

はしかん

充電ポートが汎用性の高いTYPE-Cポートである点もGoodポイント!

カラバリは4色あり、2020年9月に発表された時点ではスレートグレーとアルパインホワイトの2色が先行して発売されました。

2021年1月に新色のエレベーションブルーとヒマラヤンピンクの2つのバリエーションが追加され、合計4色となりました。

AfterShokz OpenMove のカラーバリエーションは4色
はしかん

どの色も爽やかで良い感じ!

Shokzの他のモデルとの比較

各モデルの比較

スクロールできます
モデル OpenRun Pro
OpenRun Pro
OpenMove
OpenMove
OpenComm
OpenComm
Aeropex
Aeropex
Aeropex Play
Aeropex Play
位置付けフラッグシップエントリービジネスフラッグシップ子ども用
Bluetooth
バージョン
5.15.05.05.05.0
バッテリー持続時間10時間6時間16時間8時間8時間
重さ29g29g33g26g25.2g
防水性能IP55IP55IP55IP67IP67
保証期間2年2年2年2年2年
標準価格23,880円9,999円19,998円19,998円19,998円
レビュー記事記事を見る記事を見る記事を見る記事を見る記事を見る
Shokz骨伝導ワイヤレスイヤホンのモデル比較表

Shokz OpenMove』はエントリーモデルの立ち位置です。

バッテリーの持ち時間が少し短めですが、それでも6時間持つのであまり気にはなりませんね。それよりも他のモデルと比較して費用を1/2に抑えられるのは嬉しいポイントです。

はしかん

骨伝導ワイヤレスイヤホンが初めての方や、なるべくコストをかけたくない方にピッタリのモデルです。

外観と付属品

まずは外箱からチェック。

クリアケースで中身が見えるタイプのパッケージ。

AfterShokz OpenMove の外箱画像
付属品一覧
  • OpenMove  Bluetooth ヘッドホン本体
  • 収納ケース
  • TYPE-C充電ケーブル  1本
  • イヤープラグ(耳栓)
  • ユーザーガイド(日本語を含む12言語対応)
  • 保証書(2年保証)
AfterShokz OpenMove の内容物一覧画像
はしかん

価格を安く抑えているにも関わらず、普段使いに便利なキャリングポーチはもちろん、イヤープラグ(耳栓)までしっかり付属していて満足度は高いですね。

続いてイヤホン本体を見てきます。

今回レビューしたのは4色あるカラバリのうち「スレートグレー」という色。一番シックな色のモデルです。

AfterShokz OpenMove の全体を斜め上から見た画像

全体的にマットな質感ですが、サイドに入っているラインには艶があってポップな印象。

ちなみに赤いのは新品時に貼ってある保護フィルムなので剥がすとなくなります。

保護フィルムの下にある部分が、再生・停止、曲送りなどに使うマルチボタンになっています。

AfterShokz OpenMove のマルチボタン付近の拡大画像

真上から見るとこのような形状になっています。

音を伝える振動部とコントローラー部分がネックバンドで繋がって一体になっている構造です。

最近主流の完全ワイヤレスイヤホンのように左右が独立していないので、運動中に落としてしまう心配もありません。

AfterShokz OpenMove を真上から見た画像

右側真横からみた状態。

本体下に見えるでっぱりがボリュームコントロールボタンと電源です。

AfterShokz OpenMove を真横から見た画像

音量の+ボタンと電源ボタンが兼用となっており、長押しすると電源がONになります。

その右側に見えるのが充電ポートです。

AfterShokz OpenMove の音量調整ボタンの画像

防水カバーを開くとTYPE-Cコネクターが現れます。

AfterShokz OpenMove の充電ポートはUSB TYPE-Cポート

充電中は本体のLEDが赤く点灯し、満充電になると青点灯に変わります。

AfterShokz OpenMove に充電中はLEDが赤く点灯する

続いて音を伝える振動部分。

ここが耳の前側の頭蓋骨部分にフィットして音を伝えます。

AfterShokz OpenMove の振動部の内側の画像

通話に使うマイクは2か所についており、ひとつは右側振動部の下にあります。小さい黒い穴がマイク穴。

AfterShokz OpenMove 下側マイクの画像

同じく右側の上側にもついており、通話でもクリアな音声を届けることが可能です。

AfterShokz OpenMove の上側マイクの画像

耳に直接あたる部分はカーブを描いており、長時間つけていても痛くなりにくい形状です。

AfterShokz OpenMove の本体内側部分の画像

付属の充電ケーブルはTYPE-A – TYPE-C ケーブル。

すでにTYPE-Cで統一されている方であれば既存ケーブルも使えるのでうれしいですね。

AfterShokz OpenMove に付属の充電ケーブルの画像

マニュアルはもちろん日本語対応。

AfterShokz OpenMove のマニュアルは日本語対応

付属のケースは表面が防水加工されたしっかりしたもの。

AfterShokz OpenMove のキャリングポーチの画像

表面はマットな感じですが、ゴムっぽい素材で防水性がある生地が使用されています。

AfterShokz OpenMove のキャリングポーチの表面画像

イヤホンを収納するとこのような感じになります。

AfterShokz OpenMove のキャリングポーチに本体を収納した状態の画像

重さと大きさ

大きさは手のひらサイズ。

左右一体型なので完全ワイヤレスイヤホンと比較すると少しかさ張りますが、思ったよりコンパクトな大きさ。

AfterShokz OpenMove を手のひらに乗せた状態の画像

重さは29.1g。

上位モデル『Shokz Aeropex』と比較しても3gの増に抑えられています。

AfterShokz OpenMove の重量を計測している画像

Aeropex と OpenMove の大きさ比較

上位モデル『Shokz Aeropex』と大きさを比較してみました。

左が『Shokz Aeropex』、右が今回ご紹介のShokz OpenMove』です。

形状はほとんど一緒ですが、振動部やネックバンド部分などが少しずつ大きいので、若干大きめに見えます。

AfterShokz OpenMove の重量を計測している画像

一番大きな違いはイヤーフック部分の形状です。

耳に合うかどうかは個人差もありますが、私が使ってみた限りでは1時間のランニング程度では全く痛くなることはありませんでした。

左側の『Shokz Aeropex』についているマルチボタンは、右のShokz OpenMove』にも付いており、振動部にあるライトグレーのラインがボタンになっています。

AfterShokz OpenMove と Aeropexを並べて横から見た画像

音量調整ボタンの配置も全く一緒です。

違いは充電ポートと音量操作ボタンの配置が入れ替わっているくらい。

AfterShokz OpenMove と Aeropexを重ねて下側を比較した画像

大きさや使用感はほぼ上位モデルの『Shokz Aeropex』と同等なので、あとはデザインと価格で選ぶのも良いかもしれません。

AfterShokz OpenMove と Aeropexを重ねて斜めから見た画像

装着した際の見た目

実際にShokz OpenMove』を装着してランニングしてみました。

装着感としては、耳の前の部分を軽く挟まれている感じで、圧迫感は皆無です。

AfterShokz OpenMove を装着した状態を横からみた画像
はしかん

周囲の音も普通に聞こえるので、閉塞感もゼロ!

装着時の見た目も良い感じ。

製品自体のデザインが良いので、ランニングのようなアクティビティーからビジネス用途まで幅広く使えそうです。

AfterShokz OpenMove を装着した状態を斜め前から見た画像

音質をチェック

骨伝導の良さを十分に味わえる音質 テレワークにも最適

AfterShokz OpenMove の右側振動部の拡大画像

上位モデルの『Shokz Aeropex』と聞き比べてみたところ、僕個人の感想としてはやはり上位モデルの『Shokz Aeropex』のほうが少し音がクリアーに感じました。

何度も付け替えながら比較しましたが、振動部の形状が違うので、骨への振動部の当たり方が少し変わるみたいで、この「当たり方の違い」が音質の違いを発生させている原因なのではないかと感じました。

はしかん

当たり方によって結構音質が変化するので、人によってはOpenMoveのほうが当たり方が良くてクリアーに聞こえる場合もありそう。

ちなみに、骨伝導イヤホンってなんとなく音質が悪いイメージをお持ちではありませんか?

僕も以前はそうだったんですが、実際に聞いてみると想像以上に音質が良いことに驚きました。

はしかん

音質が求められる音楽鑑賞だけではなく、骨伝導は人の声が一番よく聞こえるのでテレワークでのWEB会議にも使え、活用の幅は広いですね!

3種類のイコライザーモード搭載

Shokz OpenMove』には3種類のプリセットされたイコライザー機能が搭載されています。

3つのイコライザーモード音質の特徴
スタンダードモードフラットな音質で一番バランスが良いモード
ボーカルモード低音と高音を少し抑えて人の声がよく聞こえるモード
イヤプラグモード低音を一段と抑えて耳を塞いでいる状態でちょうどよいモード

ボリュームの+と-を同時に押すことで、順番に切り替えることが可能です。

はしかん

普通に音楽を聴くときはスタンダードモード、WEB会議のときはボーカルモードにすると聞き取りやすくなっておすすめです!

Shokz OpenMove の良かったところ

押しやすいボタンで操作性はかなり良い

AfterShokz OpenMove と Aeropex を並べた状態の画像
左はAaeropex、右がOpenMove。同じ位置にマルチボタンがあり、操作方法は全く同じ。

左側の振動部にあるライトグレーのラインが「マルチボタン」になっていて、曲送りや曲戻しなどのコントロールが可能です。

マルチボタンでの操作
  • 曲の再生・停止:1回押す
  • 曲送り:2回押す
  • 曲戻し:3回押す
  • 電話を受ける・切る:1回押す
  • 音声アシスタントを呼び出す:2秒間長押し
  • 通話拒否:着信中に2秒ほど長押し

右側下部にはボリュームコントロールボタンがあり、直感的な操作が可能です。

はしかん

ランニング中に音量操作したいときって結構あるので、ボリューム調整できるのはかなりの高評価ポイント!

type-cで充電できるのは便利

AfterShokz OpenMove の充電ポートの画像

Shokz OpenMove』の充電ポートはTYPE-Cポートなので、付属のTYPE-C充電ケーブルはもちろん、お手元にお使いのTYPE-Cケーブルがあればそれも使えます。

上位モデルの『Shokz Aeropex』はマグネット式で充電が楽な反面、専用品なので自宅用、会社用と使い分けたり、消耗して交換したい場合も別途専用品を購入する必要があるので、すこし心配。

AfterShokz Aeropexの充電ポートの画像

手軽に充電できて安心です!

IP55の防水性能で汗や突然の雨にも安心

AfterShokz OpenMove と Garmin VENU を水洗いしている様子の画像

IP55相当の防水性能を持っているため、運動中の汗や突然の雨でも全く問題ありませんし、水洗い可能なのでガジェットを常に清潔に保ちたい方にもピッタリです。

はしかん

僕もランニング後はGPSウォッチもイヤホンも全部じゃぶじゃぶ洗います。ガジェットは常にピカピカの状態じゃないと気が済まない僕のような潔癖症の人には防水性能は必須です笑

Shokz OpenMove のデメリット

ボリュームコントロール時の操作音が大きめ

AfterShokz OpenMove のボリュームボタンの画像

特に、イコライザーをイヤプラグモードにしているときに感じたのですが、小音量で聞いているにも関わらずボリュームの操作音が小さくならず、+ボタンや-ボタンを押す度に「ポッ!」とかなり大きめの音が耳を突き刺します。

はしかん

通常モードだとあまり気にならないのですが、静かに音楽を聴きたいときに使うはずのイヤプラグモードでこの突き刺さる操作音はなんとかしてほしかったところ・・。

まとめ

Shokz OpenMove』は、骨伝導イヤホンを初めて購入される方にぴったりの高コスパ骨伝導ワイヤレスBluetoothイヤホンです。

ランニングやサイクリングなどの運動にはもちろん、WEB会議などのお仕事にも十分使える性能を持ったガジェットです。

『Shokz OpenMove』はこんな方におすすめ
  • 骨伝導イヤホンを検討中だが、今まで高くて購入を迷っていた方
  • 骨伝導イヤホンを手軽に試してみたい方
  • ランニング中に危険な目にあったことがある方
  • イヤホンのカチャカチャ音から解放されたい方

僕はここ最近、ランニングをするときは必ず骨伝導ワイヤレスイヤホンを使っています。

そよ風や鳥のさえずりに少しだけお気に入りの音楽というスパイスを加えて、風を感じながらのランニング。

はしかん

めっちゃ気持ちいいです!

一度オープンイヤー型の骨伝導ワイヤレスイヤホンを付けたランニングを味わうと、その解放感の虜になること間違いなしです。

いつもGPSランニングウォッチ『Garmin VENU』と骨伝導イヤホンを組み合わせて使っています。

はしかん

この組み合わせが僕の中の最強タッグです!

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

忘れていませんか?

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!
チャージ金額に応じてポイントアップ!

\ 知らないと損! /

プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる