Innergie C6 Duo レビュー|究極にシンプルな白い充電器 Max63W出力可能でUSB-C 2ポート搭載

評価:4

本記事では究極にシンプルで真っ白な63W充電器『Innergie(イナジー) C6 Duo』をレビューしています。一番の特徴はその見た目。今まで見た充電器の中で、デザインが一番シンプルかつ真っ白。充電性能ももちろんバッチリで、真っ白いインテリアやとにかく白い物が好きな方におすすめの充電器です。

こんにちは。モノトーンが落ち着く”はしかん(@hashikan3)”と申します。

スマートデバイスやガジェットが溢れかえるこのご時世。

当然それらを充電するための「充電器」も様々な種類があり、世の中に溢れかえっています。

そんな中、本記事でご紹介する『Innergie C6 Duo』はちょっと特徴的な充電器です。

Innergie C6 Duo を斜め上から撮影した画像

Innergie C6 Duo の特徴

  • デザインが究極にシンプル
  • 真っ白!
  • USB- C を2ポート搭載
  • 最大63Wの出力
はしかん

ここまでシンプルなデザインの充電器は初めて見ました!

メリット
デメリット
  • TYPE-Cを2ポート搭載しており汎用性が高い
  • 最大63Wの高出力でMacBook等への急速充電に対応
  • デザインがかわいい
  • ケーブルが別途必要
  • 少し重い

本記事ではそんな『Innergie C6 Duo』を写真多めでじっくりレビューしていきたいと思います。

提供品

本記事はメーカーのデルタ電子様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

気になるところまで読み飛ばす

タップできる目次

Innergie C6 Duo の概要

それでは『Innergie C6 Duo』の概要をチェックしていきましょう。

スペック

詳細スペックはこちら。

ブランドInnergie(イナジー)
商品名Innergie C6 Duo
ホワイト
大きさ幅 56mm x 高さ 47mm x 厚み 30.4mm
重さ140g
AC入力100-240V AC / 1.6A 50-60 Hz
USB-C出力5V DC/ 3A; 9V DC/ 3A; 12V DC/ 3A; 15V DC/ 3A; 20V DC/ 3A; PPS 5V-11V/3A
合計出力63W (Max.)
対応充電規格PD3.0(PPSも対応)、QC4.0
コンセント折りたたみ式
保証期間2年間
はしかん

最大63Wの出力でMacBook Air などの急速充電デバイスにも対応しています。

Innergie C6 Duo の充電組み合わせを表すgif動画
出典:Innergie C6 Duo マルチ充電器 | Innergie(https://myinnergie.jp/en/product/innergie-c6-duo

2台接続した場合は自動的に最適な出力に配分し、効率的に急速充電可能。

はしかん

僕も外出先でMacBook AirとiPad Airを同時に使うことが多いんですが、そんなマルチデバイスな方にも必要にして十分な性能!

デルタ電子について

デルタ電子は本社を台湾に置く世界でも指折りの電源メーカーで、電子部品など様々な分野で実績があります。日本にもDelta Japanという日本法人を設立しており、「Innargie(イナジー)」は同社の製品ブランドとなります。

外観と付属品

Innergie C6 Duo』の外箱。

Innergie C6 Duo の外箱画像

内容物は本体と取扱説明書のみ。

内容物一覧
  • Innergie C6 Duo 本体
  • 取扱説明書
Innergie C6 Duo の内容物一覧

説明書は日本語にも対応しています。

Innergie C6 Duo の取り扱い説明書

Innergie C6 Duo』の本体。

Innergie C6 Duo の真っ白な本体

ご覧のとおり真っ白。側面中央にInnergie(イナジー)のロゴ。

Innergie C6 Duo をロゴが入っている側面を撮影した画像
はしかん

白いモノ好きな方にはたまらない充電器なんでは?

充電ポートはTYPE-Cが2ポートのみ。電源ON時のLEDなどは搭載していません。

Innergie C6 Duo のポート部分の拡大画像

コンセントは折りたたみ式。折りたたんだ状態だとコンセントの溝が2本あるのみで、究極にシンプルです。

ちなみに、コンセントを出したり折りたたんだりするときの硬さが柔らかめで丁度良いです!時々すごく固くてコンセントを出すのに少し力が必要なモノもありますが、これなら女性でも軽い力で出し入れ可能。爪が痛む心配もなさそうです。

Innergie C6 Duo のコンセント部分の拡大画像

底面に各種認証アイコン等が並んでいますが、もちろんPSEマークも取得されていて安心して利用可能です。

Innergie C6 Duo 底面部分の拡大画像

充電ケーブルは別売りなので、好きなケーブルを別途揃えましょう。

おすすめは真っ白いこちらのケーブル。

Innergie C6 Duo にあうケーブルと一緒に撮影した画像

重さと大きさ

大きさはかなり小さい部類に入ります。小さいがゆえに手に乗せると少し重みを感じるほど。

Innergie C6 Duo を手に持っている状態の画像

クレジットカードよりも小さいサイズ。持ち運びも楽ちんです。

Innergie C6 Duo をクレジットカードと大きさを比較している状態の画像

同じ60Wクラスの充電器と大きさを比較してみました。

左から、60Wの「Anker PowerPort Atom PD2」、65Wの「UGREEN PD充電器 65W GaN 4ポート充電器」、本記事でご紹介する『Innergie C6 Duo』、そして一番右が『TUNEMAX 66W GaN』。

MacBook Air、iPad Air 4、iPhone 12 Pro Maxの上に『Innergie C6 Duo』を重ねてみました。

かなりコンパクトなので、大きさに不満を感じることはないでしょう。

Innergie C6 Duo をMacBook Air、IPad Air 4、iPhone 12 Pro Maxと大きさを比較している画像

重さは138.9gで、見た目が小さいだけに若干重く感じます。

Innergie C6 Duo の重さを計測している画像

持ち運びに困るような重さではありませんでしたが、軽さを求める方には向いていません。

充電性能をチェック

iPhoneやAndroidスマホ、MacBookやiPad、そしてNintendo Switchを充電してみました。

MacBook Airへの充電

Innergie C6 Duo でMacBook Air に充電したときの出力を計測している画像

まずはMacBook Airへの充電テスト。

バッテリー残容量が50%のMacBook Airに充電したとき45.4Wの出力を計測しました。

iPad Airへの充電

バッテリー残容量が50%の状態のiPad Airに充電したとき、約26.9Wの出力を計測。

Innergie C6 Duo でiPad Air に充電したときの出力を計測している画像

iPhoneへの充電

バッテリー残容量が57%の状態のiPhone 12 Pro Maxに充電したとき、約18.6Wの出力を計測しました。

Innergie C6 Duo でiPhone 12 Pro Max に充電したときの出力を計測している画像

Androidスマホ(Redmi Note 10 Pro)への充電

バッテリー残容量が60%の状態のRedmi Note 10 Proに充電したとき、約16.7Wの出力を計測しました。

Innergie C6 Duo でRedmi Note 10 Proに充電したときの出力を計測している画像

Nintendo Switchへの充電

バッテリー残容量が60%の状態のNintenco Switchに接続したとき、プレイしながらで約13.8Wの出力を計測しました。

Innergie C6 Duo でNintendo Switchに充電したときの出力を計測している画像

2ポート同時充電(MacBook Air + iPad Air)

最後に2ポート同時に充電した場合の出力を計測。

MacBook Airへの充電が42.9W。iPad Air 4への充電が17.1Wで合計ピッタリ60Wの出力を計測しました。

Innergie C6 Duo でMacBook とiPadに同時に充電したときの出力を計測している画像
Innergie C6 Duo でMacBook とiPadに同時に充電したときの出力を計測している画像
はしかん

2ポート合計できっちり60Wの出力が確認できました。

まとめ

本記事では『Innergie C6 Duo』をご紹介しました。

Innergie C6 Duo』は真っ白でシンプルなデザインが特徴的なTYPE-Cポートを2ポート搭載した汎用性の高い63W出力の小型充電器でです。

Innergie C6 Duo の特徴

  • デザインが究極にシンプル
  • 真っ白!
  • USB- C を2ポート搭載
  • 最大63Wの出力
メリット
デメリット
  • TYPE-Cを2ポート搭載しており汎用性が高い
  • 最大63Wの高出力でMacBook等への急速充電に対応
  • デザインがかわいい
  • ケーブルが別途必要
  • 少し重い
はしかん

デザインにこだわる方におすすめの充電器です!

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる