年に一度のプライムセール会場はこちら!6/22(火)23:59まで

【fire HD 10 レビュー】プライムビデオで『鬼滅の刃』を見始めたら止まらなくなってしまった件

メモ

本記事では、Amazonのエンターテイメントタブレット端末『fire HD 10』をレビューしています。その価格からは想像できないほどの美しい液晶ディスプレイとスレテオスピーカー搭載で動画視聴にピッタリの高コスパタブレットです。

おこまりくん

スマホで動画見るの小さすぎて疲れるので、手頃なタブレットないかな~

とか

おこまりさん

iPad欲しいんだけど高いからAmazonの『fire HD 10』気になるけど、どうせ安かろう悪かろうなんじゃ?

なんて思ったことありませんか?

Amazonのセールで『fire HD 10』を購入したのですが、実際に使ってみると動画視聴や簡単なゲームならサクサク楽しめてしまうエンターテインメント端末で、とてもコスパの高いタブレットだと言うことがわかったので、安く購入するコツや使い方について本記事でお伝えします。

はしかん

これはAmazonプライム会員であれば、絶対に持っていて損はない端末ですよ!

タップできる目次

fire HD 10 タブレットとは? fire OS搭載のAmazon専用端末だけど…

fire HD 10』はAmazonが販売しているAmazonコンテンツ専用に作られているタブレットです。

Amazon fire HD 10の外箱画像

fire OSというAndroidベースのカスタマイズされた専用OSを搭載しており、初期状態ではAmazonのアプリストアで公開されているアプリのみインストール可能で、一般的なAndroid向けのアプリケーションはインストールすることができません。

ただし最近ではアプリもかなり充実してきており、ゲームやエンターテインメント系アプリはかなり充実してきています。

fire タブレット 3つのモデルとスペック比較

fire タブレットには7インチ、8インチ、10インチの3種類があります。

2021年4月時点での最新スペックはこのようになります。

モデルfire 7
fire HD 8
fire HD 10
標準価格¥ 5,980(16GB)¥ 9,980(32GB)¥ 15,980(32GB)
ディスプレイサイズ7インチ8インチ10.1インチ
解像度1024 x 600 (171ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)
プロセッサクアッドコア1.3GHz
1GB RAM
クアッドコア2.0GHz
2GB RAM
2.0GHz オクタコア
2GB RAM
オーディオモノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオ
スピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオ
スピーカー
マイク
スマートスピーカー機能Alexa搭載Alexa搭載
ハンズフリーモード対応
Alexa搭載
ハンズフリーモード対応
Showモード非対応対応対応
ストレージ16/32GB32/64GB32/64GB
microSDカードスロットあり
512GBまで対応(別売)
あり
1TBまで対応(別売)
あり
512GBまで対応(別売)
カメラ2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ
+720HDビデオレコーディング
2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ
+720HDビデオレコーディング
2メガピクセルフロントカメラ、リアカメラ
+720HDビデオレコーディング
Wi-Fiデュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n/ac
デュアルバンド
a/b/g/n/ac
バッテリー最大7時間最大12時間最大12時間
接続ポートUSB(2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)
ワイヤレス充電非対応 fire HD 8 Plusは対応
専用充電スタンドは別売り
非対応
ゲームモード非対応対応非対応
サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm262 x 159 x 9.8mm
重量286g355g504g

スペックを比較してみると、やはり『fire HD 10』の性能が頭一つ飛び出ている感があります。

動画視聴はフルHD画質で視聴可能ですし、ゲームも昔スマホでかなりはまっていたロボット大戦ゲーム『War Robots』もAmazonアプリストアでダウンロードできたので試しにやってみたら、かなり快適にプレイできました。

さらに、『fire HD 10』はShowモードのAlexaに対応しており、Wi-Fiのac規格にも対応しています。

2019年10月にリリースされた最新モデルでは、USBポートがついにUSB TYPE-Cポートになりました!

大きさが問題なければ『fire HD 10』を購入しておくと拡張性やスペックにおいて将来性があってお得ですね。

fire HD 10のおすすめポイント

安いので気軽に使える

まず、最大の特徴と言っても過言ではないのがその安さです。

標準価格でも¥ 15,980(32GB)という安さなのですが、セールになると破壊的な安さになるときがあります。

購入するときはこのセールのタイミングを狙うのがおすすめです。セールについては後ほど詳しくご紹介します。

格安で購入できるため、少々手荒に扱ってもあまり気にせず使うことができます。

例えば、下記のような場合です。

  • iPadだと子供に手渡すのは落として壊すかもしれないので不安…。
  • キッチンでレシピ見たいけど、水に濡れて壊れたらどうしよう…。

万が一壊れたとしても諦めがつくような価格なので、気兼ねなく使用することができます。

はしかん

とはいえ、実物はそんなに安っぽさもなく価格以上のパフォーマンスを発揮してくれるので、かなり満足度は高い端末です。

動画視聴に最適な解像度とステレオスピーカー搭載

スタバでAmazon fire HD 10を使って動画を視聴している様子の画像

1920 x 1200の高解像度を誇る10.1インチディスプレイとDolby Atmosデュアルステレオスピーカーを搭載しています。

はしかん

つまり、快適な動画視聴に必要な要件を満たしている端末であるということ!

ディスプレイについては、10インチの1920 x 1200の解像度をこの価格で実現してるの?!と言いたくなるほど激安タブレットに見合わない綺麗さを誇っています。

サウンドについては格安タブレットの多くはスピーカーがモノラルだったりするケースが多いですが、『fire HD 10』は安いのにちゃんとステレオスピーカを搭載しています。

しかもDolby Atmos対応です。

さらに今回一緒にご紹介するケース付きだと、横向きにしたときにスピーカーが下向きになるので、机に音が反射して結構な大音量、高音質で音を楽しむことができます。

もちろんイヤホン端子とBluetoothも搭載しているので、有線でもワイヤレスでもヘッドホンを接続することが可能です。

はしかん

外出先でも周りを気にすることなく動画を視聴することができますね!

Alexaが使える

Amazon fire HD 10をSHOWモードで使用している様子の画像

Amazonのスマートスピーカー「Alexa」を使う機能を搭載しています。

はしかん

その名も「Showモード」!

「Showモード」は、『fire HD 10』をディスプレイ付きのスマートスピーカー「Echo Show」や「Echo Spot」とまったく同等の動作をさせることができる機能です。

具体的には、「アレクサ、明日の天気は?」などと聞いたときに、音声でのフィードバックと同時に大きな文字でディスプレイにも表示してくれます。

もはや、これは専用機の「Echo Show」を買うよりもタブレットとしても使えて画面の解像度も高い『fire HD 10』の方がお得なのでは!?と思ってしまいますよね。

バッテリーがかなり持つ

Amazon fire HD 10をつかって飛行機の機内で動画を楽しんでいる様子の画像

バッテリーは最大12時間という驚異の長持ち性能。

実際に使ってみても、想像よりもかなり持つ印象です。

はしかん

100%の状態から映画を2本見たら、バッテリー残量は74%でした!

事前に自宅のWiFiでプライムビデオをダウンロードしておけば、新幹線や飛行機の中で長時間動画を楽しめるスタミナを持っています。

ただし、バッテリー容量が大きい分、充電にはそこそこ時間がかかるので注意が必要です。

fire HD 10の用途

そんな激安タブレットの『fire HD 10』ですが、用途としてどのように使うことができるのか見ていきましょう!

はしかん

動画視聴はもちろんのこと、様々な用途で使うことができますよ!

動画を見る端末として使う

おそらくこの使い方が一番多いのではないでしょうか。

リビングのTVや家族共用のiPadが家族に占領されてしまっても、あなた専用の『fire HD 10』があれば誰にも邪魔されずにいつでもどこでも動画を楽しめます!

fire HD 10』では次のような動画サービスを楽しむことができます。

プライムビデオを見る

Amazonプライム会員であれば追加料金なしで見られるストリーミングサービス『プライムビデオ』で様々な動画を視聴可能です。

一生かかっても見きれないほど膨大な動画コンテンツが楽しめますので、それ専用に『fire HD 10』を買ったとしても十分満足できる内容です。

私も先日ベトナムへ海外旅行に行ったときに飛行機のプライト中の暇つぶしのために『鬼滅の刃』をダウンロードして持っていきましたが、かなり快適に動画を楽しめました。

はしかん

鬼滅の刃を一度見始めたらはまってしまいました・・。19話は神回ですね・・。

ただ、プライム会員でない場合この端末の恩恵を100%受けられません。

30日間の無料体験が可能なので、ぜひお試しください。

はしかん

月額500円(年額だと4,900円で月額換算409円)でプライムビデオ見放題だし、送料も無料だしその他お得なサービスが盛りだくさんです!

\ 30日間の無料体験 /

Youtubeを見る

fire HD 10』でYoutubeを見る方法は2つです。

1つ目はSilkブラウザで見る方法。2つ目はアプリを利用する方法です。

アプリについては、AmazonのアプリストアではYoutube公式アプリではなく第三者が提供しているYoutube閲覧アプリを使用する必要があります。

以前はYoutube公式アプリがあったのですが、現在は公開されていません。

非公式な手法ですが、fire タブレットに Google Playをインストールして公式Youtubeアプリをインストールするやり方もあります。

僕が参考にさせてもらった手順はこちら。

はしかん

自由度が一気に広がりますよ。

Google Playのインストールは自己責任でお願いいたします。

雑誌や本を読む端末として使う

fire HD 10』は1920 x 1200の高解像度を誇る10.1インチディスプレイを搭載しています。そのため雑誌を見る場合にもかなり大きく表示できます。

さらに部分的に拡大もできるので文字が小さ過ぎて読めなーい!ということもないですね!

Amazonの電子書籍サービスとしては大きく分けて下記の3つがあります。

プランKindle UnlimitedPrime Readingオーナーライブラリー
価格¥ 980(月額)プライム会員(500円/月or4,900円/年)なら無料プライム会員なら無料
(Kindle端末またはfireタブレットを持っていることが条件)
利用可能タイトル数5万タイトル以上約780タイトル約640タイトル

プライム会員であれば「Prime Reading」が利用可能ですが、Kindle端末かfire端末を持っていると「オーナーライブラリー」も利用可能となります。

「オーナーライブラリー」は対象のタイトルが毎月1冊無料で読めるサービスです。もちろん『fire HD 10』もfire端末ですので、「オーナーライブラリー」が利用可能です。

Alexa(スマートスピーカー)端末として使う

Amazon fire HD 10をSHOWモードで使用している様子の画像

『Show モード』をONにすれば、スクリーン付きスマートスピーカーの『Echo Show』と同等の機能を使用することができます。

はしかん

スマートスピーカーはまだ持っていないけど、ちょっと試して見たい方にもおすすめ!

ゲーム機として使う

Amazon fire HD 10でWar Robotsを楽しんでいる様子の画面キャプチャ

以前かなりハマっていた3Dロボット大戦ゲーム『War Robots』がAmazonアプリストアでもリリースされていたので、久しぶりにダウンロードしてプレイしてみたところ・・・。

はしかん

あっという間に1時間が経過していました…。

普通にグリグリ動いてめっちゃ楽しいです!

さすが『fire HD 10』の『2.0GHz オクタコア』は伊達じゃありませんね…。3Dゲームもちゃんと動きました。

まぁ常識的に考えると、fireタブレットで動かないゲームをAmazonアプリストアで公開する訳がないのですが…。

Amazonアプリストアでダウンロード可能なタイトルもかなり充実してきており、有名タイトルはほとんど網羅されているのではないかと思います。

BGM専用端末として使う

プライム会員になると音楽ストリーミングサービスである『Prime Music』も聞けるようになります。スマホだと専用アプリをダウンロードすると聞けるようになりますが、fireタブレットには標準でインストールされているので、プライム会員になればすぐに楽しむことができます。

また、『Spotify』などの有料ストリーミングサービスもアプリをインストールすれば楽しめるようになりますので、既に契約されているサービスがあればアプリだけインストールしてBGMをかけ流しにして楽しむこともできます。

購入するときのポイント

fire HD 10』は標準価格でも十分に安いと言えるのですが、セールのタイミングを狙うととてつもない破格値で購入できる場合があります。

購入はセールで安くなるタイミングを狙おう

Amazonのセールは大きく分けて4種類あります。

セールの種類実施頻度実施時期規模
プライムデー年に1度7月
ブラックフライデー年に1度11月
サイバーマンデー年に1度12月
タイムセール祭りほぼ毎月月末から月初にかけて
タイムセール毎日24時間

これらの4つのセールのうち、『プライムデー』『ブラックフライデー』『サイバーマンデー』『タイムセール祭り』の3つでは必ずfireタブレットやfire TV StickなどといったAmazonデバイスがかなり安くなります

タイミングが合えばこの3つのセールを狙えばかなり安く購入することができますが、「今すぐ欲しい!」という方は、毎日実施されている『タイムセール』も狙い目です。

毎日チェックする必要はあるのですが、たまにビッグセール並の超絶値引きがあります。

私も先代の第7世代のfire HD 10を購入したときは、定価¥15,980 のところ、2019年6月15日に実施された『タイムセール』で¥5,000 OFF の ¥10,980 で購入することができました。

また、現行モデルの第9世代の『fire HD 10』を購入したときは、2021年4月9日に実施されたタイムセールで、32GBのモデルが純正カバー付きでなんと税込み10,980円!という激安価格で購入することができました!

本体だけならなんと¥7,650円!!

はしかん

やっす!

はしかん

通常の値段では買わないほうが絶対にお得です!!

このように大規模セール以上に安くなるときもあるため、毎日実施されている『タイムセール』で『fire HD 10』などのAmazonデバイスが安くなっていないかをチェックされるのをおすすめします。

一緒に買うべきアクセサリー

ケース

動画を視聴する場合、確実に必要となるのが『スタンド』です。

Amazon純正のカバーもありますが少しお値段が高めなので、サードパーティのカバーがおすすめです。

僕が2017年型の先代モデルを使っていたときに実際に使っていたカバーがこちらです。

これだと持ち運ぶ際に画面の保護にもなりますし、スタンドとして使うこともできて便利です。本記事の下の方でレビューしていますので参考にしてみてください。

フィルム

安い端末なので、フィルムを買ってまで液晶パネルを保護する必要はないかもしれませんが、アンチグレア(非光沢)にしたい方はこちらの反射防止フィルムがおすすめです。

ディスプレイの反射が嫌いな方には必須アイテムですね。

fire HD 10の実機をチェック

外観と付属品

それでは外観と付属品をチェックしていきます。

※この開封レビューは2019年に発売開始された第9世代の現行型fire HD 10となります。2021年4月時点で最新のモデルです。

オレンジで派手なパッケージです。

Amazon fire HD 10の外箱画像

付属品は本体、充電アダプタ、充電ケーブル、マニュアルとシンプルな構成。

Amazon fire HD 10の内容物一覧の画像
内容物一覧
  • fire HD 10 本体
  • USB 充電ケーブル
  • 電源アダプター
  • 説明書

電源アダプターは9Wの出力のものが付属しています。

Amazon fire HD 10に付属している電源アダプタの画像

端子はUSB TYPE-Aです。

Amazon fire HD 10に付属している電源アダプタはTYPE-A端子を搭載

充電ケーブルは TYPE-A to Micro USB のものです。

Amazon fire HD 10に付属している充電ケーブルはTYPE-A to TYPE-Cのもの

説明書は絵による説明のみでとてもシンプルです。

fire HD 10 本体をチェック

fire HD 10』本体です。

Amazon fire HD 10本体の画像

10インチなのでタブレット端末としては大きめです。

Amazon fire HD 10本体を手に持っている様子の画像

iPhone12 Pro Maxと比較するとその大きさがよくわかります。

Amazon fire HD 10本体をiPhone12 Pro Maxと並べて大きさを比較している様子の画像

ディスプレイの画質は想像以上に高精細で美しいです。

Amazon fire HD 10の液晶画面の拡大画像

10インチの『fire HD 10』は解像度が1920 x 1200 (224ppi)というFHDよりも高精細な液晶パネルを採用しています。

Amazon fire HD 10の液晶画面の拡大画像で、アイコン部分を拡大している様子
はしかん

おそらく初めて『fire HD 10』を手にする方は、お値段以上の画質に驚くと思います。

続いて背面を見ていきます。

全体的に樹脂製ですが、背面はつや消しでamazonのロゴが入っています。

Amazon fire HD 10本体背面の全体画像

細かい部分の処理もバリなどなく、美しい仕上がり。

Amazon fire HD 10本体の角部分の拡大画像
はしかん

質感はそんなに安っぽさは感じられずに良い感じです。

左上部分に2メガピクセルのカメラを搭載しています。

普段使うことはないかもしれませんが、搭載されていることに意義がありますね。

Amazon fire HD 10本体の背面カメラ部分の拡大画像

フロントにもカメラを搭載していますので、ビデオ通話も可能です。

Amazon fire HD 10本体のフロントカメラ部分の拡大画像

ボタンやイヤホンジャックは本体上部に集約されています。

左から音量調節ボタン、3.5mmイヤホンジャック、TYPE-C充電ポート、スリープボタンとなっています。

Amazon fire HD 10本体上部のボタン部分全体像

先代のfire HD 10はボタンがシルバーでしたが、現行型になってブラックで統一されました。

こちらの方がスッキリしていて好感が持てます。

Amazon fire HD 10本体上部のボタン部分の拡大画像

本体右側面にMicro SDカードスロットがあります。最大で512GBまで追加することが可能です。

Amazon fire HD 10本体のSDカードスロット

本体を横向きにしたときにステレオスピーカーとして動作するように左側面2箇所にスピーカーを搭載しています。

Amazon fire HD 10本体のスピーカー部分の画像

大きさと重さ

本体サイズは横置きにしたときに、横幅262mm、高さ159mm、厚みが9.8mmです。

Amazon fire HD 10本体の厚みを計測している様子の画像
はしかん

iPadに比べると厚みもあるしベゼルも太めですが、値段を考えるとかなり優等生レベルです!

重さは実測値で502g。

「iPad Air 第4世代」の重さがWi-Fiモデルで458gなので、若干重たいですが許容できるレベルでしょう。

Amazon fire HD 10本体の重さを計測している様子の画像

おすすめのサードパーティ製ケース

fire HD 10』本体は頭がおかしいレベルの激安なのに、ケースについてはAmazon純正ケースは4000円以上もします。

おすすめは、社外品。

社外品でもしっかりしたケースはありますし、マグネットセンサーもちゃんと搭載していて、閉じたら自動的にスリープになります。

ディスプレイカバー部分が3つに折れてスタンドになるタイプです。

レザー調でシンプルなデザイン。

Amazon fire HD 10の社外製カバーの画像

背面にもロゴ等がないのでいいです。

Amazon fire HD 10の社外製カバー背面の画像

ピョロッとしたものは付属していた短いタッチペンです。

Amazon fire HD 10の社外製カバーを開いた状態の画像

ディスプレイカバーはちゃんとマグネットで閉まるようになっています。

Amazon fire HD 10の社外製カバーのマグネット部分の画像

ヒンジ部分にはスピーカー用の穴が開いています。

Amazon fire HD 10の社外製カバーのスピーカー部分には穴が空いている

カメラの部分もきっちり作ってあります。

Amazon fire HD 10の社外製カバーのカメラ部分内側画像

本体をセットしました。

本体上部のボタン操作も問題なくできます。

また、カバー部に開閉センサー用のマグネットを内蔵しているので、カバーの開閉に応じて自動的にディスプレイが点いたり消えたりします。

Amazon fire HD 10の社外製カバーのボタン部分

スタンドモードはこのくらいの角度になります。

Amazon fire HD 10の社外製カバーを使ってスタンドモードにした様子の画像

動画を見るのにピッタリな角度ですね。

Amazon fire HD 10の社外製カバーを使ってスタンドモードにした様子の画像

カバーを閉じてもスピーカーが塞がれないように作ってあります。

Amazon fire HD 10の社外製カバーのスピーカー部分には穴が空いている

スタンドモードにしたときにスピーカー部分に適度に隙間ができて、机に音が反射してかなり大音量で動画を楽しむことができます。

一人で観るときは1/3くらいの音量で十分です。2/3まで音量を上げるとかなり大音量です。

Amazon fire HD 10の社外製カバーのスピーカー部分には隙間ができる設計

動画を楽しんでみる

Amazon fire HD 10で動画を楽しんでいる様子の画像

スタバに『fire HD 10』とワイヤレスヘッドホンを持ち込んで、プライムビデオで『鬼滅の刃』を楽しんでみました。

プライムビデオはコンテンツによっては端末内に事前にダウンロード可能で、Wi-Fiがない場所でも動画を楽しむことができます。

鬼滅の刃』もダウンロード可能で、神回までの19話(1話約23分でトータル約7時間30分:容量約4GB)をまるごと全部ダウンロードして持っていきました。

はしかん

正直スタバにいることを忘れて、5話ほど連続で見てしまった時点で我に帰りましたw

fire HD 10』は低価格なのに動画を楽しむのには本当に十分すぎるスペックで、全く問題なく楽しめました!

購入後、一番最初にやるべき設定

ロックスクリーンの広告を消す

初期設定のままだと、端末をスリープから解除したとたんにアプリやプライムビデオの広告が表示されるようになっています。

つまり、スタバで動画を楽しもうと『fire HD 10』を開いた瞬間にこのような美少女達が意図せず現れてしまうケースがあるので注意が必要です。

Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告のスクリーンショット
はしかん

違うんだ~!

とならないように、広告表示を消す設定をしておきましょう。

ロックスクリーンを消す設定手順

STEP
「設定」をタップする
Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット
STEP
「アプリとゲーム」をタップする
Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット
STEP
「Amazonアプリケーションの設定」をタップする
Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット
STEP
「広告」をタップする
Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット
STEP
「ロック画面の広告」のスイッチをタップする
Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット
STEP
「オフにする」をタップする
Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット

これでロック画面が普通の壁紙になり、安心してロック解除が出来るようになりました。

Amazon fire HD 10のロック解除画面に表示される広告を非表示にする手順のスクリーンショット

まとめ

Amazon fire HD 10を手に持った状態

fire HD 10』はめちゃくちゃコスパの高い端末です。

Amazonが自社のコンテンツを楽しんでもらうために作った端末で、価格を下げて流通させることが目的なので、我々も甘んじてその戦略に乗ってしっかりと楽しんじゃいましょう!

僕は普段、動画視聴専用端末として使っています。

うちの息子がプライム・ビデオでアニメを見るのが好きなので、かなり重宝してくれていて大満足です。

テレビを占領されなくても済むし、小さいお子さんをあやす道具としてもかなり使えます。

はしかん

子供に渡してガチャガチャになっても諦めのつく値段ですし、とことん使い倒す端末として非常におすすめ!

タブレットを探している方で「iPadにしようかな~それともとりあえず『fire HD 10』で様子見しようかな~」と迷っている方がいらしゃった場合、まずは『fire HD 10』を使ってみてもらいたいです。

こんな方におすすめ

  • プライム会員だけどfire HD 10をまだ持っていない
  • 動画はFHD画質かつステレオスピーカーで楽しみたい
  • iPadを落として壊すのが怖い
  • いつでもどこでも気兼ねなくタブレットを酷使したい
  • 子供用の格安タブレットを探している
  • 家族で使えるエンターテインメント端末を探している
  • タブレットにスマートスピーカー機能が付いていたら嬉しい

Amazonプライムユーザーであれば、『fire HD 10』は1台持っておくべき端末だと断言できます。と言うより、これを使わないと損するレベルですね・・・。

ぜひ『fire HD 10』と共に快適なAmazonライフをお過ごしください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる