【FIFINE K678 レビュー】音声サンプルあり ミュートボタン付きお手軽USBコンデンサーマイク PC用マイクにおすすめ

評価:4

本記事では『FIFINE K678』をレビューしています。小型でおしゃれなUSB端子接続タイプのコンデンサーマイクで、1万円を切る価格ながら、とてもクリアで比較的音を大きく拾ってくれるマイクです。本体にミュートボタンやゲイン調整ノブ、さらにイヤホン端子も備えており、Web会議や音声収録など様々な用途に使える1台です。

こんにちは。マイク沼から抜け出した(はず)のはしかんと申します。

「高音質で音声を収録したい!」と思ったらやはり専用のマイクに勝るものはありません。

僕もマイク沼にハマった結果、めちゃくちゃ高い(5万円くらいするやつ…)マイクに手を出してしまい、かつそこに行き着くまでに何個もマイクを購入してしまう羽目に…。

はしかん

できれば一発で満足度の高いマイクに辿り付きたい…。

本記事でご紹介する『FIFINE K678』は1万円を切る価格で購入できるUSB端子接続タイプのコンデンサーマイクで、WEB会議で便利なミュートボタンやイヤホンジャックも搭載した非常に便利なマイクです。

FIFINE K678の拡大画像

マイク本体のイヤホンジャックは自分の音を聴くだけでなく、パソコン側から流れてくる音声も聞けて便利!

はしかん

つまり、ZOOMの相手の声も聞こえるってこと。

『FIFINE K678』の特徴を簡単にまとめたのがこちら。

FIFINE K678の特徴

  • コンパクトで高級感のある外観
  • USB接続なので直接PCに接続して利用可能
  • 本体にミュートボタンを搭載
  • マイク本体のイヤホンジャックでPC側の音声も聴ける
  • 三脚を取り外せばマイクアームにも取り付け可能

こんな方におすすめ

  • PCにUSB接続して使えるマイクを探している
  • カメラには繋がない
  • 卓上ですぐに使いたい
  • ミュートボタンは必須
  • クリアな音質で収録したい

本記事ではそんなFIFINE K678』を写真多めでじっくりレビューしていきたいと思います!

はしかん

音声サンプルもあるのでぜひ参考にしてみてください!

提供品

本記事はメーカーのFIFINE様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

タップできる目次

FIFNE K678 コンデンサーマイク の概要

それではFIFINE K678』の概要をチェックしていきましょう。

スペック

詳細スペックはこちら。

項目備考
ブランドFIFINE
商品名K678
ブラック
タイプコンデンサーマイク
指向特性単一指向性
周波数特性40Hz-20KHz機器が拾える周波数の範囲。広いほうが良い
感度-45dB±3dB(at1kHz)低いほうが感度が高い
SN比85dB数値が高いほど雑音が少ない
マイクコード長さ200cm
大きさ幅 12.5cm x 奥行 12.5cm x 高さ 20.5cm
重さ711g(三脚を取り外すと425g)
保証期間FIFINEへのユーザー登録で2年
はしかん

付属のケーブルは2mあるので長さは十分ですね。

記事後半でFIFINE K678』とK669Bを実際に収録した音声をお聞きいただけますので参考にしてみてもらえると嬉しいです。

▼音質比較まで飛ぶ

外観と付属品

外箱はサイコロみたいでかわいい感じ。

FIFINE K678の外箱画像

開封していきます!

FIFINE K678の外箱を開けた直後の画像

スポンジでぎちぎちに梱包されてます。

FIFINE K678の外箱を開けた直後の画像

これだけのものが入っていました。

FIFINE K678の内容物を並べた状態の画像

内容物はこちら。

内容物一覧
  • マイク本体(三脚付き)
  • USBケーブル(2m)
  • 取扱説明書
  • マイクアーム用アダプター
FIFINE K678の内容物一覧

マイク本体全面。中央にミュートボタンがあります。ボタンの押し心地は、硬めのゲームパッドのような感じです。

三脚は頑丈な金属製のもの。両側のネジを緩めると三脚を分離できます。間にゴムのクッションがあり、とてもスムーズにマイクの角度を調整できます。

FIFINE K678の本体正面画像

ミュートボタンの上にあるLEDでミュート状態を確認可能。

緑がミュート解除状態。赤がミュート状態です。

ミュート解除して緑のLEDが点灯した状態のFIFINE K678
ミュートして赤いLEDが点灯した状態のFIFINE K678
はしかん

ミュート機能はとっさの時に便利なのでこれは嬉しいポイント!

マイク上部はメッシュのカバーで覆われています。中にもスポンジの風防が層になって搭載されているので、これがポップガードの役割を果たしています。

FIFINE K678を真上から撮影した画像

マイクの底面には接続端子があります。

左がUSBコネクタ。右にイヤホンジャックがあります。中央はマイクアーム用アダプタの取り付け穴です。

FIFINE K678の底面の画像

USBコネクタは現在主流となっているTYPE-Cではなく、PS3のコントローラー等に使われていたかなり古い規格のMini-Bタイプ。そのため、イベントなどで外出先で使う場合はケーブルを忘れると間違いなく使えないので注意が必要です。

FIFINE K678に付属のUSBケーブルの端子部分の拡大画像

自宅で常設して使う場合など、ほとんどの場合は一度繋げば外さないので困ることはないでしょう。

FIFINE K678に付属のUSBケーブルを接続した様子の画像

イヤホンジャックも搭載しているのでイヤホンを接続してモニターしたり、ZOOMやTeams会議用のイヤホンとして使うことができます。これがこのマイクを使った時に一番便利だなと思った点。

FIFINE K678にイヤホンを接続した状態の画像
はしかん

ケーブルも2mあるので、PCを離れた場所に置きたいときにも便利!

付属のマニュアルはしっかり日本語で書かれているので使い方で迷うことはありません。

FIFINE K678に付属の説明書は日本語対応

マイクアームに取り付けると口元に近づけやすくなります。

マイクとの適正な距離は15cm〜20cmなので、卓上だとキーボードの手前(口元の真下)に置くのが一番良い位置なんですが、そのようなレイアウトが難しい場合はマイクアームを使うと良いです。

FIFINE K678をマイクアームに取り付けた状態の画像
はしかん

上のマイクアームがこちら。2,000円ちょいで買えて安いしマイクの位置調整が自由にできるようになるのでめっちゃおすすめです!

重さと大きさ

大きさは実測値で、幅 12.5cm x 奥行 12.5cm x 高さ 20.5cmとコンデンサーマイクとしてはかなりコンパクトなサイズ感です。

同社のコンデンサーマイクFIFINE K669B』と並べて大きさを比較しました。

FIFINE K678とK669Bを並べて比較した画像

少し『FIFINE K678』の方が太くて頑丈そうな印象ですが、大きさ自体はそんなに変りません。

卓上で使えるコンパクトサイズといった感じで、デスクにちょこんと置いていても違和感ない大きさです。

重さは711gとそこそこ重たいです。

三脚を取り外すと425gなんですが、三脚部分が金属製で結構重いので、手に持ってみると結構ズッシリ重みを感じます。

音質比較! K678 vs K669B

FIFINE K678』とFIFINE K669B』それぞれの音声を収録して比較してみました。

結論ですが、僕が聴き比べた感想としてはFIFINE K678』のほうが音質が良いと感じました。

K678の音質の特徴
  • K678の方がクリアな音質で、声の輪郭がハッキリしている
  • 大きい音量で収録できる

では実際の音声をお聞きください。

FIFINE K678の音声

FIFINE K678を卓上で使っている様子の画像

まずはFIFINE K678』の音声。

録音の条件
  • マイクまでの距離=20cm
  • マイクGAINのつまみを最小中央最大の3種類で設定し収録

マイクまでの距離=20cm マイクGAIN=最小

マイクまでの距離=20cm マイクGAIN=中央

マイクまでの距離=20cm マイクGAIN=最大

GAINを上げていくと少しホワイトノイズが入りだしますが、十分高音質で収録できています。

おまけでキーボード(HHKB)の打鍵音のASMRがこちら

はしかん

ASMRもいい感じに収録できていて、いろんな用途に使えそうですね!

FIFINE K669Bの音声

FIFINE K669B を卓上で使っている画像

続いて『FIFINE K669B』。こちらもマイク本体にGAINの調整ノブがあります。

録音の条件
  • マイクまでの距離=20cm
  • マイクGAINのつまみを中央最大の2種類で設定し収録(このマイクは最小にするとミュートになるので除外)

マイクまでの距離=20cm マイクGAIN=中央

マイクまでの距離=20cm マイクGAIN=最大

比較してみるとFIFINE K678』よりも少し籠もった感じに聞こえますよね。

手軽さや値段で選ぶと『FIFINE K669B』ですが、少しでも音質に拘りたい方にはFIFINE K678』をおすすめします。

まとめ FIFINE K678 は見た目がかわいいバランスの取れたマイク

FIFINE K678を卓上で使っている様子の画像

本記事ではFIFINE K678』をレビューしました。

FIFINE K678』はマットブラックで高級感のあるコンパクトな卓上型USBコンデンサーマイクです。

ミュートボタンやイヤホン端子を備えておりWeb会議でも使いやすいですし、YouTubeのナレーションや音声配信用としても十分使用に耐えうる音質でした。

三脚付きなので卓上ですぐに使えますし、マイクアームでデスクにクランプして使うこともできます。

FIFINE K678の特徴

  • コンパクトで高級感のある外観
  • USB接続なので直接PCに接続して利用可能
  • 本体にミュートボタンを搭載
  • マイク本体のイヤホンジャックでPC側の音声も聴ける
  • 三脚を取り外せばマイクアームにも取り付け可能
メリット
デメリット
  • USB接続で簡単に使える
  • ミュートボタンが便利
  • イヤホンジャックはPCからの音声も聴けるのでWeb会議に便利
  • コンパクトで高級感のある外観
  • USB接続専用なので、カメラへの接続はできない
  • 指向性はあるけど周りの音は結構拾う
はしかん

静かな場所で使うマイクなので、雑音の多い場所での使用には向いていません。

自宅でのリモートワーク用として使ったり、ライブ配信やゲーム実況を始めて見たい方にぴったりのUSBマイクです!

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

忘れていませんか?

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!
チャージ金額に応じてポイントアップ!

\ 知らないと損! /

プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる