【FIFINE K669B レビュー】感度高めのコンデンサーマイク USB接続で初心者でも使いやすくマイクデビューにピッタリ!

本記事では『FIFINE K669B』をレビューしています。5,000円で購入でき、小型でシンプルそして感度が高いのが特徴の高コスパコンデンサーマイクです。USBで接続できるので、PCはもちろん、アダプターを使えばiPhoneやiPadにも接続でき、初めて外部マイクを使う方にもおすすめのお手軽マイクです。

Youtubeなどの動画配信サービス以外にも、最近ではVoicystand.fmなどと言った音声配信サービスも増えており、手軽に情報を発信できる世の中になりました。

この記事をご覧の方の中にも、「音声配信初めてみようかな。」とか「Youtubeやってみようかな。」とお考えの方も少なくないのではないでしょうか。

そんなとき重要になってくるのがマイクです。

動画や音声配信では音声の聞き取りやすさが非常に重要で、その大切さはYouTubeのクリエイターアカデミーでも解説されているほどです。

プロに迫る音質で録音する- YouTube Creator Academy

とはいえ始めからいきなり高価な機材を揃えるのは現実的ではありません。

そんなときにおすすめしたいのが本記事でご紹介する『FIFINE K669B』です。

なるべく初期投資を抑えつつクリアで聞き取りやすい音声を収録するのに使える高コスパコンデンサーマイクです。

FIFINE K669B をミニ三脚を取り付けてデスクに置いている様子を斜め上から撮影した画像

セッティングにすこしコツが要りますが、バシッと決まればコモリが少なくクリアな音質で収録可能なマイクです。

はしかん

いろんな設定で録音したサンプル音声や、ベストなセッティング方法も本記事で解説していきます!

FIFINE K669B』の特徴を簡単にまとめたのがこちら。

FIFINE K669B の特徴

  • 感度高めで小声でも収録可能
  • USB接続なのでパソコンやPS4に接続するだけですぐに使える
  • ミニ三脚付属でデスクトップに置いてすぐに使用可能
  • 入力レベルを調整するボリューム付きでゼロにすればマイク本体でミュートも可能
  • アダプターを使えばiPhoneやiPadでも使用可能
はしかん

動画や音声配信デビューをお考えで初めて外部マイクを購入する方におすすめです!

本記事ではそんな『FIFINE K669B』を写真多めでじっくりレビューしていきたいと思います。

提供品

本記事はメーカーのFIFINE様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

気になるところまで読み飛ばす

タップできる目次

FIFNE K669B コンデンサーマイク の概要

FIFINE K669B をミニ三脚を取り付けてデスクに置いている様子を正面から撮影した画像

それでは『FIFINE K669B』の概要をチェックしていきましょう。

スペック

詳細スペックはこちら。

ブランドFIFINE備考
商品名K669B
型番K669B
ブラック
タイプコンデンサーマイク
指向特性単一指向性
周波数特性20Hz-20KHz機器が拾える周波数の範囲。広いほうが良い
感度-34dB±30%(1kHz内)低いほうが感度が高い
負荷インピーダンス≧1000Ω低いほうがノイズに強い
最大入力音圧レベル
(1kHz THD1%)
130dB SPLこの値を超える音が入ると歪む
SN比78dB以上数値が高いほど雑音が少ない
マイクコード長さ180cm
大きさ幅 47.3cm x 奥行 47.3cm x 高さ 12.2cm(三脚を付けた状態での高さは最大22.5cm)
重さ318g(三脚込で399g)
保証期間FIFINEへのユーザー登録で2年
はしかん

スペックから読み解けるのは、感度が良い反面、ノイズに弱いかもってこと。

記事後半で実際に収録した音声をお聞きいただけますので参考にしてみてもらえると嬉しいです。

▼音質比較まで飛ぶ

外観と付属品

外箱はかなりコンパクトですがマイク本体と三脚が入っているという充実ぶり。

FIFINE K669B の外箱を斜め上から撮影した画像

内容物はこちら。

内容物一覧
  • マイク本体(USBケーブル付き)
  • 三脚
  • 取扱説明書
  • サポートカード
FIFINE K669B の内容物一覧の画像

マイク本体を見ていきます。マイクは真っ直ぐな円柱状で金属製。上半分が金属のメッシュ構造になっています。

はしかん

思ったより質感高めで安っぽさは感じられません。

メッシュの中にコンデンサーマイクが見えます。

FIFINE K669B のマイクのメッシュ部分を拡大した画像

マイク本体にボリューム調整ノブが付いていて感度調整が可能。ゼロにすればミュートになります。

はしかん

WEB会議などで手元でとっさにミュートしたいときなどに便利!

FIFINE K669B のボリュームノブ部分の拡大画像

裏側は特に何もありません。

FIFINE K669B の背面部分の拡大画像

USBケーブルは本体に直付け。

FIFINE K669B のマイク本体側ケーブル部分の拡大画像

端子はTYPE-Aでケーブル長は1.8m。かなり余裕がある長さなので、デスクトップPCやPS4まで距離があってもそこそこ届きます。

FIFINE K669B のUSBケーブルの端子部分の拡大画像

マイクのスタンドベースは本体下部の固定ネジを緩めると回転します。このように完全に取り外すことも可能なので、邪魔なときは取り外せます。

FIFINE K669B のマイクスタンドベースを取り外している状態の画像

付属のマイクスタンドのねじ径は3/8インチ。

FIFINE K669B のマイクスタンドベースのネジ穴部分の拡大画像

ここに付属のミニ三脚をセットするとこのような卓上型マイクのできあがりです。

余計なモノを買わなくてもこれだけですぐに使い始めることができます。

はしかん

これは初心者にとっては嬉しいです!

FIFINE K669B をミニ三脚を取り付けてデスクに置いている様子を真横から撮影した画像

ちなみにこのような別売りのマイクアームと組み合わせて使うことで収録時に口元にマイクを近づけやすくなるので、卓上に置いて話すよりも姿勢が楽になっておすすめです。

FIFINE K669B も取り付け可能なマイクアームの内容物一覧の画像
こんな感じのマイクアームが2,000円ちょっとで買えます。
FIFINE K669B も取り付け可能なマイクアームに付属しているネジ穴変換アダプタを使ってマイクアームに取り付けようとしている様子の画像
マイクアームには8/3を8/5に変換するネジが付属していることが多いのでこれを使って取り付け可能です。

マイクアームを使うとそれだけでスタジオ感が出てきます(笑)

FIFINE K669B をマイクアームに取り付けた様子の画像
はしかん

デスクのアクセントにも良いかも

ちなみに僕が使っているマイクアームはこちら。最近はシンプルなマイクアームもありますが、僕はトラス構造のほうが好きだし安いのでこれを使っています。

付属のミニ三脚は台座部分が樹脂製で、脚は頑丈な金属製。思ったより造りがしっかりしていてK669Bの卓上三脚としては申し分ないクオリティーです。

FIFINE K669B に付属のミニ三脚のネジ部分の拡大画像

足部分の先端にはちゃんとゴム足も付属しているため、しっかりとデスクにグリップしてマイクを安定させることができます。

FIFINE K669B に付属のミニ三脚の脚の先端部分の拡大画像

重さと大きさ

大きさは実測値で、幅 47.3cm x 奥行 47.3cm x 高さ 12.2cm(三脚を付けた状態での高さは最大22.5cm)とコンデンサーマイクとしてはかなりコンパクトなサイズ感です。

FIFINE K669B とiPhone 12 Pro Maxを並べて大きさを比較している状態の画像

他社のコンデンサーマイクと大きさを比較しました。

比較対象は『Marantz MPM-2000U』。これもUSB接続のコンデンサーマイクとしては定番の機種です。

こうして見ると『FIFINE K669B』がいかにコンパクトかがわかります。

FIFINE K669B と Marantz MPM-2000Uを並べて大きさを比較している状態の画像

デスクにも邪魔になることなく設置可能です。

FIFINE K669B をMacBook Airの横に並べて置いている様子の画像

マイクアームに取り付けるとさらにコンパクトに見えます。

FIFINE K669B をマイクアームに取り付けた様子の画像
はしかん

これならマイクアームを使っても大げさじゃないですね!

音質やノイズをチェック! K669B vs MPM-2000U

FIFINE K669B と Marantz MPM-2000Uを並べて大きさを比較している状態の画像

MacBook Airに『FIFINE K669B』と『Marantz MPM-2000U』を接続しそれぞれの音声を収録して比較してみました。

結論から申し上げると『FIFINE K669B』の音質はなかなか好印象なんですが、マイクの感度が非常に高くしっかりと声を拾ってくれる反面、セッティングを気をつけないとホワイトノイズが出やすい印象のマイクでした。

音質は比較的乾いた感じで、カラッとした音質がお好みの方に合いそうです。

はしかん

サンプル音声を置いておくのでぜひ聴き比べてみて欲しいです。ヘッドホンだとホワイトノイズが聞き取りやすいです。

FIFINE K669Bの音声

FIFINE K669B にポップガード

FIFINE K669B』はマイク本体に入力ゲインの調整ボリュームが付いています。テスト音声は以下の3段階で収録しました。

  1. 9時方向(ボリューム小)
  2. 12時方向(ボリューム中)
  3. 3時方向(ボリューム大)

この3種類と、OS側の入力ボリュームを50%と最大の100%、さらにマイクまでの距離を30cmの場合と20cmの場合で色々組み合わせてテストを実施。

テストの結果④の音質が一番良く、『FIFINE K669B』で音質良く音声を収録するためには、OSの側の入力ゲインは小さめにして、マイク側を大きめにするとホワイトノイズが少なくなってクリアに収録できることがわかりました。

① OS側音量100% マイク側ボリューム9時方向 マイクまでの距離30cm ポップガードなし

② OS側音量100% マイク側ボリューム12時方向 マイクまでの距離30cm ポップガードなし

③ OS側音量100% マイク側ボリューム9時方向 マイクまでの距離20cm ポップガードあり

④ OS側音量50% マイク側ボリューム3時方向 マイクまでの距離30cm ポップガードあり

はしかん

K669Bの中では④のセッティングが一番ホワイトノイズが少なくていい感じに収録できています。

このセッティングでマイクにもう少し近づけば音量も上げられそうです。

⑤ OS側音量100% マイク側ボリューム3時方向 マイクまでの距離30cm ポップガードあり

両方共大きくするとかなり大きな音声で収録できますが、ホワイトノイズが大きくなってしまうので注意が必要です。それでも声を収録するだけなら音は割れていないので、とにかく音を大きく収録したいときは感度を高くセッティングすればOKです。

Marantz MPM-2000Uの音声

Marantz MPM-2000U』は『FIFINE K669B』と同じくUSB接続専用のコンデンサーマイクです。

このマイクにはボリュームがないので、OS側の音量は100%固定でマイクまでの距離を変えて2パターン収録しました。

ホワイトノイズがほぼ無く、さすが1万円近くするマイクだなと言うのが正直な感想です。ただ、若干音が籠もって聞こえる感じがして、『FIFINE K669B』のような乾いた音の方が好みという方も少なくないと思います。

⑥ OS側音量100% マイクまでの距離30cm ポップガードなし

⑦ OS側音量100% マイクまでの距離20cm ポップガードあり

マイク本体の調整はできないけどOS側の入力調整とマイクまでの距離だけでセッティングが決まるのでシンプル。ただ、手元でミュートできないのがちょっと不便ですね。

MacBook Air純正マイクの音声

外部マイクがなかった場合の音声と比較するとマイクの必要性がよく分かると思うので、MacBook Air本体のマイクで収録した音声と比較してみてください。

⑧ OS側最大音量 マイク側ボリューム9時方向 マイクまでの距離30cm ポップガードなし

FIFINE K669B を iPhoneに接続して収録した音声

FIFINE K669B』はiPhoneに直接接続して音声を収録することも可能です。

別途接続用のアダプタが必要ですが、iPhoneだけで手軽に収録したり音声配信したりできるのは初期投資を抑えられてGood!

はしかん

スマホに直接接続するときにマイク側のボリューム調整機能が大いに役立ちます。

ちなにみiPhoneへの接続はこのアダプタを使っています。

⑨ iPhoneに接続 マイク側ボリューム9時方向 マイクまでの距離30cm ポップガードあり

⑩ iPhoneのマイクで収録

FIFINE K669B』だと収録したい音声のみが聞こえますが、iPhone本体のマイクだと周りの雑音を拾ってしまっています。

はしかん

これも単一指向性の良さの一つですね!

まとめ FIFINE K669B は初めての外部マイクにおすすめ

本記事では『FIFINE K669B』をレビューしました。

FIFINE K669B』はコンパクトでリーズナブルな初心者向けUSBコンデンサーマイクです。

感度が高くマイク本体のボリュームでミュートやゲイン調整が可能で、USB接続なのでPCやPS4、スマホなどに簡単に接続でき手軽に高品質な音声収録環境を整えることができます。

さらにミニ三脚も付属しているので、別途スタンドを買い足す必要なし!

はしかん

はじめてマイクデビューされる方におすすめです!

FIFINE K669B の特徴

  • 感度高めで小声でも収録可能
  • USB接続なのでパソコンやPS4に接続するだけですぐに使える
  • ミニ三脚付属でデスクトップに置いてすぐに使用可能
  • 入力レベルを調整するボリューム付きでゼロにすればマイク本体でミュートも可能
  • アダプターを使えばiPhoneやiPadでも使用可能
メリット
デメリット
  • 費用をあまり掛けずに品質の高い音声収録環境を整えられる。
  • USB接続なので簡単に使え、配線がごちゃごちゃしなくて済む
  • 本体が小さくて邪魔になりにくい
  • ボリューム調整つまみで手元で音量調整したりミュートができる
  • 感度が高い反面ホワイトノイズが出やすいので、最初にご自身の環境でベストなセッティングをチェックする必要あり。PCであればOS側を絞ってマイク側を大きくすればいい感じに!
はしかん

一度セッティングが出れば次からは楽ちんです。

外部マイクがあるのとないのとでは音声品質がかなり変わってくるので、少ない投資で少しでも音質アップしたい方はぜひ参考にしてみてもらえると嬉しいです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる