ディスプレイ

【Amazonベーシック モニターアーム レビュー】性能はエルゴトロンそのもの オールブラックのおすすめモニターアーム

https://hashikan.net

メモ

本記事では「Amazon ベーシック」ブランドで販売されている高性能かつシックなデザインのモニターアームを写真多めでレビューします。モニターレイアウトに自由度が増してデュアルモニター環境には必須のアイテムと言っても過言ではありません。

 

こんにちは。モニター大好きなハシカンです。

 

たぶん、モニターアームを使う方って、自分のデスクに相当なこだわりがある方だと思うんですよね。

 

モニターをデスクにどうレイアウトするか頭の中で決まっていて、それに合うモニターとモニターアームを探している方がほとんどなのではないでしょうか。

 

私も4Kの27インチモニターを導入し、しばらく純正のモニタースタンドで使っていたのですが、もっとモニターの位置を自由に調整したいと思うようになり、以前から狙っていた『Amazon ベーシック モニターアーム』を導入しました。

Amazonベーシック モニターアームを使ってモニターを手前に引っ張り出した様子

 

はしかん
モニターを手前に引き出せるようになったのが最高!

 

それでは本記事で写真多めでレビューしますので、モニターアーム設置イメージの参考にしてみていただければ幸いです。

 

 

気になるところまで読み飛ばす

 

Amazonベーシック モニターアーム の概要

スペック

スペックはこちら。

耐荷重 2.3kg~11.3kg
方式 ガススプリング方式
対応する机の厚み 10mm ~ 60mm
関節 4箇所
回転 360℃回転
ブラック

 

ご存知の方も多いとは思いますが、これはエルゴトロンの大ヒットモニターアーム『エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム アルミニウム 45-241-026』のOEM製品となります。

 

本家のエルゴトロンは色がアルミポリッシュで高級感漂う外観ですが、Amazon ベーシックバーションはつや消しブラックに統一されていて、シックでどんなインテリアにも合いそうです。

 

あと、Amazonベーシックのほうが2千円程度安く入手できるので、アルミポリッシュの外観にあまりこだわりがない方は、こちらを選択するのもありかと思います。

 

耐荷重は最大11kgで、重たいモニターにも対応できます。

 

はしかん
厚み6cmまでの分厚い机にも対応できるので、どんな環境にも使えて良さそう!

 

外観と付属品

Amazon ブランドらしく、外箱はダンボールそのままですw

Amazonベーシック モニターアームの外箱画像

 

パーツ構成が多い商品ですが、しっかりとした梱包されていて品質は問題なさそうです。

Amazonベーシック モニターアーム開封直後の画像

 

手に持ってみるとずっしりと重みが伝わってきて、非常にしっかりとした作りをしているのがわかります。

質感もマットでいい感じですね。

Amazonベーシック モニターアームは非常にしっかりした作りで安心感がある

 

内容物一覧

  • モニターアーム(土台、第一関節、第2関節)
  • 取り付け工具(六角レンチ2種類)
  • モニター取り付け用ネジ2種類
  • タイラップ2本
  • 補強用プレートとネジ

Amazonベーシック モニターアームのアーム部分の画層

Amazonベーシック モニターアームの説明書などの付属品の画像

 

付属品はこのように一つ一つ綺麗にパッケージされています。

Amazonベーシック モニターアームのネジが梱包されている様子の画像 Amazonベーシック モニターアームの調節用六角レンチなどが梱包されている様子の画像

 

取り付け方法もすべてマニュアルに図説されていますし、構造もシンプルなので、取り付けに困ることはないと思います。

Amazonベーシック モニターアームの説明書の画像

 

モニターアームの細部を見ていきましょう。

すべてブラックで統一されていて、とてもシックな雰囲気です。

Amazonベーシック モニターアームのマットブラックな質感

 

VESA規格対応のモニター取り付け部分は75mm、100mm両方に対応しています。

Amazonベーシック モニターアームはVESA規格の75mmと100mm両方に対応

 

第2関節の接続部分。

バリもなく品質はかなり高いですね。

Amazonベーシック モニターアームは細かい箇所を見ても品質の高さがわります

 

ベース部分に「Amazon basics」のブランドロゴが小さく記載されています。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分の画像

 

ポールも非常にしっかりしています。このリングの高さは六角レンチで簡単に変更可能です。

Amazonベーシック モニターアームのベースの支柱部分の拡大画像

 

ベース部分の裏側を見ると、4辺の隅っこに丸いゴムが付いており、ここが机の天板と接触する状態になります。

そのため、直接机に傷がつくリスクは低そうです。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分の裏側画像

 

机の下側は楕円形の金属プレートで押さえる形式です。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分の締め付けプレートの拡大画像

 

実際にデスクに取り付けると、このような見た目になります。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分をデスクに取り付けた様子の画像

 

裏側のプレートには3段階の穴が空いていて、ネジと金属プレート自体の3段階の調整で、最大6cmまでの厚みに対応します。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分をデスクに取り付けた様子の裏側画像

 

 

取り付けてみる

今回モニターアームを取り付けるのはこちらの『DELL U2720QM』です。

モニターアーム取り付け前の純正モニタースタンド状態のモニター

このモニターの純正スタンドは非常に高性能で、高さ、左右の向き、90℃回転が可能で、これはこれで気に入っていました。

 

まずは机のうえをまっさらにします。

モニターを取り払ったときの画像

 

モニターアームといえば、土台をサイドに寄せて取り付けて、横からモニターがニョキッと出ている感じがカッコいいので、それを完成形のイメージとしてこの位置に設置します。

Amazonベーシック モニターアームの土台を右寄りに取り付けた状態の画像

 

デスクの裏側の構造も良く確認しておく必要がありますね。私のデスクだと、デスクの脚の金属プレートがかなり邪魔だと言うことがこの時点で判明しました…。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分を取り付ける際は裏側の構造をきちんと確認する必要がある

 

もうちょっと寄せたかったけどこれが限界みたい。

Amazonベーシック モニターアームのベース部分をもっと右に寄せたかったけどここが限界だった

 

ここにベースとなる第一関節を差し込んで、回転の締め付けを調整します。高さを変えたい場合は、下のリングを六角レンチで緩めて調整可能です。

Amazonベーシック モニターアームのアームの回転の抵抗を調整している画像

 

2つ目の関節も同様に差し込んで締め付けを調整するだけです。組み立ては超簡単でした。

Amazonベーシック モニターアームのアームの第二関節部分の回転の抵抗を調整している画像

 

これでモニター取り付け部分を中心に持ってくれば…。

あれ…?

Amazonベーシック モニターアームの位置を確認している様子の画像

 

あらら…?

Amazonベーシック モニターアームの位置を確認している様子の画像

 

はしかん
真ん中に来ない…!?

 

どうやら私のデスクが狭すぎのと、机のすぐ後ろが壁なのでアームが逃げるスペースがなく、モニター可動域に制限があることが判明しました…。

 

はしかん
あこがれのサイドからニョキッと出すレイアウトは今回はお預けとなってしまいました…。

 

注意ポイント

モニターアームの取り付けは計画的に

 

 

OEM元はエルゴトロン 性能は折り紙付き

気を取り直して普通に真ん中に取り付けました。

Amazonベーシック モニターアームを取り付けた状態のが画像

 

モニターの取り付けも超簡単で、ネジ4つで留めるだけです。

モニターの回転は360°可能で、自由自在。

Amazonベーシック モニターアームのVESAマウント部をモニターに取り付けた部分の拡大画像

 

ちなみにアーム下にケーブルマネジメント用の溝とカバーが付いているので、綺麗に配線できます。

Amazonベーシック モニターアームにはケーブルマネジメント用のスペースが設けられている

 

純正スタンドだと奥行きまでは調整できませんでしたが、『Amazon ベーシック モニターアーム』のおかげで手前にモニターを引っ張り出せるようになりました。

モニターを手前に引張り出している様子

 

横から見るとキーボード付近まで引っ張り出しています。

Amazonベーシック モニターアームをデスクの真ん中あたりまで引っ張り出している様子

はしかん
これで寝そべるような感じで作業したら楽そう。

 

最大まで引っ張り出すと、奥行き60cmのデスクを超越するほどの伸びを見せますw これはすごい!

Amazonベーシック モニターアームを限界まで手前に引っ張り出している様子

 

めっちゃ飛び出してくるやん…。

Amazonベーシック モニターアームを限界まで手前に引っ張り出した状態を下方アングルから見たときの画像

 

横方向にももちろん伸びます。

Amazonベーシック モニターアームを横に伸ばした状態の画像

 

はしかん
本当はこの状態でモニターをセンターに持ってきたかったんですがね…

 

 

使ってみた感想

ガススプリング式でディスプレイの位置調整が簡単にできる

最初、固めにセッティングされているのですが、取り付けるモニターの重さに合わせて六角レンチで調整すれば、スイスイと自分好みの位置に動かすことが可能になります。

モニター位置を低くしたり…

Amazonベーシック モニターアームに取り付けたモニターを下げた状態の画像

 

宙に浮かせることもできます。

Amazonベーシック モニターアームはモニター下に広大な空間を生み出します。

 

はしかん
モニター下に広大なスペースが生まれます!

 

デュアルモニターにする際は必須アイテムかも

Amazonベーシック モニターアームとノートPCを上下にレイアウトした様子の画像

モニターの位置をXYZ軸で自由に調整できると、デュアルモニター環境のレイアウトが無限大になります。

 

はしかん
今までできなかった上下配置のデュアルモニター環境も結構いい感じ!

 

残念なポイント

デスク設置環境によってはモニターの微妙な位置調整ができない

モニターアームを使う際はアーム稼働域を確保できたほうがよりベストポジションに調整可能

これはデスクが設置されている環境にもよりますが、今回の私の環境のように、デスクが壁に近い場所に設置されていたりあまり広くないデスクの場合は、アームの稼働範囲をよく考えて取り付ける必要があります。

 

はしかん
デスクの背後に壁がない環境であれば、このモニターアームのポテンシャルが100%発揮できそう!

 

Amazonベーシック モニターアーム のレビューまとめ

Amazonベーシック モニターアームはデスク環境を快適にする必須アイテムの一つ

本記事では『Amazon ベーシック モニターアーム』をレビューしました。

 

モニターの位置を自分好みにセッティングできるのってやはり素晴らしいことですね。

 

はしかん
一台持っておけば今後モニターを買い替えても使えますし、レイアウト変更も楽しめて大いに役立ってくれそうです!

 

よかったポイント

  • マットでシックなデザイン
  • 組み立てが超簡単
  • 最大11.3kgのモニターまで対応可能
  • モニターの位置調整に奥行き調整が加わって、自由度が激増

 

ちょっと気になった点

  • デスク周りに何もない環境が望ましい 壁にデスクをくっつけてレイアウトしている環境だと、モニター可動域に問題が出る可能性がある

 

こんな方におすすめ

  • デスク作業が多く、ずっと同じ格好だと辛い
  • デスク下のスペースを有効活用したい
  • モニターを縦表示でも使いたい
  • ブラック基調のインテリアに合うモニターアームを探している

 

はしかん
モニターアームは一度使い出すと元にもどれませんね!

 

モニターアームの中では少し高価な部類に入りますが、一万円ちょっとでこの丈夫さと品質であれば納得の買い物です。

 

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

この記事も読まれています

この記事が良かったらクリックのご協力よろしくお願いします!



ガジェットランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

ガジェットが大好きな会社員。生活や仕事を効率化できるガジェットへの投資は惜しみません。ディスプレイ・イヤホンなどの映像や音が出るものが特に好きです。趣味はランニングと新しいガジェット探し。

-ディスプレイ
-, ,

© 2020 ガジェットランナー