Ulanzi CUTE LITE レビュー | 10m防水のサイコロみたいな小型LEDライト 付属品が充実しているのに安い!

評価:4.5

本記事ではUlanziの『CUTE LITE』と、くねくね三脚の『MT-11』をご紹介しています。『CUTE LITE』はお値段以上の質感と豊富なアクセサリーが特徴的な小型LEDライト。『MT-11』はしなやかでしっかりした脚とスマホホルダーにもなる雲台部分の機能性が魅力の三脚です。

こんにちは。撮影機材集めにハマっている”はしかん(@hashikan3)”と申します。

僕はガジェットブロガーなのでしょっちゅうモノの写真撮影いわゆるブツ撮りをしているのですが、写真や動画を撮影するうえで重要なのが「光」です。

やはり照明があるのとないのとでは写真の仕上がりに大きな差が出ます。

照明なしで撮影したUlanzi CUTE LITE のキャリングケースの画像
照明なし
照明ありで撮影したUlanzi CUTE LITE のキャリングケースの画像
照明あり
はしかん

昼間でも影で暗くなる部分を照明で補って上げるといい感じの写真が撮れます。

本記事でご紹介するUlanzi『CUTE LITE』は、室内での小物撮影や、水中でアクションカメラと一緒に使うなど様々な用途で使えるキューブ状の小型LEDライトです。

Ulanzi CUTE LITE を点灯している様子

付属品が充実しているのに3,500円前後で購入できるうえ、本体に1/4の三脚穴やコールドシューやマグネットを搭載し、使い勝手もバツグン!

4段階の明るさ調節が可能で、IPX68の防水性能を持っているのでアクションカメラと組み合わせて水中で使ったり、撮影以外の用途としても車のトランクドアに付けて夜釣りやキャンプで使ったりと、色んなシチュエーションで役立つ便利なライトです。

CUTE LITE』の特徴

  • 小型のキューブ型LEDライト
  • IP68の防水性能で水深10mまで潜れる
  • 充電端子はマグネット式でカバーの開け閉め不要
  • 4段階の明るさ調整。最大1,000Lux/0.5mの明るさ
  • 800mAhのバッテリー内蔵で、最大輝度で1時間、最小で4時間のバッテリー持ち
  • 本体にマグネット内蔵で金属面に取付可能。三脚穴やコールドシューも付いていて使い勝手良し
  • アクセサリーが充実
  • なのに価格がリーズナブル!
メリット
デメリット
  • ちょっとした照明に便利
  • 気軽に使える
  • 三脚に取付可能で便利
  • リーズナブルなお値段
  • マグネットの磁力が少し弱い

本記事ではそんなUlanzi『CUTE LITE』を写真多めでレビューしていきます。

はしかん

動画でも付属品や光り方をチェックできますので良かったら見てみてください!

提供品

本記事はメーカーのUlanzi様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

タップできる目次

Ulanzi CUTE LITE の概要

それでは『CUTE LITE』の概要をチェックしていきましょう。

スペック

詳細スペックはこちら。

ブランドUlanzi
商品名CUTE LITE
型番L2
ブラック
大きさ幅 41mm x 高さ 41mm x 奥行 38mm
重さ60g
色温度5500K ± 200k
輝度4段階調整
防水規格IP68
明るさ1000Lux/0.5m 300Lux/1.0m
照明角度60°
バッテリー容量3.7V/800mAh
バッテリー持続時間60分(最大輝度)〜240分(最小輝度)

スペックには無いですが、三脚に取り付けられるよう本体に1/4ネジを搭載していたり、コールドシューや磁石も内蔵しているので様々な使い方が可能です。

はしかん

補助ライトとして1つあると便利かも!

外観と付属品

それでは外観をチェックしていきます。

Ulanzi CUTE LITE の外箱

このライトのすごいところがリーズナブルな価格なのに付属品が充実しているところ。

このようなキャリングケースに入っています。

Ulanzi CUTE LITE のキャリングケース

開けると豊富なアクセサリーに驚きます。

Ulanzi CUTE LITE のキャリングケースを明けた状態
はしかん

なにこの充実っぷり!

内容物一覧
  • CUTE LITE 本体
  • 充電ケーブル 2本
  • ディフューザー
  • ハニカムグリッド
  • 円形コンデンサーカップ
  • シャッター
  • カラーフィルタ 8色
  • アクセサリーシュー
  • キャリングケース
  • カラビナ
  • 説明書
Ulanzi CUTE LITE の内容物一覧

本体はキューブ型でコンパクトなデザイン。完全防水です。

Ulanzi CUTE LITE を指で摘んだ状態

背面にマグネット式の充電端子があります。

Ulanzi CUTE LITE の背面。充電ポートやバッテリー容量などが記載されている。

側面には電源ボタン、コールドシュー、三脚穴があります。

Ulanzi CUTE LITE の電源ボタン
Ulanzi CUTE LITE のコールドシュー
Ulanzi CUTE LITE の三脚穴

充電ケーブルは独自規格のマグネットタイプ。

Ulanzi CUTE LITE の専用充電ケーブル

右にケーブルが出る方向でないと接続できないようになっています。

Ulanzi CUTE LITE に専用充電ケーブルを接続した状態の画像

フィルタ類もマグネット式で簡単に取付け取外しができます。ハニカムグリッドは光の拡散を抑えます。

Ulanzi CUTE LITE にハニカムグリッドを取り付けた状態の画像

円形コンデンサーカップは光を1点に集中させたいときに便利。

Ulanzi CUTE LITE にシャッターを取り付けた状態の画像

シャッターは光を四角くコントロールできます。

Ulanzi CUTE LITE に円形コンデンサーカップを取り付けた状態の画像

ディフューザーは鋭い光を和らげてソフトな印象にしてくれます。

Ulanzi CUTE LITE にディフューザーを取り付けた状態の画像
はしかん

記事後半で実際の光の変化をご覧いただけます。

重さと大きさ

大きさは幅 41mm x 高さ 41mm x 奥行 38mm。重さは約60gと軽量です。

小さくて軽いので持ち運びもラクラク!カメラの上に付けても重量負担になりにくいです。

Ulanzi CUTE LITE を手に乗せた状態の画像
はしかん

まさに手のひらサイズ!

光の強さやアクセサリーを使ったときの光の状態

実際の光をチェックします。

まず照明がほぼゼロの状態がこちら。撮影場所はロフトの下なのでかなり暗めです。

照明なしの状態でUlanzi CUTE LITEのキャリングケースを撮影した画像
照明なし

そして『CUTE LITE』を点灯したときの光の強さがこちら。1段階から4段階まで明るさ調整可能です。

続いて各アクセサリーを使ったときの光の変化。

ディフューザーを使うと影のでき方が若干マイルドになり、ハニカムグリッドは光の拡散を防いで対象物を浮き上がらせます。円形コンデンサーカップは光を収束させるので小物の撮影に役立ちます。光を当てたいところを任意でコントロールしたいときはシャッターが便利。

最後にカラーフィルターの色の変化具合。

全部で8色ありますが、一部の色のみ掲載しています。

これだけでも随分雰囲気が変わりますね。

はしかん

これ一つで色んな使い方ができますね!

便利な使い方

くねくね三脚「MT-11」と組み合わせて使う

ミニ三脚に取り付けたりアクセサリーシューでカメラに取り付けたりできますが、『CUTE LITE』とくねくね三脚『MT-11』を組み合わせて使うと便利!

CUTE LITE』を直接三脚に取付けるといろいろな場所で使えるようになります。

Ulanzi CUTE LITEをMT-11に取り付けた状態の画像

この状態でアクセサリを付けて光をコントロールすることももちろん可能。

ブツ撮り用のサブ照明として結構使えます。

Ulanzi CUTE LITEをMT-11に取り付けてフェイクグリーンを照らしている様子の画像

MT-11』の雲台部分はスマホホルダーにもなり、さらにコールドシューも付いているのでアクセサリーシューを使って組み合わせて取り付けもできます。

Ulanzi CUTE LITEとiPhone 12 Pro MaxをMT-11に取り付けて低いアングルから狙っている様子の画像
はしかん

ライトの代わりにマイク付けたらVlog用のセットアップにもなります。

脚が自在に曲げられるので、ポールなど好きな場所に取り付け可能。

Ulanzi CUTE LITEとiPhone 12 Pro MaxをMT-11に取り付けてポールに巻きつけている状態の画像

自撮り用の照明としても使えます。

Ulanzi CUTE LITEとiPhone 12 Pro MaxをMT-11に取り付けて自撮りしている状態の画像

MT-11の外観と付属品

外箱はとても3,000円以下で買える三脚とは思えないほど高級感漂うパッケージ

Ulanzi MT-11の外箱画像

内容物はこんな感じ。

内容物一覧
  • くねくね三脚本体
  • Bluetooth シャッターリモコン
  • ストラップ
  • 取り扱い説明書
Ulanzi MT-11の内容物一覧の画像

脚をまっすぐ伸ばせば雲台のカメラ取り付け部分まで約19cmの高さ。

くねくね三脚と言っても思ったよりしっかりした脚です。内部にアルミの芯が入っていてゴリラポッドのようにギシギシした感じではなく、クイックイッとしなやかに曲がります。

Ulanzi MT-11を立てた状態の画像

雲台部分はとても工夫を感じる造りになっています。ネジ部分はダイヤルになっていて簡単に締めることができます。

Ulanzi MT-11の雲台部分の拡大画像

なんと水平器まで付いています!

Ulanzi MT-11の雲台部分に付いている水平器の画像

1/4ネジ部分。樹脂製ですが安っぽい感じはないです。

Ulanzi MT-11の雲台部分のネジ部分の拡大画像

ここが開いてスマホホルダーに変形します。幅が6.5cmから9.5cmのスマホに対応しています。

Ulanzi MT-11の雲台部分を開いてスマホホルダーの状態にした画像
対応スマホの一部

iPhone:12、12 Pro、12 Pro Max、11、11 Pro、11 Pro Max、XS、XS Max、XR、8、7、6、6s、6s Plus。Android:Samsung、LG、Sony、Nexus、HUAWEI、HTCなど4.7 ~ 6.7インチのスマートフォンに対応。

脚部分の表面はラバー素材で凸凹になっています。

Ulanzi MT-11の脚の表面画像

脚の先端部分はゴム足で滑りにくくなっています。

Ulanzi MT-11のゴム足部分の拡大画像

このように一眼も載せることができます。

Ulanzi MT-11にミラーレス一眼を載せた状態の画像
はしかん

しっかりしてるしこれで3,000円切るお値段も魅力的!

まとめ

Ulanzi CUTE LITE を点灯している様子

本記事では『CUTE LITE』をレビューしました。

CUTE LITE』は最長4時間持つバッテリーを搭載し、IP68の防水規格に対応したキューブ型の小型LEDライトです。

本体に三脚用ネジ穴・コールドシュー・マグネットを搭載し、豊富なアクセサリーが付属していてお得感満載の撮影用アイテムです。

CUTE LITE』の特徴

  • 小型のキューブ型LEDライト
  • IP68の防水性能で水深10mまで潜れる
  • 充電端子はマグネット式でカバーの開け閉め不要
  • 4段階の明るさ調整。最大1,000Lux/0.5mの明るさ
  • 800mAhのバッテリー内蔵で、最大輝度で1時間、最小で4時間のバッテリー持ち
  • 本体にマグネット内蔵で金属面に取付可能。三脚穴やコールドシューも付いていて使い勝手良し
  • アクセサリーが充実
  • なのに価格がリーズナブル!
メリット
デメリット
  • 小さいのでちょっとした照明に便利
  • 雨を気にせず気軽に使える
  • 三脚に取付可能で便利
  • アクセサリーが豊富
  • リーズナブルなお値段
  • マグネットの磁力が少し弱い
こんな人におすすめ
  • ブログやYouTubeの写真や動画をきれいに撮影したい方
  • メルカリやYahooオークションなどに出品するときの写真をきれいに撮りたい方
  • アクションカメラと組み合わせて使える小型ライトをお探しの方
  • 水中で使えるライトをお探しの方
  • キャンプや夜釣りなどのアウトドアで使える小型ライトをお探しの方
はしかん

撮影以外の用途でも色々使えそう!

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる