【スマートマットライト レビュー】消耗品の買い忘れがゼロに!完全自動発注IoTデバイスを試してみた

評価:4.5

スマートマットライトは飲料水・トイレットペーパー・コピー用紙など、家や事務所で在庫を切らしたくない消耗品を自動発注してくれるハカリ型スマートデバイスです。設定さえしておけば在庫状況を重さで判断し本当にゼロクリックで追加購入が完了!在庫がゼロになることを防いでくれます。

こんにちは。毎朝コップ一杯の水は欠かせない”はしかん”と申します。

生活や仕事に必ず必要な消耗品。

  • 飲料水
  • トイレットペーパー
  • お米
  • コピー用紙 などなど

在庫があるかチェックして、なくなる前に発注して維持するのも大変ですよね。

我が家でも「うわ!お米がない!買ってきて!」と妻から突然の司令が出ることもしばしば…。

はしかん

この時間があればYoutubeもっと見れるのに…。

そんな消耗品を維持するためにかかる時間や買い忘れによる時間のロスをなくしてくれるガジェットが本記事でご紹介する『スマートマットライト』です。

スマートマットライト』はA3、A4、A5の3つのサイズから選べるハカリ型のスマートデバイスで、上に載せた消耗品の重量を定期的に計測し、設定した残量より少なくなった時点で自動的に商品を発注し在庫切れを防止してくれるアイディア商品。

スマートマットライトの特徴

  • 見た目は普通のハカリ
  • 自動発注に対応した商品は1,000以上。現在も続々と追加中
  • 一度設定すれば本当にゼロクリックで商品が届く(発注時にメールが届き24時間以内ならキャンセルも可能)
  • 設定削除も簡単

我が家では水を自動発注するのに使っていますが、水の在庫が切れることがなくなり、あの重い水をいちいちリアルに買いに行かなくてもよくなりました。

はしかん

忙しくて少しでも時間を節約したい方におすすめのIoTデバイスです!

本記事ではそんな『スマートマットライト』を写真多めでレビューしていきます!

気になるところまで読み飛ばす

提供品

本記事はメーカー様よりサンプル品をご提供いただき作成しています。

タップできる目次

スマートマットライト の概要

それでは『スマートマットライト』の概要をチェックしていきましょう。

スマートマットライトの種類と性能

種類スマートマットライトA3スマートマットライトA4スマートマットライトA5
外観
大きさ40 x 30 x 3cm30 x 20 x 3cm20 x 15 x 3.2cm
商品例コピー用紙、大容量ドリンク、業務用備品、おむつ小容量ドリンク、米、他なんでも万能サイズマスク、衛生用品、使い捨て製品、洗剤、棚の中の商品
最大計測重量100kg30kg5kg
最大計測誤差100g+1%10g+0.5%1g+0.15%
通信方式WiFi 2.4GHz同左同左
計測タイミング1日4回同左同左
電源単3乾電池4本、約1年同左同左
使用環境0℃〜35℃、30 ~ 85%RH同左同左
付属品単3形乾電池、クイックスタート同左同左
防水性能IPX3(鉛直±60°の噴霧水に対応)同左同左

大きさによって乗せるものの重量に制限があるので、購入時は注意が必要です。

とは言え一番大きいA3サイズはなんと100kgの重さまで対応!本記事でレビューしているA4サイズも最大30kgまで対応しているため、箱買いした重たいペットボトルの水を乗せても全く問題ありません。

はしかん

すごく頑丈!

スマートマットライトの対応商品ラインナップ

スマートマットライトの対応商品は2021年7月時点で1,000以上もあります。

スマートマットライト対応商品ラインナップ

飲料水やお米、洗剤、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品から、コピー用紙・クリアファイルなどの事務用品、プロテインやサプリといったの健康食品まで、現在も少しずつ商品ラインナップが充実していってます。

商品ラインナップをチェックして、愛用している日用品が登録されていれば『スマートマットライト』を検討するに値しますよ!

外観と付属品

外箱は白一色に黒い文字でシンプルでおしゃれな外観。

スマートマットライトの外箱画像

内容物はこちら。

内容物一覧
  • スマートマットライト本体
  • 単4電池 4つ
  • 取り扱い説明書
スマートマットライトの内容物一覧
はしかん

電池が付属していてすぐに使えるのは嬉しいところ。

外観の全体像はこのようなイメージ。

ガラス製の天板がオシャレ感を出しています。目盛表示が無いだけで、ぱっと見はハカリそのもの。

手前の角部分にLED発光部があります。

スマートマットライト本体の全体像

LEDの左隣にボタンが一つ付いていて、初期設定時などに使います。

スマートマットライト本体のLEDインジケーターとボタン部分の拡大画像

LEDはこのように緑に光ります。

スマートマットライト本体のLEDインジケーターが緑に光っている様子の画像

ガラス天板もそこそこ厚みがあり、値段の割にはしっかりした造りだなと感じさせるデバイスとなっています。

スマートマットライト本体の天板はガラス製、安いけど安っぽさはゼロです

底面は電池の蓋とACアダプタを接続するためのコネクタがあります。

スマートマットライト本体の底面の画像

電池は単三電池が4本必要。電池は通常仕様で約1年間持つとのこと。

スマートマットライトの電池ボックス

スマートマットライトの使い方

水の自動発注の設定手順

STEP
アカウントを作成する

スマートマットライトのサイトにアクセスしアカウントを作成します。

スマートマットライトログイン画面

スマートマットライトログイン画面のスクリーンショット
アカウントを持っていない場合は、「会員登録」をタップしてアカウントを作成します。
スマートマットライトのアカウント本登録完了時に表示されるスクリーンショット
仮登録から本登録まで進めます。

アカウント作成が完了したらログインします。

STEP
スマートマットライトをセットアップする

付属している電池をスマートマットライトにセットします。

スマートマットライトに電池をセットしている画像

スマホの画面に従ってスマートマットライトを登録し、WiFiに接続します。

スマートマットライトのセットアップ手順のスクリーンショット
「セットアップを始める」をタップします。
スマートマットライトのセットアップ手順のスクリーンショット
マットを水平な場所に置きます。

スマートマットライトのシリアルナンバーを登録し、マットとスマホを接続します。

スマートマットライトのセットアップ手順のスクリーンショット
マットのシリアルナンバーを入力して次へをタップします。
スマートマットライトのセットアップ手順のスクリーンショット
WiFiでマットとスマホを接続します。

続いてWiFiルーターとスマートマットを接続します。

問題なく完了すれば商品一覧の画面になります。個々までくればあとは商品を登録すれば準備完了です。

スマートマットライトのセットアップ手順のスクリーンショット
続いてマットとWiFiルーターを接続。
スマートマットライトのセットアップが完了した時点のスクリーンショット
ここまで来たらセットアップは完了です。
STEP
商品を設定する

スマートマットライトの商品選択画面にアクセスします。

商品カテゴリの中から注文したい商品を選択するとAmazon dashの画面になります。

スマートマットライトの対象商品カテゴリのスクリーンショット
スマートマットライトの商品登録画面のスクリーンショット

商品を選択してAmazon dash の登録が完了すれば自動発注の設定は完了です。

商品が既に手元にある場合はこのタイミングでスマートマットに商品を乗せます。

まだ手元にない場合は、24時間後に商品が自動発注されますので、商品が手元に届き次第スマートマットに商品を乗せましょう。

スマートマットライトの商品選択画面のスクリーンショット
Amazon dash の商品登録完了時のスクリーンショット

商品一覧の中から希望の商品を選択し、登録していきます。僕は2Lのペットボトルが8本入った「いろはす」を登録しました。

STEP
商品を乗せる

設定後24時間なにも乗せなければ自動的に初回の発注がかかるので、届いたらスマートマットライトに乗せて運用開始!

スマートマットライトをデスク下に設置した様子の画像
スマートマットをどこに置くか決めて…
スマートマットライトの上にいろはすを置いた状態の画像
商品を乗せれば運用開始!
はしかん

思ったより簡単に設定ができました。

解除方法

解除も簡単で、スマートマットライトのサイトにアクセスし、登録されている商品を選択して削除するだけ。

別の商品を再登録するのも簡単です。

登録済みの商品を選択して一番したに表示される「商品を削除する」をタップし、「本当に削除しますか?」で「削除する」をタップすれば完了です。

スマートマットライトの登録商品詳細画面のスクリーンショット
商品を削除するをタップし
「削除する」をタップで削除完了
はしかん

削除後は別の商品を登録できるようになるので、改めて商品を選び直せばOK!

特徴

ゼロクリックで消耗品が切れる前に商品が届く!

疑っていたわけではないのですが、本当にゼロクリックで商品が届きました。(あたりまえ)

商品残量が設定値を下回ってから3日後に商品が届いたのですが、時系列がこちらです。

日付状況
7月3日の日中水の残量が8本中残り3本になる
7月4日 AM4:31Amazonから自動発注のメールが届く
7月5日注文が確定し発送
7月6日商品が到着!
基準値下回ってから3日後に補充完了!
ゼロクリックで商品が届き、現在の在庫と並べて置いた状態の画像
残り3本の状態のまま追加の水が届きました。ちょっと早いかな〜と思ったら追加発注タイミングを40%→30%に変更してチューニング可能

僕は設定値は初期設定の40%で運用していますが、これだと2Lの水8本中3本になった時点で発注処理が開始されます。

設定値を下回ってから実に3日で補充完了です。(地域や商品の在庫状況によって変化します)

あとは消費するスピードを考慮して、発注タイミングのチューニングを行えば完璧です!

1週間に一度残量状況のメールを送ってくれる

スマートマットライトの商品残量お知らせメールの画像

週に1度、現在の残量が何%か確認のメールを送ってくれます。

正直あまり気にして見ることはないかもしれませんが、消耗品が減るペースを把握できて便利です。

意外と大きな物を載せられる

スマートマットライトの見た目は高さ3cmのハカリに過ぎないのですが、見た目よりも重たいものを乗せることができます。

そのため、水やお米などの密度が高く重たい消耗品を乗せて管理することができます。

A4サイズでも最大30kgのものまで乗せることができますので、水や米などの一般的な消耗品であれば問題なく対応可能。

まとめ

スマートマットライトボタン部分の拡大画像

本記事では『スマートマットライト』をご紹介しました。

スマートマットライト』は上に乗せた消耗品の重さを定期的に計測し、無くなる前に自動発注してくれるIoTデバイスです。

今まではAmazon定期便で「2ヶ月に1度自動発注」と言ったような期間設定での自動発注はありました。しかしこれだと消耗品の減り具合が基準ではないためまだ在庫があるのに早く届き過ぎてしまったり消費しずぎで届く前に在庫がなくなってしまったりとちょっと不便な点もありました。

しかし『スマートマットライト』ならそういった中身からも開放されます!

スマートマットライト』はこんな方におすすめ

  • 自分で水やお米などの消耗品を買いに行くのに疲れた方
  • 買い忘れたり消耗品が切れて焦って買いに行くことが多い方
  • Amazonの定期便を登録しているが、自動発注のタイミングが合わずに困っている方
メリット
デメリット
  • 消耗品の追加発注や在庫状況チェックから開放される
  • Amazon定期便からの乗り換えで発注タイミングの不一致から開放される
  • スマートマットライト』は2,000円弱で買えるほどの安さ
  • 2.4Ghz帯のWIFiにしか対応していないため、5Ghzで統一したい方には悩ましいところ
はしかん

自分のペースに合った補充が可能なので、無駄がなくて最高!

おうち時間が増えている状況で、日用品の維持のために費やす労力は少しでも減らしたいですよね。

この記事が少しでも検討の際の参考になればうれしいです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる