スマートフォン

【TECLAST P20HD レビュー】動画視聴にピッタリな10.1インチ激安中華タブレット

https://hashikan.net

本記事では、激安中華タブレット『TECLAST P20HD』をレビューしています。10.1インチ(1,900 x 1,200)ディスプレイと6,000mAhの大容量バッテリーでYoutubeを垂れ流しするのにピッタリな動画視聴に最適なタブレットです。

 

今回ご紹介する『TECLAST P20HD』は10.1インチの激安タブレットです。

CPUはUNISOCのオクタコア1.6GHz4GBのRAMと64GBのストーレジを搭載し、OSにはAndroid10を採用。GPS4G LTEデュアルSIM対応、Bluetooth5.0、802.11acデュアルバンドWi-Fiにも対応した、一通りなんでも詰まっている端末となっています。

TECLAST P20HDのディスプレイの画像

ディスプレイは1900x1200のIPS液晶。ステレオスピーカー搭載。

 

まず最初に心配していた技適についてですが、僕の見る限り技適が取得さていることを確認できませんでした。

 

本機種の技適について

タブレット本体の背面に技適マークがプリントされてはいますが、番号の記載がなく、設定項目にも認証情報がありませんでした。

また、取扱説明書にも技適マークがありましたが、同じく番号の記載はありません。

技適番号検索でも見つけられなかったので、今回のレビュー実施にあたっては念の為「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」への届け出を実施し、4G LTEは使用せずに実施しております。そのため4G LTEや屋外に持ち出してのナビ等の実機レビューはありませんのでご了承下さい。

日本国内での技適未取得端末の使用は法律で禁止されておりますので、本端末の購入、日本国内での使用は自己責任でお願いします。

 

Gearbestで見てみる

 

メモ

本記事はGearbest様よりサンプル品をご提供頂き作成しています。

 

気になるところまで読み飛ばす

 

TECLAST P20HD のスペックと外観

スペック

詳細スペックはこちら。

商品情報
ブランド TECLAST
商品名 P20HD
OS Android 10
CPU SC9863A 1.2GHz,1.6GHz,オクタコアCPU
RAM 4GB
ストレージ 64GB(128GBまでのmicroSDカードを追加可能)
バッテリー容量 6,000mAh
ディスプレイ 10.1インチ (1920 x 1200) IPS液晶
スピーカー ステレオスピーカー
カメラ フロント2.0MP、背面5.0MP
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
LTEバンド B1, B3, B5, B7, B8, B20, B34, B38, B39, B40, B41
GPS BDS +GPS、A-GPS
入出力端子 USB TYPE-C、3.5mmイヤホンジャック、MicroSDカードスロット
大きさ 24.6cm x 16.2cm x 0.93cm
重さ 529g

 

スペックとしては、容量は64GBとそこそこあるし、RAMも4GB、最大128GBのMicroSDも使用可能なので容量は全く問題なし。

バッテリーは6,000mAhもあるので、長時間利用にも耐えます。

一通りの機能を備え、4G LTEも使えるのでナビとしての用途にも使えそうです。

 

はしかん
UnisocのCPU性能についてはベンチマークテストもしたので参考になれば嬉しいです。

 

外観と付属品

外箱には「TECLAST tPad」の文字が。TECLASTの製品は初めて使うのでワクワクです!

TECLAST P20HDの外箱画像

 

内容物は本体、充電ケーブル、電源アダプターといった普通の構成ですが、電源アダプターは海外仕様なので国内では使用できないものでした。

TECLAST P20HDの付属品一覧

 

同梱品一覧

  • TECLAST P20HD本体
  • TYPE-A to TYPE-C 充電ケーブル
  • 電源アダプター(海外仕様)
  • 説明書
  • ワランティーカード

 

タブレット本体は10.1インチの大きさですが、横幅が広い「Fire HD 10」に慣れているせいか、とてもコンパクトな印象です。

TECLAST P20HDのディスプレイ面の画像

 

ディスプレイには最初からフィルムが貼ってあるので別途購入する必要はありません。

TECLAST P20HDのディスプレイには購入時から保護フィルムが

 

背面にも保護フィルムが貼られています。

TECLAST P20HDの背面画像

 

側面にスピーカーホールが見えます。タブレットを横向きにしたときにちゃんとステレオになるスピーカーレイアウト。

TECLAST P20HDのスピーカーホール

 

 

ディスプレイのエッジ部分はラウンド形状になっており、ベゼルもそこそこ狭く作ってあるので、価格の割には安っぽさはあまり感じません。

TECLAST P20HDのディスプレイはラウンド形状

 

充電ポートと操作ボタン。そして強制再起動用のリセットボタンの小さい穴もあります。

TECLAST P20HDの充電ポートと操作ボタンの画像

 

充電ポートは嬉しいTYPE-C対応です。

TECLAST P20HDの充電ポートはTYPE-C

 

イヤホンジャックとSIMトレイ部分。3.5mmイヤホンジャックがあるのもありがたいですね。

TECLAST P20HDのSIMトレイとイヤホンジャックの画像

 

フロントカメラは横向き利用を想定した位置に搭載されています。画素数は200万画素。WEB会議程度なら十分な解像度です。

TECLAST P20HDのフロントカメラ

 

SIMトレイはこのようにデュアルSIM対応で、nanaSIM用です。

TECLAST P20HDのSIMトレイの画像

 

SIM2枚の場合はこのレイアウト。

TECLAST P20HDのSIMはnanoSIMに対応

 

2枚目のSIMトレイはMicro SDカードと兼用になっているため、DSDSを取るか容量を取るかといった選択が必要です。

 

それでは保護フィルムを剥がしてみます。

TECLAST P20HDの保護フィルムの保護フィルムをはがす画像

 

背面まで丁寧に保護フィルムを貼ってくれているのは嬉しいですね。

TECLAST P20HDの背面保護フィルムをはがす画像

 

背面はヘアライン加工された高級感のあるデザイン。

TECLAST P20HDの背面はヘアライン加工が施されている

 

背面に機種名と各国の技術認証マークがプリントされています。

一応、技適マークもプリントされていますが・・・。

TECLAST P20HDの技適マークの画像

 

エッジ部分は丸くRがかかったデザインで、この辺はちゃんと作ってあるなといった印象。

TECLAST P20HDのエッジ部分はラウンド形状になっている画像

 

背面カメラは500万画素。実測値で1.3mmほど出っ張っています。

TECLAST P20HDカメラは5.0MP

 

全体的にまったく安っぽさを感じさせない質感です。

 

はしかん
ざっと見てもお値段以上の装備ですね。

 

Gearbestで見てみる

 

大きさと重さ

大きさは実測値で24.6cm x 16.2cm x 0.93cmでした。

手に持ってみるとこのくらいの大きさ。

TECLAST P20HDを手に持った画像

 

Amazon Fire HD 10」と並べると高さが約1.6cmほど短いので、とてもコンパクトに感じます。

TECLAST P20HDとFire HD 10を並べた画像

 

ディスプレイの大きさは同じですが、ベゼルが狭く、なぜか画面が大きく感じます。

TECLAST P20HDとFire HD 10のディスプレイをONにして並べた画像

 

重さは実測値で529gでした。「iPad」や「Amazon Fire HD 10」に比べて若干重いですが、誤差の範囲ですね。

TECLAST P20HDの重さを計測している画像

 

Gearbestで見てみる

 

TECLAST P20HD の特徴

ベンチマークテストの結果

同価格帯で安く買えるタブレットとして「Amazon Fire HD 10」があります。(Fire OSという制限がありますが…)

3D Mark」を使用し、一世代前の「Amazon Fire HD 10(2017)」と結果を比較してみました。

それぞれのスコアがこちら。

TECLAST P20HDの3D Markによるベンチマーク結果

P20HD 363

Fire HD 10の3D Markによるベンチマーク結果

Fire HD 10 487

 

1世代前の「Amazon Fire HD 10」のほうがスコアが良いという結果に・・。

 

はしかん
あまり負荷のかかる処理には向いていなさそうです。

 

また『TECLAST P20HD』の「Geekbench5 」によるベンチマーク結果がこちら。

TECLAST P20HDのGeekBench5によるベンチマーク結果

シングルコア=150、マルチコア=756

 

Amazon Fire HD 10」はなぜか「Geekbench5 」がインストールできなかったので、スコア比較はできませんでしたが、他の機種とのスペック比較の参考になれば嬉しいです。

 

SIMPC(シンプシー)さんのサイトにスコア比較表がわかりやすくまとめられているので、参考にしてみてください。

 

ゲームで遊んでみた結果・・

アスファルト9

TECLAST P20HDでアスファルト9をプレイしているスクリーンショット

いきなり3Dゲームから試していきます。

まず、「アスファルト9」の起動にかかる時間は約40秒でした。

若干画面遷移に時間がかかりますが、レースは普通にプレイ可能。

レース中の画面は、高スペックタブレットのヌルヌル感はありませんが、ほぼ問題なくプレイできました。

 

PUBG

TECLAST P20HDでPUBGをプレイしているスクリーンショット

続いてバトロワでは外せない「PUBG」をプレイ。

結果、ちょっとこのゲームを遊ぶのはちょっと厳しいかもしれません・・。

印象としては「なんとか動いている」といった感じ。

 

ゲーム起動にかかる時間はインストール直後の1回目はアップデートやらなんやらで6分ほどかかりました。長っ!

アップデートが終わり、次回起動時間は、約50秒だったので、起動時間はそんなに気になるほどではないですね。

 

問題はフレームレートと操作感です。

 

フレームレートは体感で20fps程度。たまに引っかかるときもあり、お世辞にもスムーズとは言えません。

操作感ですが、操作をしてからのレスポンスが悪く、ワンテンポ遅れて動く感じなので、打ち合いになったときにかなり不利です。

車に乗ったときの操作感も少し違和感があり、ちょこんとタッチしたつもりでもグルッと向きが変わるときがあり、操作が難しいです。

 

slither.io

TECLAST P20HDでslither.ioをプレイしているスクリーンショット

続いて2Dゲームの「slither.io」

これは全く問題なく遊べるしスムーズに動きます。

操作感も特に違和感なく遊べました。

 

全体を通してですが、端末に負荷のかかる3Dシューティングには全く向いていませんが、2Dのシミュレーション系ゲーム程度であればそつなくこなす程度の性能を持っている端末です。

 

Gearbestで見てみる

 

メリット

高精細ディスプレイとステレオスピーカー搭載で動画視聴に最適

TECLAST P20HDでプライムビデオを開いているスクリーンショット

ディスプレイの解像度が1900x1200と高精細なので、FHD画質で動画や映画が楽しめます。

さらに、本体に搭載されているスピーカーはちゃんと本物のステレオスピーカー。音質は良くもなく悪くもなく、といった感じですが、モノラルとステレオの違いはやはり大きく、映画視聴時の臨場感はそこそこ感じられます。

Youtubeで動画を楽しんだり、AmazonプライムやNetflixなどで映画を楽しむには十分の端末です。

 

GPSを搭載

TECLAST P20HDでGPSを受信しているスクリーンショット

GPSを搭載しているため、ナビとしての利用が可能。

ディスプレイも10.1インチと大きいので案内も見やすいと思います。

 

ただ、地磁気センサーは搭載していないので、その点だけ注意が必要です。

 

大容量バッテリーで長時間利用可能

6,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、長時間利用が可能です。

完全充電された状態から2時間の映画を1本見たところ、バッテリー残量は81%だったので、8時間くらいは使えるのではないかと思います。

 

はしかん
これだけ使えればバッテリー性能としては○でしょう!

 

デメリット

タッチパネルの操作感に違和感あり

タッチパネルの反応に波があり、ゆっくり縦スクロールしようとすると指は一定速度なのに画面のスクロールが速くなったり遅くなったりします。

また、イラストアプリの「ibispaint」で線を引いてみたところ、斜めにまっすぐ線を引こうとしても線が波打ってしまうという現象を確認しました。

 

Fire HD 10でibispaintで線を引いてみた結果の画像

こちらが「Fire HD 10」。

TECLAST P20HDでibispaintで線を引いてみた結果の画像

こちらが「P20HD」。

両方とも指は直線的に動かしているのですが、『TECLAST P20HD』の方はあきらかに線がうねうねしているのがわかります。

また、線を書いているときの指の追従性もいまいちで、指の通ったあとワンテンポ遅れて線がディスプレイに描画されるという状態でした。

 

はしかん
イラスト作成にはあまり向いていないですね。

 

技適があやしい

TECLAST P20HDの背面にあるマークの画像

本体背面に技適マークがありますが番号の記載がありません。

また、取扱説明書にも同じマークがありましたが同じく番号はありませんでした。

設定画面を開いても認証情報は特になかったので、僕が見る限りでは技適取得を確認できず・・。

 

注意ポイント

今回のレビューでは念の為、技適未取得機器を用いた実験等の特例制度で申請を行いWiFiのみ動作させて検証しましたが、購入やご利用は自己責任でお願いいたします。

 

Gearbestで見てみる

 

TECLAST P20HD まとめ

TECLAST P20HDのディスプレイの画像

 

TECLAST P20HD』はAndroid10を搭載した10.1インチの激安中華タブレットです。

ディスプレイには1900x1200の高精細IPS液晶を採用、そしてステレオスピーカーを内蔵しているので、動画視聴にピッタリの端末に仕上がっています。

 

はしかん
タブレット本体の質感も非常に高級感があり、とても1万円ちょっとで買えるタブレットには見えません。

 

ココがおすすめ

  • 1万3,000円で買える10.1インチSIMフリータブレット端末
  • 1900x1200の高解像度ディスプレイとステレオスピーカーで動画視聴に最適
  • 6,000mAhの大容量バッテリー搭載で長時間の動画視聴も可能

 

ココがざんねん

  • タッチパネルの操作感に違和感がある
  • 技適があやしい

 

はしかん
胸を張っておすすめ!とは言えない端末ですが、価格やスペックだけ見ると非常に魅力的なことは間違いないです。

 

Gearbestで見てみる

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

この記事も読まれています

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

ガジェットが大好きな40代会社員。生活や仕事を効率化できるガジェットへの投資は惜しみません。ディスプレイ・イヤホンなどの映像や音が出るものが特に好きです。趣味はランニングと新しいガジェット探し。

-スマートフォン
-, ,

© 2020 ガジェットランナー