パソコン周辺機器

【ロジクール Pebble M350 レビュー】高コスパなBluetooth静音マウス! かわいくて持ち運びやすい!USBレシーバー付属!

更新日:

はしかん
突然ですが、普段どのような環境でPCを使っていますか?
  • オフィス?
  • 自宅?
  • カフェ?
  • コワーキングスペース?
  • 図書館?

静かな場所になればなるほど気になるのがマウスの「クリック音」ではないでしょうか。

 

カチカチカチカチ

カチカチカチカチ

 

マウス使いたいんだがちょっとクリック音が響いている気が・・・
お困りくん

 

やはりシーンとした場所でけたたましく響くクリック音は気になりますし、自らもあまり発したくないものです・・・・。

 

はしかん
そこで便利なのがクリック音がしない「静音マウス」です!

 

最近では、この「クリック音」が全くしない「静音マウス」が増えてきています。

 

この度ロジクールから新しい静音マウス「Pebbleペブル M350」が発売されるということで、とっても楽しみにしていました。

 

はしかん
発売と同時に購入しましたので、早速レビューしていきたいと思います!

 

Pebble M350の概要

logicool Pebble M350 PCと並べた画像

はしかん
まずいちばんの特徴は、クリック音のしない静音マウスであるということ!

スペック

接続方式Bluetooth および 付属USBレシーバーによるワイヤレス接続
ボタン数3
解像度dpi1000
使用電池単三電池1本
電池寿命18ヶ月(1日4時間使用した場合)
重さ約78g(電池含む)
大きさ(幅 X 奥行き X 高さ)56 x 107 x 26.5 mm
付属品ワイヤレスマウス本体、超小型レシーバー、単三電池(装着済み)、取扱説明書
保証2年間無償保証
発売日2019/06/20

 

ポイント

さらに注目なのが、ワイヤレス接続方式がBluetooth接続と、通常のUSBレシーバーによる接続の両方に対応している点!

 

色は「グラファイトコントラスト」「ローズ」「オフホワイト」の3色となります。

今回私が購入したのが「グラファイトコントラスト」で、濃いグレーのような色です。

色によって型番が違いますので注意してください。

型番
グラファイトコントラストM350GR
ローズM350RO
オフホワイトSE-M350OW

 

はしかん
さらに軽量で薄くて持ち運びやすく、モバイラーにもおすすめのワイヤレスマウスです!

 

対応OS

Windows、Mac、Chrome OS、Linux、Androidで動作します。

USBレシーバーの場合

USB TYPE-Aのポートが必要です。

WindowsWindows10以降、Windows 8、Windows 7
macOSmacOS 10.10以降
Chrome OS全て
Linuxカーネル2.6以降

 

Bluetooth接続の場合

Bluetooth Low Energyテクノロジーに対応していることが条件です。

WindowsWindows10以降、Windows 8
macOSmacOS 10.10以降
Chrome OS、AndroidChrome OS、Android 5.0以降

 

外観チェック

では外観をチェックしていきましょう。

logicool Pebble M350 の外箱正面画像

外箱は非常にコンパクトな印象です。

「2年長期保証」が目を引きます。

 

logicool Pebble M350 の外箱裏面画像

裏面にはパッケージ内容や互換性の記述があります。

 

logicool Pebble M350 の内容物一式画像

内容物一覧です。

マウス本体、保証書、説明書というシンプルな内容。

マウス本体に電池とレシーバーが内蔵されています。

 

logicool Pebble M350 の購入時に付いているベロの画像

このベロを引っ張ると・・。

 

logicool Pebble M350 の蓋が外れた画像

なんと、マウス上部がパカっと開きます。

 

logicool Pebble M350 の蓋をとった状態の画像

完全に取れます。

 

logicool Pebble M350 の蓋と電池とレシーバーを取り外した状態の画像

最初から電池が入っているのは嬉しいですね!

レシーバーもちゃんとマウス本体に収納できるので、持ち運びが楽ちんです。

 

logicool Pebble M350 の付属レシーバーの画像

レシーバーには「logi」のゴロがあります。

 

logicool Pebble M350 の裏面 レシバー待機状態のLED点灯画像

電源を入れると裏面のLEDが光り始めます。緑はレシーバーの待機状態です。

 

logicool Pebble M350 の裏面 Bluetooth待機状態のLED点灯画像

青はBluetoothの待機状態です。

このモデルはUSBレシーバーでも、Bluetoothでもどちらでも接続することができます。

はしかん
この価格帯で両方対応しているのはすごいことですよ!しかも静音だなんて!

 

logicool Pebble M350 の蓋の裏側画像

上部のカバーはマウス本体にマグネットでくっついています。

写真手前の部分と両サイドに黒い皿ネジが取り付けてあり、この部分がマウス本体のマグネット部分にピタッとくっつきます。

はしかん
このマグネット式カバーがめっちゃ良くて、脱着がとてもやりやすくて最高です!

 

ちなみに蓋をとった状態ではボタンを押せないので使えません・・・。

 

logicool Pebble M350 の横からの画像

横から見ると手首側に向かって高くなっているデザインです。

 

logicool Pebble M350 の手首側からの画像

手首側から。

 

logicool Pebble M350 のボタン側からの画像

クリックボタン側から。

 

logicool Pebble M350 の裏面画像

底面。中央に電源スイッチがあります。その右側にUSBレシーバーとBluetoothの切り替えボタンがあります。

 

重量とサイズ

logicool Pebble M350 の重量計測画像

重さは約78gと軽量です。これで電池と内蔵レシーバーを含んだ重さとなります。

はしかん
これだけ軽ければ持ち運びもラクラクですね。

 

logicool Pebble M350 の全長を計測する画像

奥行きは約11cmです。

 

logicool Pebble M350 の高さを計測している画像

高さはちょっとわかりにくいですが約2.6cm。

 

logicool Pebble M350 の幅を計測するがぞう

幅は約5.9cmです。

 

Pebble M350の特徴

おすすめポイント

BluetoothとUSBレシーバー両方に対応した静音マウス

logicool Pebble M350 のレシーバー画像

この価格帯の静音マウスでBluetoothとUSBレシーバー両方に対応しているマウスは今までなかったのではないでしょうか。

しかもUSBレシーバーは使わないときは本体に内蔵できるので、いざというときにすぐに切り替えられますし、無くす心配もありません。

 

どんなPCでにも似合うシンプルなデザイン

logicool Pebble M350 PCと並べた画像

形がとてもシンプルなので、どんなPCにでも合います。

製品名にもなっている「Pebbleペブル」は「丸い小石」という意味ですが、まさしく見た目はそんな雰囲気ですよね。

 

薄くて軽いので持ち運びしやすい

logicool Pebble M350 を手に乗せた画像

高さが約2.6cmと一般的なマウスと比較して薄いので、持ち運びやすいです。

そして約78gという軽量ボディー!

外出先で作業をされる機会が多い方にもおすすめのマウスですね!

 

残念ポイント

ホイールの横方向スクロールがない

Excelなどで横スクロールする際、ホイールを横に倒して横スクロール可能なモデルに慣れている方は、このマウスのホイールには横スクロール機能がないのでおすすめしません。

ただ、横スクロール機能のないホイールでも、ホイールをカチッと押し込むと全方向スクロールが可能になるので、操作方法を変えることが可能であれば横スクロールも可能です。

 

まとめ ロジクール Pebble M350 はおすすめの静音ワイヤレスマウス

今回は「ロジクール Pebble M350」をレビューしました。

ロジクール Pebble M350」はデザインが良くて、静音マウスで、さらにBluetoothにもUBレシーバーにも対応しているコストパフォーマンスの高いマウスであることがわかりました。

はしかん
今後、外出先での作業で私のメインマウスになってくれることは間違いありません!

このマウスを購入すべき方はこんな人

  • 静音マウスでもデザインにこだわりたい方
  • 持ち運びやすい静音マウスをお探しの方
  • BluetoothとUSBレシーバー両方で使用可能な静音マウスをお探しの方

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

-パソコン周辺機器
-, ,

Copyright© 走るガジェット鑑定団 , 2019 All Rights Reserved.