パソコン周辺機器

【JAPANNEXT JN-IPS320CUHDR-N レビュー】工夫すればTYPE-C1本運用も可能な激安32型4K液晶ディスプレイ

https://hashikan.net

メモ

本記事では2020年5月12日にJAPANNEXTから発売された32型4K『JN-IPS320CUHDR-N』を写真多めでレビューしています。購入直後は不具合に見舞われて失敗したかと思いましたが、満足のサポート対応やちょっとした工夫でデスクトップのメインモニターとして常用できる激安4Kモニターでした。

 

会社帰りの電車の中で新しいガジェットの発売情報をチェックしていたところ、2020年5月12日にJAPANNEXTから新しく32型4K液晶ディスプレイ『JN-IPS320CUHDR-N』が発売されるとの情報を発見!

 

TYPE-Cポートを搭載し、アンチグレア(非光沢)、「HDR10」や「FreeSync」にも対応しておりメーカーサイトの写真見るとなんだかベゼルレスでかっこいい・・。

 

しかも税込み¥52,770円のところ、5月26日までは発売記念セールでなんと1万円引きの¥42,770円!!(Amazonだと消費者還元5%の値引きが入って税込み¥40,631円で買える!

 

ポチー!

 

はしかん
気付いたらポチっていました・・・。

 

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の外箱画像

 

しかし・・・。

 

実際に商品が届いた直後は買ってしまったことを非常に後悔しました・・・。

 

はしかん
理由は酷いドット抜け(パネル内部へのゴミの混入かも)があったから・・・。

 

「失敗したー!」と思ったのですが、サポート対応が素晴らしく買って1週間もしないうちに不具合のない新しいモニターが届きました。

 

また、15Wの出力しかないTYPE-Cポートも、ちょっと工夫すればPCとのTYPE-C1本運用ができそうなので、その点を考慮すればコストパフォーマンスの高い激安大型4Kモニターとして常用できそうです。

 

はしかん
かなり安いですが、画質や色合いは全く問題ないレベルだし!

 

ちょっと気になった点

  • 購入直後、ドット抜けまたは異物混入と思われる箇所が4箇所も・・・→即日新品交換してくれました
  • 質感やデザインがいまいち・・・→気にしなければOK
  • TYPE-Cは15Wしか出ないので、そのままではMacBook ProなどのPCは使いながら充電できず、TYPE-C1本運用は不可能?・・・→TYPE-Cハブと組み合わせれば解決可能

 

 

少し工夫は必要ですが、1円でも安く4Kの大型モニターを導入したい方にはおすすめです。

 

5月26日までなら「テレワーク応援モニター特価セール」で税込42,770円ので購入可能ですので、早めにどうぞ。

(Amazonだと消費者還元5%の値引きが入って税込み¥40,631円で購入可能です。)

 

それでは写真多めで記事に残しておきますので、ご検討の際の参考にして頂き、失敗しない買い物の一助になれば嬉しいです。

 

気になるところまで読み飛ばす

 

JN-IPS320CUHDR-N の概要

スペック

スペックはこちら。

ディスプレイサイズ32インチ(16:9)
液晶パネルIPS-AHVA液晶パネル
解像度4K(3840 x 2160)
リフレッシュレート60Hz
輝度300 cd/m²
コントラスト比1000:1
応答速度5ms
電源24VDC/3A
映像入力標準HDMIx1、USB Type-C、DP
サウンド出力ヘッドホン端子x1
スピーカーなし
本体サイズ(幅 X 奥行き X 高さ)730 x 510 x 11 mm
本体重量624g
USB TYPE-Cポート供給電力5V - 3A(15W)MacBookなどは電池が減っていきます。

スペックだけ見るとそこそこいい感じに見えるのですが、残念なのがTYPE-Cポートの非力な電力

 

15WまでのスマホやNintendo Switchといった小型デバイスには問題なく充電できますが、ノートPCへは充電するもののバッテリーは徐々に減っていきます。

 

はしかん
MacBook Proは60W必要なので、全然足りませんね・・。

 

PCへの充電もTYPE-Cケーブル1本でやりたいとお考えの方は、このモニターだと追加の機器が必要です。

 

その機器とは、TYPE-Cポートを2つ持ったTYPE-Cハブです。

 

 

これがあれば、電源とモニターのTYPE-Cケーブルをこいつに接続しておいて、PCへは1本だけ繋げばいい状態にできます。

 

外観と付属品

外箱は至って普通のパッケージング。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の外箱画像

 

内容物一覧はこちら。

  • ディスプレイ本体
  • 標準HDMIー標準HDMIケーブル 1本
  • TYPE-CーTYPE-C(USB3.1 Gen2)ケーブル 1本
  • 電源アダプタ
  • 電源ケーブル
  • スタンドの足
  • スタンドの足取り付け用ネジ3つとプラスドライバー1つ
  • 取扱説明書
  • 保証書

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の正面画像

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の付属品画像

 

組み立ては非常に簡単で、スタンドの足を付属のネジとドライバーで固定するだけ。ドライバーも付属していたので、この点は良かったです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のスタンド部分画像

 

素材は金属で、質感はマットなブラックです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のスタンド部分画像

 

では本体から。

まずは正面から。遠目に見るとベゼルレスで結構カッコいいです。

スピーカーは搭載していないので音を出したい場合は外部スピーカーと組み合わせて使う必要があります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設置例

 

裏側は正直カッコいいとは言い難い造形。

設置する際にモニター裏側が見えないレイアウトなら問題ないので、気にしない方には問題点にはなりませんが・・。

100mmのVESAマウントは搭載しているので、2連モニターアームに並べて取り付けて、トレーダーや監視カメラの常時点灯モニターなんかには安くて良いかもしれません。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の背面画像

 

続いて横から。このとおり非常に薄いです。

コネクタやVESAマウントがある部分だけ厚みがあります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の側面画像

薄くて比較的軽いのはGoodポイント

 

それでは本体の細部を細かく見ていきましょう。

フレーム中央下部に「JAPANNEXT」のロゴ。シルバーのインクでプリントされています。

プリントってのがチープですが、そんなに主張してなくて許せる範囲かと。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のロゴ部分拡大画像

 

右下のメニュー配列も同じくプリントです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のメニュー部分拡大画像

 

ベゼルは液晶の表示部分まで約1cm。ベゼルレスと言って良いと思います。

ディスプレイの側面はシルバー。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のフレーム右上部分画像

 

ベースは金属フレームですが、一番外側はプラスチックです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のフレーム左下部分画像

 

細かい部分を見るとデザインや質感はどうしても安っぽく見える部分も。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のフレーム左上部分画像

 

裏側のポートは全て向かって右側に配置されています。

TYPE-Cケーブルの長さに注意が必要です。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の背面ポート付近部分画像

 

ポートは上からHDMI、DP、TYPE-C、TYPE-Aが2つ、イヤホンジャック、電源ポートとなっています。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の背面ポート付近部分画像

 

電源内蔵タイプではないので、外部ACアダプタとなっています。大きさは約14cmほど。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の電源アダプタ部分画像

 

 

大きさ

32インチともなるとかなり大きいです。高さは約51cm。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の高さ計測画像

 

横幅は約73cm。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の横幅計測画像

 

スタンド部分の奥行きは約16cmあります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の奥行き計測画像

 

幅110cmのデスクに置いてみました。両サイドに外部スピーカーを置けるくらいのスペースはあります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のデスク設置例画像

 

細かいところを気にしなければそこそこカッコいいかも。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のデスク設置例画像

 

裏側を壁に向けて設置するのがおすすめです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のデスク設置例画像

 

主な機能

チルト機能

上下の角度だけ調節可能です。上向きの最大角度がこちら。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のチルト角度計測画像

 

少し下向きになるまで角度が付けられます。

ちなみに横方向への回転はできません。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のチルト角度計測画像

 

 

メニュー構成

ディスプレイ右下にあるボタンで各種設定が可能です。

ボタン配列は左からMenu兼決定、左、右、戻る兼ソース選択、電源ボタンです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の操作ボタン画像

 

メニュー画面は見たことのある表示。Amazonなどでよく売られているモバイルディスプレイと同じ制御基板を使っているようです。

明るさは初期値だと20ですが、これでも結構明るいです。調整して30にするとちょうどいい感じですね。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設定メニュー画像

 

アスペクト比は16:9と4:3が選択可能です。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設定メニュー画像

 

色設定は、ユーザー設定、暖色、冷色の3つから選択可能。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設定メニュー画像

 

OSD設定。このメニュー表示に関する設定です。透明度を出すとかっこよく見えます。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設定メニュー画像

 

HDRの切り替え設定。初期値はOFFになっています。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設定メニュー画像

 

入力切り替えは自動ですが、手動でも設定可能です。

その他、オートオフ、ブルーライトカット、FreeSyncなどの設定が可能です。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の設定メニュー画像

 

入力が切り替わると右上に表示されます。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の入力切り替え画像

 

 

特徴と使ってみた感想

付属のTYPE-Cケーブルは70cmと短め

付属のTYPE-Cケーブルの長さが70cmしかないうえ、ポートが右側に付いているので、TYPE-Cケーブルがこのあたりまでしか伸ばせません。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の純正TYPE-Cケーブル長さ画像

 

右側にPCを設置する場合はこれでもよいのですが・・・。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のPCレイアウト例画像

 

左側にポートがあるPCだと、最大でディスプレイ中央付近までしか移動できません。

この場合は長めのTYPE-Cケーブルを追加で購入する必要がありそうです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のPCレイアウト例画像

 

電源LEDは青

メーカーHPのスペックには「緑」と記載されているのですが、実際は「青」でした。

青の方が良かったのでこれは嬉しい誤算。

ただ、LEDが点灯しているのかはほとんど見えません。隙間から漏れている光を覗き込んでようやく見えるレベル。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の電源LED画像

 

スタンバイ状態だと赤になります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の電源LED画像

 

起動直後のロゴ表示。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の起動直後ロゴ画像

 

色合いと画質

色合いや画質は申し分ない性能です。

初期設定のままでも不自然さは全くないですし、ある程度色調整もできるので、普通に使えると思います。

黄色っぽいとか青っぽいとかは特に感じません。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の色合いテスト画像

色合いは非常に美しく、4Kの美しさも感じられます。

 

PC内蔵モニターと比較してもほぼ遜色無い色合いとコントラストです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の色合いテスト画像

 

4K映像の美しさはさすがと言った感じ。青も非常に美しいです。

60fpsの4K動画なんかは普通にヌルヌルで、しかも視界がほぼモニターなので、没入感がすごいです。

はしかん
映画や大型画面に限るなー!と改めて思いました
JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の色合いテスト画像

青も非常に綺麗に表現されています。

 

いつまでも見ていたい青い海と空。

画質や色合いはこの安さからすれば最高です。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の色合いテスト画像

 

Fire TV Stick 4K」との組み合わせは最高です。

Fire TV Stick 4K」の画質設定を色深度12bitの最高設定にしていますが、普通に表示されています。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』はFire TV Stick 4Kに対応している画像

 

4Kコンテンツを再生すると、4KかつHDRのあかし「Ultra HD HDR」の表示になっているのがわかります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』にFire TV Stick 4Kを接続してUltra HD HDRの表示が出ている画像

 

ちなみにポート付近は非常にスッキリしているので、「Fire TV Stick 4K」も直接接続可能です。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』にFire TV Stick 4Kを接続している画像

 

 

USBハブとして機能する

TYPE-CでPCと接続している際に、ディスプレイのUSB TYPE-AポートにUSBメモリを接続するとPCで認識可能です。

 

はしかん
つまりUSBハブとしての機能も備えているということ。

 

裏側だと不便なので、延長ケーブルで手元にTYPE-Aポートを持ってきておけば便利に使えそうです。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』はUSBハブの機能も搭載

 

Nintendo Siwitch はTYPE-Cで接続可能

試しにNintendo Switchを接続してみたところ、問題なく映りました。

スピーカーは非搭載のため、音はディスプレイのイヤホンジャックから外部スピーカーに接続して出す必要がありますが、ここまで大きいと迫力がすごいです。

もちろん解像度はFHDとなります。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』はNintendo Switchにも使える

 

残念なポイント3つ

ドット抜けあるいはゴミの混入が4箇所ある不具合品が届いた

注意ポイント

最初に結論を申し上げると、この点についてはサポートに問い合わせたら即日新しい代替品を送っていただけました。

 

ここ1年半で5台ものモバイルモニターを購入した私ですが、その中で1台もドット抜けはありませんでした。

 

ドット抜けはメーカー側は「正常です」という主張が一般的ですが、ユーザーとしてはできれば遭遇したくないもの。

当然個体差があるので、ドット抜けが全く無い個体もあるはずです。

 

しかし今回私が引いたモニターは酷かった!4つもドット抜けあるいはゴミの混入と思われる箇所がありました

 

はしかん
大型の4Kモニターを購入するのは初めてで、期待していたぶんショックがハンパなかったです・・。

 

ドット抜けその1

これが一番酷く、「1ドット」じゃなくて5ドットくらいの塊で抜けてます。

よく見るとゴミのようにも見えます。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のドット抜けその1

 

ドット抜けその2

これもドットレベルの話じゃなく、です。

ほこりが混入しているようにも見えますね。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のドット抜けその2

 

ドット抜けその3

これは「ドット抜け」と呼んでいいレベル。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のドット抜けその3

 

ドット抜けその4

画面中央付近にも滲みが。

百歩譲って「その3」と「その4」は我慢できるとしても、「その1」と「その2」はドット抜けレベルの黒点には見えません・・。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』のドット抜けその4

 

サポートに問い合わせしてみた

ドット抜けに関してちょっと調べてみたところ、「一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)」に「パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的表記ガイドライン」という基準を発見しました。

このガイドラインでは、各メーカーに対し「ユーザーがわかりやすいように定量的に表記してね!」と具体的な表記例もふまえて説明されています。

 

JAPANNEXTのサイトを見ると「保証について」ページに以下のような記述を発見。

 

下記に記載された症状は、モニターの正常な状態です。保証外となります。

常時点灯または点灯していない画素が数点ある場合があります。 これらは液晶ディスプレイの特性であり、故障ではありません。99.99999%以上の有効表示画素がありますが、0.00001%以下の画素の問題につきまして は、正常品となります

http://japannext.net/wp/jn-t280uhd-4k%e6%b6%b2%e6%99%b6%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af/ から引用
(JAPANNEXTのWEBサイトはSSL対応されていないため、リンクを外してあります。)

 

はしかん
ちゃんとJEITAのガイドラインに則って明記されてる!

 

商品に付属の取り扱い説明書には定量的な基準が明記されていなかったのですが、WEBサイトにはきちんと記述があって少し安心しました。

 

4Kだとドット抜けいくつまでが正常品?

この基準で1ピクセル=3ドットで計算すると、4K(3840 x 2160)の場合

0.00001% = 2.48832

となり、2ドットまではドット抜けしていても正常品の範囲内ということになります。

 

ドット抜けの基準となるドットの定義についてはこちらのサイトがわかりやすいです。

 

はしかん
今回手元に届いたディスプレイは、ドット抜けだとしても明らかにこの基準を超えてますし、黒点を拡大して見るとゴミのようにも見えるので、サポートに連絡を入れてみることにしました。

 

平日の夜にドット抜け部分を撮影した写真とともにサポートにメールを送っておいたのですが、翌日の午前中にはメール返信がありました。

リモートワークが増えて問い合わせが多い時期なので、返信に時間がかかるであろうと思っていたのですが、かなり対応は早かったです。

 

メールの内容としては、

 

既定値外の症状が発生していることが確認できたので、動作確認済みの新品を送ります。

 

とのこと。

 

はしかん
ほっと一安心です。

 

しかも先出しで送ってくれて、返送は同梱の着払い伝票を貼って出すだけ!

 

はしかん
メール返信早いし、一発目のメールで「新品送るね!」という神対応なサポートでした!

 

 

質感やデザインがいまいち

ディスプレイ背面がよく見える格好で設置予定の方は注意が必要です。

薄型モニターな点は良いのですが、薄いだけで裏側の見栄えはあまり考慮されてデザインされているとは思えません。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の背面デザインの画像

 

ちょっとオシャレなデザイン事務所にこれが置いてあるのは到底想像できないですね・・。

そして見るからにプラスチック!といった素材感。さらにピラミッドっぽい造形・・。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』の背面VESAマウント付近の画像

 

さらに、よーく見るとディスプレイの縁にバリ取りが甘い部分があったり、あまり丁寧に作られていない印象を受けます。

 

はしかん
まぁこの辺は安さとのトレードオフで目をつむるべきポイントなのかもしれませんね・・。

 

15WしかないTYPE-Cポート

TYPE-Cポートを備えているのに供給電力が15Wまでしか対応していないというヘンテコな仕様。

そのためPC使用中に充電できず、バッテリーが減っていきます。

JAPANNEXT『JN-IPS320CUHDR-N』とPCをTYPE-Cで接続している画像

TYPE-C1本で映像出力は可能だがPCはバッテリー駆動となるため、バッテリーは徐々に減っていってしまう・・。

 

ただ冒頭に書いたとおり、PCへの充電もTYPE-Cケーブル1本でやりたいとお考えの方は、このモニターだと追加の機器が必要です。

 

その機器とは、TYPE-Cポートを2つ持ったTYPE-Cハブです。

 

はしかん
TYPE-Cポートが2つあるのと、USB PD(Power Delivery)が100Wまで対応しているのがポイント!

 

 

JAPANNEXTの口コミ・評判

Twitterを見ていると、良くない評判の方が多かった印象です。

 

実際に購入したユーザーの声を集めましたが、「安かろう悪かろう」という意見が多かったのは事実です。

「良かった」と言う声はも少しはありましたが・・・。

 

私の感想としては、

 

品質高級感はないけど価格を考えたら納得
画質普通にきれい
使い勝手必要最低限の機能 あとは工夫次第
サポート

 

という印象です。

 

JN-IPS320CUHDR-N のレビューまとめ

本記事では「【JAPANNEXT JN-IPS320CUHDR-N レビュー】工夫すればTYPE-C1本運用も可能な激安32型4K液晶ディスプレイ」についてレビューしました。

 

ちょっと気になった点

  • 購入直後、ドット抜けまたは異物混入と思われる箇所が4箇所も・・・→即日新品交換してくれました
  • 質感やデザインがいまいち・・・→気にしなければOK
  • TYPE-Cは15Wしか出ないので、MacBook ProなどのPCは使いながら充電できず、TYPE-C1本運用は不可能?・・・→TYPE-Cハブと組み合わせれば解決可能

 

よかったポイント

  • 4K画質や色合い、明るさについては非常に満足。メインモニターとして常用できるレベル
  • 非常に薄くコンパクトで置き場所に困らない
  • スピーカーを内蔵していない潔さはGood。音質重視の外部スピーカーユーザーには高ポイント
  • サポートの対応は100点!既定値をオーバーしたドット抜けや異物混入は交換してくれる

 

このモニターはこんな方向けの製品だと感じました。

  • 品質やデザイン少しは目を瞑ろう!とにかく4Kで大きくて安いモニターを導入したい
  • 個人用ではなく業務用として安く4Kモニターを導入し、使い倒したい
  • お店のデジタルサイネージとして使いたい
  • TYPE-C1本でPCと接続できるけど、PCへの充電はできなくてもいい
  • スピーカー非搭載の安くて薄い4Kモニターを探している

 

購入される際は、5月26日までの「テレワーク応援モニター特価セール」で税込42,770円のうちにどうぞ。

(Amazonだと消費者還元5%の値引きが入って税込み¥40,631円で購入可能です。)

 

 

また、シンプルな構成でTYPE-C1本でPCと接続して常時運用したいとお考えの方は、このモニタ以外に、60W以上のUSB PDに対応した別のモデルもあります。27インチですが「Dell U2720Q」や「LG 27UL850-W」など60W以上の出力です。

 

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

40代前半の会社員。生活や仕事を効率化できるガジェットへの投資は惜しみません。ディスプレイ・イヤホンなどの映像や音が出るものが特に好きです。趣味はランニングと新しいガジェット探し。

-パソコン周辺機器
-, , , ,

© 2020 走るガジェット鑑定団