フィットネス

【HUAWEI Bnad 3 レビュー】GPS以外全部入りの高コスパ おすすめスマートバンド

更新日:

こんにちは。「有機EL」っていう言葉に惹かれてしまうはしかん(@hashikan3)です。

お困りくん
スマートバンドが欲しいんだけど、Amazonを見ても種類が多すぎてどれを選べばよいかわからない・・・。

とお悩みではありませんか?

今回は、2019年3月29日にHUAWEIからリリースされたスマートバンド「HUAWEI Band 3」をご紹介します。

こちら、2018年の10月に先行して発売された「HUAWEI Band 3 Pro」からGPSを省いたモデルですが、非常にコスパが高いのでスマートバンドデビューをお考えの方に最もおすすめしたいモデルです!

 

今回おすすめするスマートバンドの特徴は

  • GPSは非搭載だけど、それ以外はほぼ全部入り
  • スイムの計測能力が強化されている
  • 0.95インチの有機ELディスプレイ搭載&タッチスクリーン
  • 光学式心拍計搭載
  • 睡眠の質を計測可能
  • スマホへの着信、メッセージ受信を通知可能
  • これだけの高機能なのに、安い!
はしかん
3月中旬過ぎた頃に、この商品が発売されるニュースを見た瞬間、即購入を決意しました。

それでは一緒にこの「HUAWEI Band 3」の気になるトコロを詳しく見ていきましょう~!

※7月15日0:00開始の【年に一度のAmazon最大のセール プライムデー】の対象商品となっています!この商品のセールは7月16日23:59まで!お見逃しなく!

 

スマートバンドでできること

日々の活動量を計測して運動不足解消

HUAWEI Band 3 光学式心拍計の緑の光

これをずっと着けておくだけで、

  • 歩数
  • 心拍数
  • 消費カロリー

が計測できます。

記録したデータはスマートフォンアプリの「huawei health」に送られ、ログとして見ることができます。

 

簡単なワークアウトの記録を取得して管理できる

HUAWEI Band 3 マルチスポーツ対応でアクティビティーを選べる

ウォーキング、ランニング、サイクリング、スイミングなどと言ったトレーニングの際にログを取ることができます。

屋外でのランニング時には、スマートフォンを一緒に携帯しておくことでスマートフォンのGPS機能を使って距離の計測やコースの記録も可能です。

 

睡眠を分析して休息の質を向上

HUAWEI Band 3 睡眠を可視化できる

睡眠時に装着しておくことで、睡眠の状態を分析してアドバイスを受けることができます。

この機能ですが、使ってみると「自分の睡眠ってこんななんだ!」と結構驚きますよ。

起きてトイレに行ったのもちゃんと記録されててびっくりしました(笑)

 

スマートウォッチとして スマホの各種通知を受けることができます

HUAWEI Band 3 通知が来たときの表示

地味に便利なのがこの通知機能ですね。

バイブレーション機能を搭載しているので、通知が来るとすぐにわかります。

メッセージやLINEの通知をスマホを出さずに見ることができるので、いちいちスマホをポケットから取り出す回数が減っていい感じです。

スマホの着信に気付かないときってありますよね。

それがなくなるので、「いつも見逃しちゃうんだよな〜」と言う方にもおすすめです。

 

HUAWEI Band 3 の概要

スペック

サイズ幅:約19mm x 縦:約45mm x 厚さ:約11mm
ディスプレイ0.95インチ AMOLED(有機EL)240x120 ピクセル
バッテリー100 mAh(通常使用で約10日連続使用可能
対応OSAndroid 4.4以上 / iOS 9.0以上
重さ約24g(ベルト含む)
通信規格Bluetooth 4.2 BLE
センサー6軸センサー(加速度 + ジャイロ)
光学式心拍センサー(高精度分離型PPG)
装着検知センサー(赤外線センサー)
防水5ATM
即位方式ペアリングしているスマホのGPS機能を利用
操作方法タッチスクリーン + タッチキー
本体付属品充電クレードル、USBケーブル、クイックスタートガイド、保証とアプターサービスのご案内

 

特徴

圧倒的なコストパフォーマンス! スマートバンドデビューに最適!

まず一番の特徴と言っても過言ではないのがコスパです!

これからご紹介する機能を搭載しておきながら、6千円ちょっとで購入できてしまいます!

これは圧倒的高コスパです!

スマートバンドデビューされたい方に最もおすすめしたい機種ですね!

※7月15日0:00開始の【年に一度のAmazon最大のセール プライムデー】の対象商品となっています!この商品のセールは7月16日23:59まで!お見逃しなく!

 

有機ELディスプレイとタッチパネル搭載で快適操作

HUAWEI Band 3 タッチ操作の様子

こちらのモデルは液晶ディスプレイではなく、有機ELディスプレイを搭載しているので、表示もとてもきれいです。

タッチ操作もスムーズです!

 

ビジネスでもカジュアルでも着けられるシンプルなデザイン

HUAWEI Band 3 スーツにも合うシンプルなデザイン

24時間ずっと着けているスマートバンドはデザインも重要です!

仕事中ももちろん着けているのですが、スーツに付けていても特に違和感はありません。

 

マルチスポーツ対応で様々なエクササイズをトラッキング

「HUAWEI Band 3」はこれらのエクササイズに対応しています。

  • ランニング
  • ランニングマシーン
  • ウォーキング
  • サイクリング
  • エアロバイク
  • 自由訓練
  • プール

ほとんどガーミン等の本格GPSウォッチと同じくらいのアクティビティーに対応していますね。

スマートフォンを持って走ればGPS機能も使うことができるので、心拍計測も組み合わせたトレーニング効果計測や消費カロリー計算ができるようになり、GPSのウォッチ顔負けのアクティビティートラッキングシステムが安価に出来上がってしまいます!

心拍トレーニングがこんなにお手軽にできる時代になったとは!

 

充実した水泳機能「インテリジェントスイミングコーチ」

この製品の特徴の一つが、水泳機能がかなり充実しているということです。

このデバイスを着けた状態で泳ぐことで、内蔵された6軸センサーで動きを検知し、

  • ターン数
  • 距離
  • ストローク数
  • 消費カロリー
  • 平均SWOLF

が確認できます。

いやー最近のスマートバンドはすごいですね・・。

最近ではジムのプールでもスマートバンド等のウェアラブルデバイスが結構容認されてきていると思いますが、私がトライアスロンに熱中していた2013年頃はそんなものを着けて泳げるような時代ではなかったので、それに比べると今はスイムも数値化できるようになりフォーム改善もかなりやりやすくなったのではないでしょうか。

 

リモートシャッターとして利用可!

HUAWEI Band 3 スマホのカメラ起動でリモートシャッターモードに

EMUI 8.1以降のHUAWEIスマートフォンのみで利用可能(2019年4月9日時点)な機能ですが、スマートフォンでカメラを起動すると自動的にシャッターボタンが表示され、リモートシャッターとして利用することができます。

はしかん
3脚があれば、自撮りのバリエーションがかなり増えますね!

 

開封~セットアップ手順

外観チェック

それでは外観をチェックしていきましょう!

HUAWEI Band 3 外箱

外箱です。ワクワク。

 

HUAWEI Band 3 外箱裏面

裏面です。リーズナブルなお値段の割にはしっかりとした箱ですね。

 

HUAWEI Band 3 開封直後

ジャジャン!

新しいガジェットはこの瞬間がたまりません!

 

HUAWEI Band 3 内容物一式

内容物一式です。

  • 本体
  • 充電器
  • MicroUSB充電ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証カード

HUAWEI Band 3 を手のひらに乗せた画像

とっても軽いです。

 

HUAWEI Band 3 ディスプレイ部分

とてもシンプルなデザインです。安さを感じさせない美しい仕上がりで、高級感も漂っています。

 

HUAWEI Band 3 内側部分に光学式心拍計を搭載

裏側には光学式心拍計と充電用の端子があります。

 

HUAWEI Band 3 ベルトはストライプが入ったデザイン

ベルトは細いラインが斜めに入ったデザインです。硬すぎず柔らかすぎず適度な硬さです。

 

HUAWEI Band 3 ループにHUAWEIの文字入り

ループ部分には「HUAWEI」の文字が入っています。

 

HUAWEI Band 3 ループの内側の突起でピッタリ留まる

ループの内側に突起があり、これがベルトのホールに引っ掛かって外れにくくなっています。

 

HUAWEI Band 3 厚みはそこそこ

横から見るとそこそこ厚みがあります。

 

HUAWEI Band 3 の充電器

付属の充電器です。

 

HUAWEI Band 3 充電器のMicroUSBポート

横にMicroUSB端子があります。

 

HUAWEI Band 3 本体を充電している様子

HUAWEI Band 3」を充電器に取り付けた状態。

「カチャッ」と軽い力で固定されます。外すときもほとんど力を必要とせず簡単に外れます。

 

HUAWEI Band 3 厚みと大きさを測る画像

大きさはこのような感じです。

本体部分の厚みは1cm弱と言ったところです。

 

HUAWEI Band 3の重さを計測する

重さは約23G!

カタログ値より1g近くも少ないです。

軽い!

 

セットアップ

HUAWEI Band 3 クイックスタートガイドを読む

電源を入れるには、付属の充電器に接続する必要があります。

 

HUAWEI Band 3 電源を入れて最初に表示される画像

初めて電源をいれると、このようにスマートフォンに「Huawei Health」をインストールしてね~というメッセージが表示されます。

 

HUAWEI HealthをGooglePlayでダウンロードする

Google Playからアプリをダウンロードしてインストールしましょう。

HUAWEI製のスマートフォンにはもともとアプリがインストールされているので不要です。

 

アプリを起動すると自動的に日本語言語パックのダウンロードが始まりますが、なぜか最初失敗を繰り返したため画像が英語です・・・。

そのうち成功して日本語化されました。

下段の「Me」をタップして「My devices」から「ADD」をタップします。

 

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 を追加する画像

 

「Smart Band」をタップします。

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 を追加するときSmartBandを選ぶ画像

 

「HUAWEI Band 3」をタップします。

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 を選択する画像

 

「PAIR」をタップします。

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 をスマホとペアリングする画像

 

「HUAWEI Band 3」のディスプレイに表示されるチェックマークをタップします。

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 をペアリングするとき本体に表示される画像

 

ペアリング完了です!

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 をペアリング完了する画像

 

きちんと日本語化されると下記のようなメニューになります。

睡眠計測を実行するか、心拍を24時間計測するかといった基本動作に関する設定や、時計を見た時に自動的にディスプレイを表示するかといった使いやすさに関する設定など、かなり細かく設定が可能となっています。

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 を設定する画像

 

通知もアプリごとに設定が可能です。これは地味に嬉しい機能ですね。寝ている間に通知を受け取りたくない場合は、時間を指定して通知をOFFにすることもできます。

HUAWEI HealthでHUAWEI Band 3 の通知設定をする画像

使ってみた感想

つけ心地

HUAWEI Band 3 を装着した画像

私は日中は左腕に腕時計を着けているので、この「HUAWEI Band 3」は右腕に着けることにしました。

厚みが約1cmあるので、最初は気になるかな?と思いましたが慣れるとそんなに気にならなくなりました。

逆に、充電時に腕から外している間のほうが違和感を感じてしまうほどです(笑)

 

日常利用

1日の歩数や睡眠が可視化できるので、自分の状態がどうなのかをすごく気にするようになりました。

特に睡眠の質を数値で見るのははじめてなので、ここはこれを買って良かったなと思ったポイントの一つです。

歩数カウントの精度

HUAWEI Healthで歩数を表示する画像

なかなかの精度だと思います。

たまに歩きながらふと「HUAWEI Band 3」を見ると、リアルタイムに歩数のカウントが増えていくのを見ることができます。

HUAWEI Band 3」を着けている側の手にカバンを持っていて、腕の振りが少なくてもちゃんと計測してます。当たり前か(笑)

 

心拍数の可視化

HUAWEI Healthで心拍を表示する画像

はじめてスマートバンドデビューされる方にとっては心拍計測もとても新鮮なのではないかと思います。

歩いたり、仕事で緊張したり、疲労したりすると心拍が上がります。

逆に睡眠時やリラックスしている状態だと心拍が下がります。

心拍を可視化することで、ある程度自分の状態がわかるようになります。

 

消費カロリーの可視化

HUAWEI Healthで消費カロリーを表示する画像

消費カロリー機能ですごいなと感じたのは、ランニングやウォーキング、サイクリングなどを自動的に認識している点です。

これは特に手動で切り替えているわけではなく、「HUAWEI Band 3」が自動的に認識しているものですが、この日は実際にこのくらいの割合で歩いて走って自転車に乗ったので、これを見て改めて検出能力に驚きました。

 

睡眠の可視化

HUAWEI Healthで睡眠分析結果を表示する画像

睡眠の計測もかなり精度が高いです!

就寝時間と起床時間は本当にどうやって検出しているのかわかりませんがかなり正確ですね・・。

あと、目が覚めてトイレにいくともちろん「目が覚めた回数」にカウントされるのは納得なんですが、一度目が覚めて寝転んだ状態でスマホを見ていた時間をきちんと目が覚めて寝ていない時間として認識しているところもびっくりです・・。

こいつをどうやってだますかちょっと勝負してみようと思います(笑)

 

いまいちな点

文字盤のデザインが今のところ2種類しか選べず、しかもデザインが微妙なところですね(笑)

HUAWEI Band 3 の文字盤設定1画像

HUAWEI Band 3 の文字盤設定2画像

表示項目としては、

  • 日時
  • 歩数
  • 歩いた距離
  • 消費カロリー
  • 天気と温度
  • 電池残量
  • 通知の有無
  • Bluetooth接続状況

といった項目が表示できますので、必要な情報は確認できるのですが、現状はいまいちデザインがパッとしませんね・・・。

しかし、これはおそらく今後のアップデートで増えていくと思われます。

(HUAWEI Band 3 Pro の公式ページに文字盤がアップデートで増える旨の記載あり)

 

HUAWEI Band 3 レビューまとめ

今回は「HUAWEI Band 3」についてレビューしました。

このモデルは、有機ELディスプレイやタッチスクリーン、光学式心拍計など沢山の機能を備えながら6千円ちょっとという低価格を実現している高コスパモデルです。

こんな方におすすめ

  • スマートバンドデビューしたいけど、数多くのモデルの中からどれを選んだらよいかわからない方
  • コストや軽さ、見た目のコンパクトさ、機能性重視の方

このような方に非常におすすめのスマートバンドとなっております。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

※7月15日0:00開始の【年に一度のAmazon最大のセール プライムデー】の対象商品となっています!この商品のセールは7月16日23:59まで!お見逃しなく!

 

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

-フィットネス
-, ,

Copyright© 走るガジェット鑑定団 , 2019 All Rights Reserved.