パソコン周辺機器

HUAWEI Matebook X Proにピッタリなケース ELECOM(エレコム) ZEROSHOCK をレビュー

こんにちは。PCはめっちゃ丁寧に取り扱う、はしかん(@hashikan3)です。

新しいPCを買うと欲しくなるのが保護ケースですよね。

特にPCを持ち出す機会が多い方だとなおさらです。

私も最近、ノートPCを新調し、「HUAWEI Matebook X Pro」を使っているのですが、「これは専用ケースですか?」と言いたくなるほとサイズがピッタリなケースを発見してしまったので本記事でご紹介します。

それはこちらです。

エレコム ZEROSHOCK for Ultrabook (ZSB-IBUB03BK)」です。

はしかん
いやこれ、ほんとにピッタリで、これから「Matebook X Pro」を購入される方にもぜひおすすめしたいケースです。

製品には「11.6インチまでのウルトラブックを参考対応機種としています。」となっていますが、超薄ベゼルの「Matebook X Pro」は画面が13.9インチと大きくても、PC外寸はこのケースの範囲内に収まっています。

それでは製品を見ていきましょう。

関連記事
【HUAWEI Matebook X Pro Core i 5 レビュー】超ベゼルレス3Kモニターでサブディスプレイ不要! コスパ最強Windowsマシン

続きを見る

 

製品の概要

外形寸法幅346mm × 厚み28mm × 奥行き243mm
PC収納部内寸幅320mm × 厚み25mm × 奥行き215mm
ポケットファスナーポケット × 1
表面加工撥水機能
カラーブラックとホワイト2色のカラーバリエーション
材質表地:PVC、裏地:ポリエステル、芯材:低反発ウレタン
重さ約205g

 

「Matebook X Pro」のサイズですが、幅304mm × 厚み14.6mm × 奥行き217mmとなっており、奥行きだけが2mmほどオーバーしています。

しかし、「Matebook X Pro」本体のほうが厚みが10mmも薄いこともあり、ケースには問題なく入れることができます。

(ちなみにApple MacBook Pro 13のサイズは幅304mm × 厚み14.9mm × 奥行き212mmで、もっとぴったりです・・。)

 

外観をチェック

パッケージは店頭での陳列を考慮した簡易的なものです。

しかし、内側の素材であるウレタンフォームのサンプルが表の厚紙の右下部分に貼り付けられていて、店頭で触って質感を確かめられるようになっています。

さすがにパッケージを開けて中を開けて確かめることはできませんが、これで確認できますね!

これはとても親切!

ELECOM ZEROSHOCK パッケージ表側の画像

 

裏面にはこのケースの特徴とスペックの記載があります。

ELECOM ZEROSHOCK パッケージ裏側の画像

 

ケース本体はマットな質感でとても好感が持てます。とてもAmazonで1,000円以下で販売されているものとは思えません。

表側にはファスナーポケットがありますが、PC付属の厚みがある電源アダプタやマウスを入れることは難しいですね。

モバイルディスプレイのケースとして使う場合は、細めのケーブルや厚みが薄いスマホスタンド程度であれば余裕で入れることができます。

ELECOM ZEROSHOCK 表側の画像

 

裏面はなにもありません。

とてもシンプルです。

ELECOM ZEROSHOCK 裏側の画像

 

ファスナーの先は樹脂製になっています。先が金属だとカバンの中にいれてガチャガチャした時に外の小物に傷が付く恐れがありますがこれならその可能性も低そうです。

ELECOM ZEROSHOCK ファスナーの画像

 

内側の色はベージュっぽい色です。

この凸凹の表面と低反発ウレタンが中に収納するPCをやさしく包み込み、衝撃から守ってくれるのですね。

これ、触ってみるとわかりますが、思ったより薄いのに低反発ウレタンがかなり効いていて、とても安心感があります。

ELECOM ZEROSHOCK 内側の低反発ウレタンの画像

 

PCをケースに入れてフィッティングを確認してみた

それでは早速「Matebook X Pro」をケースで包んでみましょう。

※テストで使用する「Matebook X Pro」表面にはブロガーシールが貼ってあり、肖像権の問題で今回は裏返してありますが、お好きな方向でセットしてください(笑)

ELECOM ZEROSHOCK にPCを入れている画像

 

奥行きですが、ご覧のように全く問題なく余裕を持って閉めることができます。

しかもこれ、PCスタンドの【blueLounge Kickflip】を取り付けた状態でこれですので、何も着けてなければもっと余裕です。

ELECOM ZEROSHOCK にPCを入れファスナーを閉める途中の画像

関連記事
【blueLounge Kickflip レビュー】MacBook使いの間で流行っているがMatebookでも使えるか試した結果・・

続きを見る

 

一番気になる角の部分も、ファスナーを閉めるとご覧のように内側のクッション上下がしっかりとくっつき、PCを守ってくれます。

ELECOM ZEROSHOCK ファスナーを閉める際の角の画像

 

ファスナーをすべて閉めるとこのようになります。

もう、「HUAWEI Matebook X Pro」専用と言ってしまっても過言ではないくらいピッタリですね(笑)「HUAWEI Matebook X Pro 2019」も外寸は全く同じなので、これはセット購入必須商品でしょう!

ELECOM ZEROSHOCK PCを入れた状態の画像

 

一番うれしかったのが、私が普段愛用しているスクエアリュック「サンワダイレクト 200-BAGBP004」のPC収納ポケットにケースごとスッポリと入ることです。

もともとリュックそのものにもクッションは付いておりPCを裸で入れることは可能なのですが、精神衛生上良くなかったんですよね・・・。

今後は安心してPCを収納することができるので、とても満足です!

PCを入れたELECOM ZEROSHOCKをサンワダイレクト 200-BAGBP004のPCポケットに入れた状態の画像

 

旧製品との比較

ちなみに10年くらい前の古いZEROSHOCKと今回の新しいZEROSHOCKを比較したらかなり進化していました。

ZEROSHOCKの歴史って結構古いんですよね。

こちらが10年前の旧ZEROSHOCKです。

旧型のELECOM ZEROSHOCKの画像

 

2つ並べるとこんな感じ。

左が旧型で右が新型です。

幅はほとんど同じですが、旧型の方は13インチ用なので奥行きが3cmくらい大きいです。

デザインも新型のほうが黒一色でシンプルで良いです。

低反発ウレタンも旧型のは結構固めですが、新型のほうは適度に柔らかく、PC収納を優しく包んでくれる感じがします。

ELECOM ZEROSHOCKの旧型と新型を並べた画像

 

そして細かい部分もかなり進化しています。

旧型の小物入れはファスナーのマチ部分が広すぎてかなり開けづらかったですが、新型はかなり開けやすく改良されています。

ELECOM ZEROSHOCKの旧型と新型を並べてファスナー部を比較した画像

 

まとめ

 

エレコム ZEROSHOCK for Ultrabook (ZSB-IBUB03BK)」は「HUAWEI Matebook X Pro」にピッタリなケースです。

これから「HUAWEI Matebook X Pro」を購入される方にも自信を持ってオススメできるケースです。

はしかん
価格も質感も申し分なく、かなりコスパに優れたケースですね!

こんな方におすすめ

  • 「HUAWEI Matebook X Pro」に合うケースをお探しの方
  • 「MacBook Pro 13」に合うケースをお探しの方
  • 13インチのモバイルディスプレイに合うケースをお探しの方

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました!

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はしかん

はしかん

ガジェットは買う前に納得行くまで調べます。映像を映し出すモノや、音が出るモノが特に好き。「鑑定」レベルの商品レビューであなたの疑問を解消したい!

-パソコン周辺機器
-,

Copyright© 走るガジェット鑑定団 , 2019 All Rights Reserved.