【BenQ ScreenBar Halo レビュー】ワイヤレスリモコンと背面の間接照明モードが魅力のモニターライト!手元が劇的に見やすくなります

本記事では、『BenQ ScreenBar Halo』をレビューしています。ワイヤレスになったコントローラーと、間接照明モードが特徴的なモニターライトで、手元が劇的に明るくなるためデスクワークが捗るアイテムです。同じくワイヤレスリモコンを搭載したXiaomiのスクリーンバーとも比較しました。

こんにちは。スクリーンバーが無いと生きていけなくなってしまったはしかん(@hashikan3)と申します。

僕が今まで使っていたモニターライトが「Xiaomi Mijia」なんですが、この機種を選んだ理由が「コントローラーがワイヤレス」だったからなんです。

Xiaomi Mijiaのワイヤレスリモコンを手に持っている様子の画像
Xiaomi Mijiaのワイヤレスコントローラー

スクリーンバーライトといえば「BenQ ScreenBar」 がまず頭に浮かびますが、今までのScreenBarだと本体のボタンで操作するかワイヤーで繋がったコントローラーで操作するかのどちらかしかなかったんですよね。

僕は光の調整をする際にどうしても体を動かすのが嫌だったので手元にコントローラーを置いておきたかったのと、なるべくワイヤーを少なくしてデスク上をスッキリさせたかったので、当時唯一ワイヤレスリモコンを搭載していたXiaomi Mijia」を購入して使っていたというわけ。

はしかん

しかも5,000円で買えるという価格も魅力だったんですよね!

Xiaomi Mijiaでデスクを照らしている様子の画像
ワイヤレスリモコン最高!
Xiaomi Mijia モニターライト ScreenBar スクリーンバー デスクライト 掛け式ライト 調光 調色 リモコン付き

しかし2021年12月、モニターライトの元祖BenQさんから待望のワイヤレスリモコン搭載の『BneQ ScreenBar Halo』が発売されたので早速導入してみました!

BenQ ScreenBar Halo の5つの特徴
  1. デスクを照らすライトの他にモニター背面を照らしてくれる間接照明モードを搭載
  2. ワイヤレスリモコン搭載
  3. 明るさと色温度の調整がメインライトと背面ライトそれぞれ調整可能
  4. 湾曲モニター対応
  5. 厚み6cmまでのモニターに対応

BneQ ScreenBar Halo』を点灯させた状態がこちら。

BenQ ScreenBar Haloの正面のみを点灯している様子の画像
通常モード
はしかん

劇的に手元が明るくなります!

そして背面の間接照明も点灯すると一気にムードが出ます!

BenQ ScreenBar Haloの関節照明と正面の照明を両方点灯している様子の画像
間接照明モードだとモニター背面を照らしてくれるので空間に奥行きが出て良い感じになります。
はしかん

間接照明モードだけでもかなり満足感が得られて良かったです。

良かった点
イマイチな点
  • 手元が劇的に明るくなる
  • おしゃれな雰囲気にしてくれる間接照明モード
  • 間接照明モードの光も明るさや色温度のコントロールが可能
  • 自動調光が本当にちょうど良い明るさにしてくれる
  • リモコンをスリープから復帰させる手間
  • 間接照明をONにするとフロントの明るさが変わってしまう

しばらくBneQ ScreenBar Halo』を使ってみて感じたメリット・デメリットや、Xiaomi Mijia」との比較をしてみましたので、購入時の参考にしてもらえると嬉しいです。

動画レビュー

タップできる目次

BenQ ScreenBar Halo の概要

それではまずはBneQ ScreenBar Halo』の概要をチェックしていきましょう。

BenQ ScreenBar Haloのスペック

詳細スペックはこちら。

ブランドBneQ
商品名ScreenBar Halo
型番CR20_C
アルミ色
装着方式モニター上部に引っ掛けるクリップ方式
照射範囲色温度4000Kで40x63cm ²の照明範囲
色温度6500Kで40x65cm ²の照明範囲
照明モード3パターン(正面のみ/背面のみ/同時点灯)
自動調光あり(500ルクスに自動調光)
コントローラーワイヤレス
DC電源入力5V, 1.3A
最大消費電力6.5W
大きさライト本体:500 x 94.7 x 97.1 mm
無線コントローラー:74 x 74 x 38.4 mm
ケーブル長1.5m
内容物ScreenBar本体、ワイヤレスリモコン、湾曲モニター用アダプター、
モニター背面滑り止めシート、単4電池3本、ユーザーズマニュアル、製品保証書
保証期間1年間

BneQ ScreenBar Halo』の主な特徴としては、やはりコントローラーがワイヤレスになったのと、モニター背面を間接的に照らしてくれる「間接照明モード」が搭載されたところ。

はしかん

間接照明モードの雰囲気は想像以上に良かったのでおすすめ!

外観と付属品

グレーを基調とした外箱。コントローラーがワイヤレスであることが一目で分かるデザイン。

BenQ ScreenBar Haloの外箱の画像

内容物はこのようになっています。

BenQ ScreenBar Haloの内容物一覧の画像
付属品一覧
  • ScreenBar Halo 本体
  • ワイヤレスリモコン
  • 湾曲モニター用アダプター
  • モニター背面滑り止めシート
  • 単4電池 3本
  • ユーザーズマニュアル
  • 製品保証書

続いてBneQ ScreenBar Halo』本体を見ていきます。

まず目を引くのが中央下部にある自動調光用の光センサー。ここでデスク上の明るさを計測し、500ルクスの明るさを自動的に維持してくれます。

ちなみに棒状のLEDライトはくるくる回転するようになっていて、照射角を調整できます。角度によって明るさがかなり変わるので、設置時はこの角度調整は必ずやりましょう。

BenQ ScreenBar Haloの光センサー部分の拡大画像

右端にScreenBar Haloのロゴがプリントされています。ほとんど目立たないロゴが好感持てます。

BenQ ScreenBar Haloのロゴ部分の拡大画像

ぎっしりと端までLEDが敷き詰められているので、広い範囲を明るく照らしてくれます。

BenQ ScreenBar HaloのLED部分の拡大画像

モニターへの装着は引っ掛けるだけの簡単設置。本体側のケーブルは固定されています。

BenQ ScreenBar Haloの取り付け部分の拡大画像

ケーブル先端の端子はUSB TYPE-A。モニターにUSB端子があればそこから電源共有できます。

ケーブル長は1.5mと十分な長さがありますが、モニター自体にUSB端子がなく、さらにモニターアームを使ってテーブル下まで配線したい場合は別途USB延長ケーブルを使う必要があるかもしれませんので、予めどの程度の配線の長さが必要か測っておくことをおすすめします。

BenQ ScreenBar HaloのUSBケーブル先端部分の拡大画像

設置可能なモニターの厚みは、最大で6cm。しかも設置もモニター上に乗せるだけなので、とても楽です。

BenQ ScreenBar Haloの取り付け部分を広げた状態の画像

モニター背面を照らす間接照明部分。ここも個別に明るさと色温度が調整可能です。

BenQ ScreenBar Haloの関節照明部分の拡大画像

曲面モニター用のアダプターも付属しています。

BenQ ScreenBar Haloの湾曲モニター用アダプターの拡大画像

これを装着すると、ScreenBar本体が前にせり出し、モニターライトの端が隠れることもありません。

BenQ ScreenBar Haloの湾曲モニター用アダプターを取り付けた状態の拡大画像

ワイヤレスリモコンはタッチ式になっており、合計で6つのボタンがあります。

そして外周にはクリック感がまったくないヌルヌル回るリングを搭載しています。外周のリングを回すことで明るさや色温度を調整できます。

BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコンの各ボタンの役割説明図

また、手をかざすと回すと赤いLEDが外周に沿って点灯し、現時点の輝度や色温度をある程度把握することができます。

BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコンをデスクに設置した様子の画像

裏側には滑り止めのゴムが付いているので、操作時にリモコンがズレにくくなっています。

BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコン背面の拡大画像

裏蓋はマグネット式になっているので開けやすいところもGood。単4電池3本で駆動し、電池も付属してくれているのも嬉しいポイント。

マニュアルは中国語や英語、そして日本語にも対応しています。

BenQ ScreenBar Haloに付属しているマニュアルの拡大画像

モニターへの取り付け方法

取り付け方法はモニター上部に引っ掛けるだけ。

めっちゃ簡単です!

BenQ ScreenBar Haloをモニターに取り付けている様子の画像

ただ、一つ注意点があって、設置したあとの角度調節が非常に大事です。

理由としては、角度によって照射範囲や明るさが劇的に変わるから。

BenQ ScreenBar Haloの明るさを照度計を使って測定している様子の画像

実際に照度計を使って明るさを測定してみたんですが、角度が少し変わるだけでデスク上の明るさが100ルクス単位で平気で変わるので、実際に設置したあとは自分の手元が最も見やすくなるようにちゃんと調整しましょう。

3つの照明モード

まず、モニターライトが全くない状態を御覧ください。

全く照明を点けていない状態のはしかんのデスクの様像

僕のデスクはロフトベッドの下にあるので、昼間でも照明を点けないと真っ暗でなにもできない状態になってしまいます。

この状態のデスクでBneQ ScreenBar Halo』の3つの照明モードを試してみました。デスクの雰囲気がどのように変わるかチェックしてみてください。

正面のみ

まずは背面の間接照明は使わず正面のライトだけ点けた状態がこちら。

BenQ ScreenBar Haloの正面のみ点灯した状態の画像

正直これだけで手元は十分すぎるほどの明るさです。

読書や勉強も普通にでき、全く困ることもありません。このデスク上だけが明るく照らされる不思議な感覚を是非多くの方に味わって見てほしいです!

はしかん

モニターライトを初めて使ったときに、手元だけが非常に明るくなるのにかなり感動しました。

間接照明のみ

次は背面の間接照明のみ点灯した状態がこれ。

BenQ ScreenBar Haloの関節照明のみ点灯した状態の画像

このモードは真っ暗の部屋で映画鑑賞をするときなんかに使えます。

真っ暗な部屋でモニターだけが点灯していると眩しくて目が疲れやすくなりますが、背面を明るくすることで目への刺激が減って映像が見やすくなります。

写真だと背面がかなり明るいですが、間接照明も明るさと色温度を調整できるのでぼんやりと背面が浮かび上がる程度に調整すると良い感じになります。

はしかん

個人的には一番暗く設定した状態がちょうど良かったです!

同時点灯

おそらく一番良く使うモードがこれなんじゃないでしょうか。

BenQ ScreenBar Haloの正面と関節照明の療法を点灯した状態の画像

手元と背面が良い感じに照らされ、デスクに奥行きを感じるようになります。

モニター背面の壁がうっすらと浮かび上がることでモニターと背面の距離感が生まれて空間に立体感を感じるようになります。さらに、手元もぼんやりと浮かび上がるので、デスクに奥行きが生まれるんですよね。

はしかん

これはデスク環境にこだわりたい方にもってこいの照明なんではないでしょうか。

Xiaomi Mijia モニターライトと比較してみた

外観の比較

BenQ ScreenBar HaloとXiaomi Mijiaを並べた状態の画像

デザインに関しては真っ黒で統一されているXiaomiに対し、BneQ ScreenBar Halo』はグレーっぽい色になっています。正直シンプルなデザインが好きな方やブラックで統一したい方にはXiaomiのデザインが魅力的だという方も多いのではないでしょうか。

続いては大きさを比較。

全長はちょうど5cmほどBneQ ScreenBar Halo』の方が大きいです。つまり、中央を揃えると両側に2.5cmほど長いため、より横方向の照射範囲が広いです。

BenQ ScreenBar HaloとXiaomi Mijiaの本体を並べて大きさを比較している様子の画像

また、発光部も少し違います。

BneQ ScreenBar Halo』は発光部が透明でLEDが一番端までぎっしり詰まっているのに対し、Xiaomiの方は発光部はディフューザーのように半透明のカバーで覆われており、さらに端の部分は少し内側でLEDの発光部が終わっています。

これによって横方向の照射範囲に違いが出る結果となっています。

BenQ ScreenBar HaloとXiaomi MijiaのLEDの照射部分を比較している様子の画像

続いてリモコンの比較ですが、BneQ ScreenBar Halo』のリモコンは高級感のあるデザインで、操作した感じも非常に質感が高く高級感があります。

しかしリモコンがすぐにスリープモードに入るので、操作する前には必ずリモコンの上に手をかざしてから操作をする必要があり、使い勝手という面では若干クセがあります。

BenQ ScreenBar Haloのリモコンを手に持っている様子の画像

一方Xaiomiの方は非常にシンプルかつ簡単です。

押すと電源が入り、回すと明るさを調整できます。色温度の調整は押しながら回せばOK。見た目も操作も非常にシンプルでストレスがないです。

Xiaomi Mijiaのワイヤレスリモコンを手に持っている状態の画像

明るさの比較

続いて両者の明るさを照度計を使って計測してみました。

BenQ ScreenBar Haloの明るさを照度計で計測している様子の画像

デスクから60cmの高さに設置したモニターライトの明るさを、デスク中央と右に60cmの地点の2箇所でそれぞれ計測しました。両者共に色温度を一番高い状態(一番白い状態)にし、モニターライトの角度は計測地点で一番明るくなる角度に調整しています。

おそらくモニターの高さ60cmというのはかなり位置が高いほうだと思いますが、見た目としては両者とも十分な明るさです。

結果をまとめたものがこちら。

最大輝度

中央(Lux)右端(Lux)
BenQ ScreenBar Halo809210
Xiaomi Mijia642123

最小輝度

中央(Lux)右端(Lux)
BenQ ScreenBar Halo25669
Xiaomi Mijia9320

BenQ ScreenBar Haloの間接照明モード

中央(Lux)右端(Lux)
最大輝度512142
最小輝度15243

やはりBenQの方が明るく、横方向の照射範囲も広いという結果になりました。

おそらく一番多く使われるであろう間接照明モードの最大輝度を見てみると、中央部分で512Luxとなっていますが、右端を見るとXiaomiの最大輝度のときよりも高い数値をマークしていることが分かります。

つまり、中央と右側部分の明るさに乖離が少ないということになります。

はしかん

幅広いデスクをお使いの方にはかなり嬉しいポイントですよね!

また、値段についてですが、Xiaomi Mijia」がBanggood価格で約5,000円で購入できるのに対し、BneQ ScreenBar Halo』は約2万円。価格差がかなりあるので、何を優先するかでしっかりと吟味して納得感のある機種を選定ください!

まとめ

BenQ ScreenBar Haloの正面と関節照明の療法を点灯した状態の画像

本記事ではBneQ ScreenBar Halo』をレビューしました。

もともと「Xiaomi Mijia」を使っていたので色々と比較をしてみましたが、BneQ ScreenBar Halo』は照明に対してより満足度の高い体験をしたい方に向いています。一方、とりあえず手元が明るくなればOK!というコスパを重視する方にはXiaomiのスクリーンバーでも十分だと感じました。

BneQ ScreenBar Halo』はこんな方におすすめ

  • デスクに設置するアイテムにはこだわりたい方
  • エモいデスクを演出したい方
  • 広いデスクをお使いの方
  • 明るさを自分で調整するのが面倒な方
はしかん

コスパ重視の方やひとまずモニターライトを体験してみたい方はXiaomi Mijiaでも十分です!

ぼくはどちらにしてもコントローラーがワイヤレスってところは絶対に譲りたくなかったので、それぞれ性格の違う2台ですが、家族と共有しながら両方愛用していくつもりです!

この記事が少しでも検討の際の参考になればうれしいです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

Xiaomi Mijia モニターライト ScreenBar スクリーンバー デスクライト 掛け式ライト 調光 調色 リモコン付き

動画レビュー

忘れていませんか?

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!
チャージ金額に応じてポイントアップ!

\ 知らないと損! /

プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる