空撮ドローン

【SJRC F11 / Z5 レビュー】デュアルGPS搭載 カメラ角度調整 600m飛行の 空撮エントリードローン

こんにちは。はしかん(@hashikan3)です。

本記事では、 SJRCのGPSドローン F11とZ5が気になっている方向けに、ドローン機体および送信機の写真をふんだんに使って、F11とZ5の2機種について気になる部分を解明していきたいと思います。

はしかん
SJRC F11とZ5は、価格は安いけどトイドローンの領域を超える性能を持った空撮エントリー機といったポジションのドローンです!
MJX X103W【2Kカメラ】NEWモデル【ディスレイ付きコントローラー!】SJRC Z5 後継機 LEDライト搭載 カメラ角度操作 GPS搭載 ドローン 日本語
RSプロダクト

 

SJRCのF11とZ5の概要と主な違い

送信機やアプリ、機能は全く同じですが、機体の大きさやプロペラの駆動方式が違います。

はしかん
この2機種はいわば兄弟機のような存在ですね!

主な違いは次の通りです。

F11とZ5の主な違い

F11Z5
機体サイズ450(L) x 325(W) x 83(H) mm300(L) x 290(W) x 65(H)
機体重量511g(バッテリーとプロペラ含む)249g(バッテリーとプロペラ含む)
バッテリー容量2,500mAh1,200mAh
飛行時間25分15分
プロペラ駆動ブラシレスモーターブラシモーター

 

一番大きな違いはプロペラ駆動と飛行時間です。

ブラシモーターははやり長時間飛ばすと熱によって不具合が起きやすいのでおそらく敢えて飛行時間を短く設定しているのでは無いかと思われます。

ブラシレスモーターのF11はそのあたりの心配がないですし、飛行時間も25分とかなり長時間飛ばすことができます。

はしかん
25分はかなりの長時飛行ですね!

 

SJRC F11の概要

スペック

製品名SJRC F11
機体サイズ450(L) x 325(W) x 83(H) mm
機体重量511g(バッテリーとプロペラ含む)
飛行時間25分
電波到達距離600m
GPSデュアルGPS搭載
カメラ画質1080P広角レンズ 
操作モードモード1/2切替可能
センサー6軸ジャイロ
機体バッテリー容量2,500mAh

大容量バッテリーとブラシレスモーターで長時間飛行と力強い飛行性能を実現しています。

 

F11本体の外観

 

SJRC F11の外箱画像

F11の外箱です。光の反射が虹!といった感じの見た目です。

 

SJRC F11の内容物一式画像

F11の内容物一式です。

  • F11ドローン本体
  • バッテリー
  • 送信機
  • 充電ケーブル
  • 予備プロペラ4個
  • ネジ8個
  • 六角レンチ
  • 取扱説明書

 

SJRC F11の重量を計測する画像

本体重量はバッテリーを覗いて318gです。

 

SJRC F11のバッテリー重量を計測する画像

バッテリー重量は193gです。

合計すると511gとなります。

Mavic Air の重量が430g。

Mavic Pro が743gなので、Mavic Proより小さくて、Airより大きいという重量感になります。

なので、多少の風にも十分耐えうるクラスの機体ということがわかります。

 

SJRC F11の機体画像 足を広げた状態

折り畳まれたアームを開くとこのような形になります。

外観は長方形を貴重としたなかなかかっこいいデザインです。

 

SJRC F11の足を広げた状態を上から撮った画像

真上から見るとこのようなサイズ感。モーターの間隔が270mmくらいです。

 

SJRC F11のカメラ部正面からの画像

1080Pで撮影可能なカメラです。

 

SJRC F11のカメラ部下側からの画像

前方正面から真下まで90°の角度でカメラ角度を送信機からコントロール可能です。

 

SJRC F11のSDカード挿入部の画像

Micro SDカードスロットは本体下部の側面にあります。

 

SJRC F11のバッテリー充電ポートの画像

バッテリーにはMicro USBのポートがあり、充電ケーブルをここに接続して充電します。

 

SJRC F11のバッテリー部上部の画像

バッテリーにはLEDのインジケーターがあります。

 

SJRC F11のカアーム付け根の画像

アームの根本は結構しっかりした作りです。特にロック機構はありませんが、しっかりと開いた状態で固定されます。

 

SJRC F11の背面の画像

本体底面には特にセンサーはありません。

 

SJRC F11のブラシレスモーターの画像

F11はブラシレスモーター搭載です。

やはりブラシレスモーターの安心感は良いですね。

 

SJRC F11のフロントアームの画像

どことなくMavic Proっぽいデザインのアーム。

 

SJRC F11のフロントランディング部の画像

フロントアームのランディング部。

ここもMavicっぽいデザイン。

 

SJRC F11のリアランディング部の画像

リアのランディング部。

 

送信機の外観

続いて送信機を見ていきましょう。

SJRC F11とZ5共通の送信機の重量を測る画像

折りたたんだ状態はこのようにかなりコンパクトになります。

重さは208g。バッテリーは内蔵型です。

 

SJRC F11とZ5共通の送信機を開いた画像

送信機を広げた状態。

下の棒状のものは握りやすくするためのグリップで、ここにスマホを挟めるわけではありません。

 

SJRC F11とZ5共通の送信機のスマホ搭載部のMAX値を測る画像

スマホはスマホホルダーに挟んで固定します。

MAXで75mm程度の幅のスマホまで対応します。

 

SJRC F11とZ5共通の送信機の正面画像

中央部のLEDのインジケーター。

 

SJRC F11とZ5共通送信機の左スティック付近画像

左スティック付近にGPSモードとヘッドレスモードの切り替えボタンとリターントゥーホームボタン。

 

SJRC F11とZ5共通送信機の右スティック付近画像

右側には自動離陸・着陸ボタンと電源ボタンがあります。

 

SJRC F11とZ5共通送信機の右上部画像

右上に動画撮影ボタンとカメラ角度調整ダイヤル。

 

SJRC F11とZ5共通送信機の左上部画像

左上に写真撮影ボタンとスピード切り替えダイヤルがあります。

 

SJRC F11とZ5共通送信機の裏側画像

送信機裏側です。

 

SJRC F11とZ5共通送信機の充電ポート画像

左側面に充電用のMicro USBコネクタがあります。

 

F11専用キャリングバッグ

SJRC F11専用キャリングバッグの全体画像

こちらが専用のキャリングバッグです。

 

SJRC F11専用キャリングバッグにドロオーンを収めた画像

ここにF11の箱に入っている梱包材がそのままスッポリと入ります。

ですので、後でキャリングバッグを買おうとお考えの方は、F11の箱に入っている梱包材は捨てないように保管しておきましょう。

 

SJRC F11専用キャリングバッグのハンドル画像

ハンドル部分もしっかりとした作りです。

 

SJRC F11専用キャリングバッグを方からかけた画像

ショルダーベルトも付属しており、持つとこんな感じになります。

 

SJRC Z5の概要

スペック

F11との違いは、機体の大きさとモーター、バッテリー容量の違いによる飛行時間です。

その他の機能は一緒です。

製品名SJRC Z5
機体サイズ300(L) x 290(W) x 65(H)
機体重量249g(バッテリーとプロペラ含む)
飛行時間15分
電波到達距離600m
GPSデュアルGPS搭載
カメラ画質1080P広角レンズ 
操作モードモード1/2切替可能
センサー6軸ジャイロ
機体バッテリー容量1,200mAh

 

外観

ではZ5の外観を見ていきましょう。

SJRC Z5の外箱画像

こちらも虹色パッケージ。まぶしいっ!

 

SJRC Z5の内容物一式の画像

Z5の内容物一式です。

  • Z5ドローン本体
  • バッテリー
  • 送信機
  • 充電ケーブル
  • 予備プロペラ4個
  • ネジ8個
  • ドライバー
  • 取扱説明書

構成はF11と全く同じです。

 

SJRC Z5の機体重量を測る画像

Z5のバッテリーを除く機体重量は185gです。

 

SJRC Z5のバッテリー重量を測る画像

バッテリーは64g。

合計で249gの離陸時重量となっています。

 

SJRC Z5の機体全体画像

アームを開いた状態がこちら。

F11と同様に長方形を基調としたデザイン。

 

SJRC Z5の機体全体を真上から見た画像

モーター間の長さは約200mmといったところ。

 

SJRC Z5の機体正面画像

本当にF11がそのまま小さくなった感じです。

 

SJRC Z5のカメラ部画像

カメラもF11と同じ機構で、こちらも90°の範囲でカメラを動かせます。

 

SJRC Z5のMicroSDカード搭載位置の画像

Micro SDの搭載位置も一緒です。

 

SJRC Z5の底面画像

機体底面です。

プロペラ付近を見ると、ブラシモーターとギア駆動なのがわかります。

 

SJRC Z5のバッテリー搭載部画像

機体のバッテリー格納部。

 

SJRC Z5のバッテリー画像

バッテリーです。1,200mAhとの記載があります。

 

SJRC Z5のプロペラ部画像

アーム先端にLEDを搭載しています。

 

SJRC Z5のアーム画像

ブラシモーターなので、連続飛行時にはモーターが焼けないよう注意して飛行させましょう。

 

Z5専用キャリングバッグ

SJRC Z5専用キャリングバッグの画像

F11専用キャリングバックより一回り小ぶりです。

 

SJRC Z5専用キャリングバッグにドローンを収めた画像

こちらも中にZ5のはこの中身の梱包材がそのまますっぽりと入ります。

このようにバンドも付いて安心です。

 

SJRC Z5専用キャリングバッグにショルダーベルトを付けた画像

こちらもショルダーベルト付きです。

 

SJRCのF11とZ5の特徴

ココがポイント

  • ブラシレスモーター大容量バッテリーで長時間飛行が可能(F11)
  • デュアルGPS搭載で安定した飛行と児童帰還を実現
  • ジェスチャー機能でセルフィー撮影
  • トラッキングモードまで搭載

 

Z5の機能説明動画です。英語ですが、主な機能が網羅されていて参考になります。F11も機能は全く一緒です。

 

こちらはF11による空撮動画。スマホアプリ越しに見る空撮映像はこのようなイメージになります。

 

やはりジンバル非搭載のため、映像のブレが気になりますが、それ以外の性能はもはやトイドローンの域を超えており、空撮機と言ってよいと思います。

はしかん
唯一ジンバルを搭載していない点だけが残念ですが、この価格では仕方がないですね・・。

DJI Osmo Pocketをお持ちの方であれば、このドローンにDJI Osmo Pocket を縛り付けて飛ばしたら結構良い空撮ができてしまうのでは?なんて考えてしまいました。

って思ったら実際にやっている方が!

 

いやこれはすごい!さすが3軸ジンバル!映像の滑らかさが全く違いますね!

はしかん
これは意外にありかも(笑)

ていうかこの方、360°の映像とかめっちゃきれいで、チャンネル登録してしまいました(笑)

 

まとめ

これまで、SJRCのF11とZ5をご紹介してきました。

  • SJRC F11 と Z5は、機体が違うだけで送信機やアプリ、機能は一緒
  • F11はブラシレスモーターと大容量バッテリーで長時間飛行が可能
  • Z5はブラシモーターだがコストが安くお手軽
  • 2機種ともデュアルGPS搭載で600mの長距離飛行が可能
  • ジンバルはついてないけど90°の範囲でコントロールできる1080Pカメラを搭載

こんな方におすすめ

  • 空撮をはじめてみたいけど、いきなりMavicとかはちょっと手が出ない・・
  • GPS内蔵したドローンで長距離飛ばしてみたい

安価にGPSブラシレスモータードローンを味わってみたい方にオススメのモデルです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

MJX X103W【2Kカメラ】NEWモデル【ディスレイ付きコントローラー!】SJRC Z5 後継機 LEDライト搭載 カメラ角度操作 GPS搭載 ドローン 日本語
RSプロダクト

 

ここまで実機を見てきましたが、一つ注意点があります。

日本国内で飛ばすには、きちんと技適を取得した機体を使用する必要があるという点です。

ココに注意

技適を取得していない機材を日本国内で購入することは可能ですが、運用すると電波法違反になりますので必ず技適を取得した機体を入手して運用しましょう。

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

-空撮ドローン
-, , ,

Copyright© 走るガジェット鑑定団 , 2019 All Rights Reserved.