便利ガジェット

【Harbor レビュー】大容量かつ多機能なワイヤレス充電機能搭載モバイルバッテリー!アウトドアや災害時に便利

blank

https://hashikan.net

メモ

本記事では、2020年5月よりクラウドファンディング「Makuake」にて支援購入可能となった多機能モバイルバッテリー「Harbor」をレビューしています。30,000mAhもの大容量にくわえ、ワイヤレス充電、ソーラーパネル、LEDライト搭載、6デバイス同時充電など、機能性も抜群です。

 

今回ご紹介するのはモバイルバッテリーなんですが、普通のモバイルバッテリーではありません。

 

私も日々たくさんのガジェットに囲まれて生活してきたため、今までにモバイルバッテリーは10個以上使ってきました。

ただここまで大容量で高機能なモバイルバッテリーは今回が初めてです。

 

それが今回ご紹介する、あらゆるデバイスの「港」となるモバイルバッテリー『Harbor』です!

 

Harborの外観画像

 

Harborの特徴

  • 30,000mAhの大容量
  • 高速ワイヤレス充電
  • ソーラー充電対応
  • 6台の端末を同時に充電可能
  • 防水防塵
  • 最大30時間のLED照明

 

 

ここまで大容量だとかなり安心感がありますし、これ単体でワイヤレス充電も可能なので、万が一ケーブルを忘れたとしてもワイヤレス充電対応スマホであればちゃんと充電できちゃいます。

 

blank
はしかん
遠出する場合やアウトドアでのキャンプ、有事の際にこれが一つあればかなり安心です。

 

実際に細かい特徴や実際に使ってみて感じたメリット・デメリットなどをまとめましたので参考にしていただけると嬉しいです。

 

メモ

本記事はメーカー様よりサンプル品をご提供頂き作成しています。

 

気になるところまで読み飛ばす

 

Harbor の外観と付属品

初めて見たときの印象は「結構大きいな」でした。

 

blank
はしかん
やはり30,000mAhの大容量ともなるとそこそこ大きいですね~

 

手で持つとその大きさがよく分かります。がっしりと掴んでも表面のソーラーパネルには全く指が被っていません。

持ってみた印象としては、大きさの割にそんなに重くない印象。

 

本体は全面を覆うソーラーパネルが目を引きます。

ワイルドなデザインと防水防塵性能から、かなりアウトドアでの利用を意識していることが伺えます。

Harborのを手に持った画像

 

手で掴んだちょうど人差し指付近に電源ボタンがあります。

Harborの電源ボタン側側面画像

 

Harbor』のロゴの下側にLEDライトが2連で搭載されています。

HarborのLED部分画像

 

反対側にあるゴムパッキンをめくると・・・

Harborの充電ポートパッキン部分画像

 

USB端子が現れます。

モバイルバッテリーを充電する際は、「Micro USB」か「TYPE-C」ポートで。

モバイルバッテリーを使ってデバイスを充電するときは、4つの「USB TYPE-A」ポートと1つの「TYPE-C」ポートが使えます。

Harborの充電ポート部分画像

blank
はしかん
つまり、「TYPE-C」ポートは入力も出力もできるってことですね!

 

ソーラーパネルの反対側には10Wで充電可能なワイヤレス充電器まで搭載しています。

この時点でほぼ全部入りなんではないでしょうか。

Harborのワイヤレス充電器部分画像

blank
はしかん
多彩な機能が満載ですね!

 

内容物一覧

  •  本体
  • TYPE-A - TYPE-C ケーブル
  • Micro USB ケーブル
  • 取り扱い説明書

Harborの内容物一覧画像

 

内容物は非常にシンプルです。

 

 

Harbor のスペック

仕様

バッテリーセルタイプ リチウムポリマー電池
バッテリー容量 30,000mAh(111Wh)
Micro USB入力 9V/2A 18W
ソーラー入力 5V 300mA
TYPE-C 入力/出力 9V/2A 18W PD3.0
USB-A 出力 x 1 9V/2A 18W QC3.0
USB-A 出力 x 3 5V/3A 15W
ワイヤレス出力 10W
LEDライト 900ルーメン、最大30時間点灯可能
SOSフラッシュライト 2モード
サイズ 188 × 99.5 × 36.8 mm
重さ 760g
認証 CE/FCC/PSE
ライフサイクル 500サイクル
保証期間 12ヶ月

 

Harbor』は合計6つの入出力ポートと、1つのワイヤレス充電器を備えています。

TYPE-Cポートは入出力兼用で最大18Wの高出力対応。青いTYPE-Aポートは急速充電可能なQC対応です。

Harborの入出力ポート部分拡大画像

 

10Wのワイヤレス充電器も内蔵しており、「iPhone11」や「AirPods Pro」といったワイヤレス充電対応機器を乗せるだけで充電できます。

Harborのワイヤレス充電器部分拡大画像

 

大きさと重量

Harbor』はモバイルバッテリーの中ではかなり大きな部類です。

 

大きさは 188 × 99.5 × 36.8 mm

重さは実測値で 748g でした。

 

12.9インチの「iPad Pro 2020」の重さが643gなので、それよりも重いです。

Harborの重さ計測画像

 

数値だけ見ると結構重いのですが、持ってみると想像よりは軽く感じます。

 

Harbor の特徴

30,000mAhの大容量

Harbor』は30,000mAhの高性能ポリマー電池を採用しており、「iPhone11」なら9回、Nintendo Switchなら7回も充電できてしまいます。

Harborの各デバイスへの充電回数図説

https://www.makuake.com/project/harbor/ より引用

 

スマホならこのモバイルバッテリーだけで10日は持ちそうですね。災害時などかなり心強い存在となりそうです。

 

10Wのワイヤレス充電

ワイヤレス充電対応機器であれば乗せるだけで充電可能です。

試しに「AirPods Pro」と「iPhone11 Pro Max」を乗せてみましたがちゃんと充電されました。

Harborを使ってAirPods Proにワイヤレス充電している画像

 

通常は電源がOFFになっているので、最初に電源ボタンを押してONにし、機器を乗せると充電が開始されます。

Harborを使ってiPhone11 Pro Maxにワイヤレス充電しているGIF動画

 

ソーラー充電

天気の良い日であれば本体内蔵のソーラーパネルで『Harbor』本体に充電可能です。

面白いのがソーラーパネルで発電していることを表す「SOLAR」LED。

ソーラーパネルで発電されると、この緑のLEDが点灯し充電されているのを教えてくれます。

Harborのソーラーパネルで発電し緑のLEDが点灯している画像

 

ただ、この本体内蔵ソーラーパネルだけで満充電にするにはかなりの時間がかかりそうです。

ソーラーパネルの出力は、

 

5V/0.3A 1.5W

 

というとても小さな出力なので、普通に充電するときの12倍もの時間がかかる計算になります。

 

そんなときに役立つのがオプション品の別売りソーラーパネルです。

最大2枚まで連結することができ、2枚で最大15Wで充電することが可能です。

Harborのソーラーパネルを2枚連結している画像

https://www.makuake.com/project/harbor/ より引用

 

blank
はしかん
これならソーラーパネルだけでデバイスへの電気は賄えてしまいそう!

 

 

最大6台の同時端末を同時充電可能

最大6台ものデバイスを同時に充電できるのもこの『Harbor』の強みです。

6試しにスマホ2台、タブレット1台、Apple Watch 1台合計4台のデバイスでテストしたところきちんと4台同時に充電ができました。

Harborを使って複数デバイスを同時に充電している画像

 

防水防塵

これはアウトドアなど屋外で使用する際に助かる機能です。

試しに水をぶっかけてみましたが特に何事もなく使用できています。

Harborの防水防塵性能喧騒画像

 

blank
はしかん
川辺や海でのキャンプにも使えますし、少々の雨でも大丈夫そうです!

 

最大30時間のLED照明機能

山登りで遭難したり、大規模停電に見舞われるなど災害に遭われたときに役立つLED照明も内蔵しています。

電源ボタンを素早く2回押すとLEDライトが点灯し、その後は1回押すごとに点灯モードが変わります。

HarborのLEDを点灯している画像

モードの切り替えは

 

点灯(強) → 点灯(弱) → 点滅 → SOS点滅 → OFF

 

と、合計4つの点灯モードおよび点滅モードを搭載しています。

 

blank
はしかん
かなり明るく長時間使えるので災害時にも役立ちますね。

 

急速充電を試してみた

Harbor』の急速充電性能を試してみました。

バッテリー残量が25%まで減った iPhone11 Pro Max を、TYPE-Cポートを使って充電し、出力を計測しました。

Harborの急速充電性能の検証画像

 

計測の結果、17.58Wの出力が出ました。

ちゃんと急速充電できています。

Harborの急速充電時の出力を計測している画像

 

iPhoneのバッテリー残量が25%の状態から充電を開始し、40分後に78%まで充電できました。

Harborを使って急速充電した際のバッテリー残容量推移画像

 

blank
はしかん
めっちゃ速いです!

 

 

Harbor のメリット・デメリット

しばらく使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめます。

 

ココがおすすめ

  • 急速充電のおかげで短時間でもしっかり充電可能
  • ワイヤレス充電も10Wでの高出力充電可能なので、実用的
  • 長時間のカメラ撮影など、たくさんの機材を使う作業でこれがあると安心感がある

 

blank
はしかん
30,000mAhの大容量と多くの充電ポートによる同時複数充電が非常に実用的です。

 

ココがおしい

  • エッジ部分の赤いゴムがちょっと目立つ
  • 本体内蔵ソーラーパネルだと少量しか充電できない

 

blank
はしかん
太陽光充電を実用的に使いたい場合はオプションのソーラーパネルは必須ですね

 

注意ポイント

あと気をつけておきたいポイントとしては、飛行機に持ち込み可能な上限100Whを超えているため、機内持ち込みも手荷物預け入れも不可能という点。

 

Harbor レビュー まとめ

Harbor』は、クラウドファンディング「Makuake」で支援購入できる30,000mAhの大容量モバイルバッテリーで、ワイヤレス充電、防水防塵、ソーラー充電、LED照明など、豊富な機能を搭載した欲張り仕様になっています。

Harborの外観画像

 

アウトドアや災害備蓄にもピッタリで、利用するシーンを選びません。

 

blank
はしかん
さらにオプションの外付けソーラーパネルを使用すれば太陽光のみで半永久的にスマホの電源確保が可能になります。

 

Harborの特徴

  • 30,000mAhの大容量
  • 高速ワイヤレス充電
  • ソーラー充電対応
  • 6台の端末を同時に充電可能
  • 防水防塵
  • 最大30時間のLED照明

 

こんな方におすすめ

  • バッテリー切れの心配がない大容量のモバイルバッテリーが欲しい
  • 複数のデバイスを使いこなしており、同時に充電できるものを探している
  • ワイヤレス充電機能を搭載した大容量モバイルバッテリーが欲しい
  • キャンプ用として屋外で安心して使えるモバイルバッテリーが欲しい
  • 災害備蓄としてのモバイルバッテリーを探している

 

たくさんの機材を使うガジェット使いの強い味方『Harbor』はクラウドファンディング「Makuake」で支援購入可能です。

6月末まで支援可能ですので、気になる方はぜひ「Makuake」の詳細ページをご確認ください。

 

 

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券チャージがおすすめです!

今なら初回購入時に5,000円以上チャージすると1,000ポイントもらえます!

Amazonファンなら知らないと損!

Amazonギフト券初回購入限定キャンペーンにエントリー

まだの方はお早めに!

blank
はしかん
プライム会員ならポイント還元率UPでさらにお得!

※具体的なチャージ方法や注意点はこちらの記事からどうぞ。

Amazonが5,000円分で1,000ポイント還元キャンペーンを実施中 お得にお買い物をするチャンスです プライム会員はさらにお得に!

ブログランキングを見てみよう!


blank
ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-便利ガジェット
-, , ,

© 2020 ガジェットランナー