【EVICIV EVC-1506 レビュー】15.6インチのモバイルディスプレイでは人気の高いモデル その実力やいかに!?

評価:5

本記事では、『EVICIV EVC-1506』をレビューしています。15.6インチのモバイルディスプレイの中では上位を争う人気のモバイルディスプレイです。もやは定番となっているTYPE-Cケーブル1本による接続(PCやNintendo Switch)にも対応し、1台あれば仕事にも遊びにも使える活用度の高いモニターです。

こんにちは。日々、理想のモバイルモニターを求めて彷徨さまよっている”はしかん(@hashikan3)”と申します。

リモートワークがかなり浸透してきており、自宅のデスク環境をより快適にして生産性を高めようとする動きが加速しています。

はしかん

モバイルディスプレイも自宅の仕事環境を快適にしてくれる機材のひとつですよね!

今回はモバイルディスプレイの最も一般的なサイズである15.6インチのモデル。中でも人気の『EVICIV EVC-1506』をレビューします。

Amazonのモニター売れ筋ランキングでもモバイルモニターの中ではトップで、人気っぷりがわかります。(2021年8月現在)

EVICIV EVC-1506とモバイルPCを並べた画像
PC1台とは比べ物にならない表示領域。情報量がすごい。
はしかん

EVICIV EVC-1506は、15.6インチのフルHD(1920×1080)IPS液晶パネルを採用し、接続する端末が対応していれば、モニターへの映像や音声・給電がTYPE-Cケーブル1本でできるモバイルモニターです。

また、兄弟機にディスプレイサイズが一回り小さい13.3インチの『EVC-1301』というモデルがありますが、デザインや性能はほぼ一緒なので、好みの大きさを選べるのもこのシリーズの良さです。

本記事の後半で、サイズの比較もしてみましたので参考にしていただけると嬉しいです。

それではなぜそんなに『EVICIV EVC-1506』が人気なのかレビューしていきます!

タップできる目次

EVICIV EVC-1506のスペック

ディスプレイサイズ15.6インチ(16:9)
液晶パネルIPS液晶パネル
解像度FHD(1920 x 1080)
リフレッシュレート60Hz
輝度300 cd/m²
コントラスト比800:1
応答速度5ms
視野角178°
表示色数1677万色(8bit)
消費電力8W
映像入力標準HDMI x 1、USB Type-Cx 1、miniDPx 1
拡張ポートOTGポート(MicroUSB)
サウンド出力ヘッドホン端子x1
スピーカーステレオスピーカー内蔵(8Ω2W)
本体サイズ(幅 X 高さ X 厚み)357 x 230 x 11 mm
本体重量905g
電源USB PD対応
VESAマウント対応(75mm)
はしかん

モバイルディスプレイとしては必要にして十分な性能!

特徴的なのは、HDMI端子の大きさが標準HDMIで変換ケーブルが不要なところと、VESA対応でモニターアームにも取り付けられるところ。

また、OTGポートにキーボードを接続すれば、Nintendo Switchでキーボードが使えたりします。(記事後半で解説)

はしかん

拡張性も高く、不足している部分がほぼ無いので使い始めてから困ったことは一度もありません。

外観と付属品

では内容物からチェックしていきます。

内容物一覧
  • ディスプレイ本体
  • 標準HDMI – 標準HDMIケーブル 1本
  • TYPE-C – TYPE-C(USB3.1 Gen2)ケーブル 1本
  • TYPE-A – TYPE-C(電源用)ケーブル 1本
  • 電源アダプタ
  • スタンドカバー
  • 取扱説明書

付属しているケーブルも一昔前のように「コネクター部分が異常に大きい」といったものではなく、細くて実用的でした。

このケーブルなら細いケーブルに買い換える必要はなさそうです。

EVICIV EVC-1506の内容物一覧の画像

続いてディスプレイ本体をチェック!

液晶パネルは「若干光沢のある非光沢」といった印象です。完全非光沢ではないので、景色が反射して見えています。

EVICIV EVC-1506の液晶パネルは光沢のある非光沢の画像

ベースフレームはアルミ合金製で、細かいヘアラインが入ったデザインです。

左下に空いている穴にペンを差し込むと・・・。

EVICIV EVC-1506のペンホールの画像

スタンドとして利用できます。

EVICIV EVC-1506のペンをスタンドとして使ってみた画像

エッジ部分の面取りもきれいにされていて、質感は高いですね。

EVICIV EVC-1506エッジ部分の画像

ベゼルレスで表示領域もかなり外側まで来ています。

EVICIV EVC-1506のベゼルレスがよく分かる左上の画像

ドット抜けも無く製品としての完成度は高いです。

EVICIV EVC-1506のベゼルレスがよく分かる右上の画像

下側のフレームのみ幅がありますが、ここは逆にある程度の高さがないと低すぎてPCとのバランスが悪くなります。

EVICIV EVC-1506の左下の画像

裏面は75mmのVESA規格に対応したネジ穴が切ってありますのでモニターアームに取り付けて使うことも可能です。

EVICIV EVC-1506の背面の画像

接続ポートは本体右側にあります。

上から電力供給用のTYPE-C PD、3.5mmイヤホンジャック、PC等との接続に使用するTYPE-Cポート、mini DPポート、標準HDMIポートとなっています。

はしかん

HDMIが標準の大きさなのが何気に助かるんですよね!Fire TV Stickとかも直接接続できるし。

EVICIV EVC-1506の接続ポートの画像

本体左側には操作ボタンとOGTポートがあります。

操作ボタンの配置は、上から電源ボタン、アップボタン、マイナスボタン、メニューボタン、EXITボタンです。

EVICIV EVC-1506のメニューボタンの画像

USBハブ機能も搭載しているため、OTGポートに「Micro USB – USB TYPE-A」の変換ケーブルを接続してUSBキーボードを使うことも可能です。

OTGポートにキーボードを接続している画像
EVC-1506にSwitchとUSBキーボードを接続している様子。
はしかん

Among Us」のような文字入力が必要なゲームには、キーボードがあるととても便利!

大きさと重量

本体サイズは実測値で 幅 357mm x 高さ230mm x 厚み11 mm でした。

カバーを装着したときの厚みは16.8mmで、「若干厚めかな」といった印象。

続いて重さですが、ディスプレイ本体のみの実測値が863g。カタログ値よりも40g程度軽いです。

EVICIV EVC-1506の本体のみの重量を計測している画像

カバー込の重さは1,238gと、一般的なモバイルPCと同じくらいの重さとなります。

EVICIV EVC-1506のカバー込みの重量を計測している画像

13インチクラスのノートPCと、13.3インチのモバイルディスプレイと一緒に並べてみました。

左側が15.6インチ。右側が13.3インチのモバイルディスプレイです。並べたときの高さや大きさのバランスが参考になれば幸いです。

EVICIV EVC-1506とモバイルノートPCと13.3インチモバイルディスプレイを並べた画像

モバイルディスプレイだけを並べてみました。

左が『EVC-1506』で、右が『EVC-1301』です。

EVICIV EVC-1506とEVC-1301を並べた画像

重ねると大きさの違いがよくわかります。

横幅で約5cm、高さで3.2cmの差があります。

EVICIV EVC-1506とEVC-1301を重ねた画像

15.6インチ

13.3インチ

13.3インチ薄型

特徴と使ってみた感想

一般的な要件をすべて押さえたオールマイティーに使える1台

特徴を一言で表すと、「これ1台で何にでも使用でき、保証も3年付いて永く使えるモバイルディスプレイ」です。

商品によっては、「この付属品使えないな~」というものも少なくないですが、このモデルは本体の機能や付属含め不足がなく、満足度が高いのが特徴です。

持ち運びに関しては、外出先に持ち出す機会が多い場合はさすがに13.3インチモデルの方をおすすめしますが、自宅や会社の中など、限られた場所での持ち運びは15.6インチでも問題なくこなせます。

カフェでEVC-1506を使っている画像

デザインも無難で無駄がありません。

EVC-1506のスタンドカバーと本体

5つあるメニューボタンで操作も快適です。

EVC-1506のスタンドカバーとメニューボタン

Nintendo Siwitchとの接続も付属のTYPE-Cケーブル1本でOK

もはや定番の機能ですが、スイッチとの接続にも対応しています。

息子のスイッチの時間と妻のテレビの時間が被ってしまったときは、この状態になります。モバイルバッテリーでも駆動できるのは便利!息子と妻の喧嘩を見なくて済みます。

EVICIV EVC-1506とNintendo Switchを接続している画像

さらに、妻から「スイッチであつ森をしながらテレビを見たい。」という要求があったときは、ソファーの横にスイッチ専用モバイルモニターを設置します。

しばしば私の『EVC-1506』は奪われることが多いです…。

はしかん

それだけ利便性が高いってことなんですけどちょっと返してほしい…

EVICIV EVC-1506 の口コミ・評判

https://twitter.com/LuN4tiC_MHR/status/1426378693451030528

Twitterを見るとかなり活用されている様子。人気の理由がわかります。

EVICIV EVC-1506のレビューまとめ

本記事では『EVC-1506』をレビューしました。

このモバイルディスプレイの特徴はこちら。

EVC-1506』の特徴

  • フルHD(1920 x 1080)のIPS液晶パネル採用15.6インチモバイルディスプレイ
  • カーボン調のスタンドカバーが付属していて使い勝手もGood
  • 付属品がしっかりしていてこれ以上なにも買わなくてOK
  • 3年間のメーカー保証付き
  • TYPE-Cケーブル1本でPCやスイッチに接続可能
こんな方におすすめ
  • テレワークの生産性を上げたい
  • テレビを見ながらスイッチであつ森をプレイしたい
  • ベッドにモニターアームでモニターを取り付けて寝ながら映画を見たい

モバイルディスプレイを10台以上使ってきた私ですが、「尖った特徴はないけどオールマイティーに使えるモバイルモニター」というのがこの『EVICIV EVC-1506』の魅力です!

はしかん

Amazonで調べると沢山の機種が出てきて迷われる方も少なくないのではないかと思いますが、「15.6インチFHDでおすすめのモデルはどれ?」と聞かれたら、仕事もゲームもしたいなら『EVICIV EVC-1506』!仕事だけで良いなら『I-O DATA EX-LDC161DBM』もおすすめ!

やっぱり「一回り小さい13.3インチがいいかな~」という方にはこちらがおすすめです。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (23件)

  • はじめまして。ノートPCのサブと考えています。
    ディスプレイにキーボードを接続して使えるのかが解りません。教示頂ければ嬉しいです。

    • gontaさん、はじめまして。コメント頂きありがとうございます!

      はい。使えます。
      向かって左側にある「OTGポート」(microUSBポート)にマウスやキーボードを接続して、PCで使うことが可能です。

      試しに変換ケーブルを使って、マウスとキーボードのワイヤレスレシーバーをOTGポートに接続して使用できるかテストしてみたところ、両方とも動作しました。

      OTGポートに変換アダプタを接続してマウスとキーボードのワイヤレスレシーバーを接続した様子

      モニターとPC間の接続は、モニターに付属のUSB TYPE-C 3.1 Gen2ケーブルで接続した状態です。

      ワイヤレスレシーバーで動いたので、もちろん有線キーボードも使用可能なはずです。

      よろしくお願いいたします。

  • はしかんさん。とても丁寧な回答ありがとうございます。
    とても勉強になりました。ディスプレイは先程発注しました。

    • 解決してよかったです!

      購入されたのですね!とても使える1台なので、ぜひご活用いただければ幸いです。

      また何かご不明点があればいつでもお気軽にご相談ください!

  • デジタルサイネージみたいな使い方を使用と考えているのですが、出力するPCとディスプレイの電源を同時に入れても問題なく画像は出ますか?
    EYOYOのモニターを使ったのですが、うまくいかなかったので問い合わせをさせていただきました。

    • はやとさんはじめまして。
      コメント頂きありがとうございます。

      ご質問の件ですが、PCの機種と、PCとの接続方法によっても変わってくると思いますので、「このEVC-1506だったら大丈夫です!」という回答がちょっと難しそうです。

      ちなみに、私が所有しているPCは「HUAWEI Matebook X Pro」という機種なんですが、これであればTYPE-Cケーブルを使ってPCとモニターを接続し、電源アダプターから同じくTYPE-Cケーブルでモニターと接続します。
      こうすることでモニター経由でPCへの電源供給がされると同時に、PCの電源を入れると同時にモニターの電源も入ってモニターが写ります。

      はやとさんのお持ちのPC機種や、接続構成を教えていただけませんか?

      • 返信ありがとうございます、また連絡遅くなり申し訳ないです。

        こちらは、ラズパイと接続しようと考えています。
        電源供給は、USBアダプタ(https://www.amazon.co.jp/dp/B075L2LBD6/)を
        使ってラズパイとディスプレイの同時に電源を入れます。
        映像信号は、ラズパイ⇒ディスプレイはHDMIで接続する予定です。

        この接続になると、ラズパイから映像信号が出る前にディスプレイが起動する事になるのでどうなるかなと思った次第です。
        返信いただけますと、ありがたいです。

        • 私がラズパイを持っていないのではやとさんが想定されている接続構成とはちょっと異なりますが、少し実験してみました。

          ディスプレイの電源をONにした直後にPCのHDMIを接続してみたところ、正常に表示が出でました。
          また、こちらのディスプレイですが、HDMI入力が途絶えると、しばらくするとパワーセーブモードになります。
          この状態でまたHDMI信号が入力されるとパワーセーブモードから復帰してディスプレイが写ります

          なので、ディスプレイの電源が入っている状態、あるいはディスプレイの電源を入れた直後にHDMI信号が入力された場合は正常に表示されるという結果となりました。

          参考になれば嬉しいです。

          よろしくお願いいたします。

          • ご丁寧に確認までしていただき、ありがとうございました。
            問題なさそうというのがわかりましたので、安心して購入させていただこうと思います。^^

          • 少しでも参考になれば嬉しいです!

            他にもご不明点がありましたらお気軽にコメント頂ければ嬉しいです。

            今後とも宜しくお願いいたします!

  • EVICIV15.6インチを購入しました。左側のダイヤルボタンを操作していたところ、よく分からず日本語表記から英語表記に変わってしまいました。戻すにはどうしたら良いのでしょうか。よろしくお願い致します。

    • サリコさんこんばんは。

      メニューを開いて上から4番目の項目の中に日本語だと「言語」、英語だと「Language」という項目があります。
      言語の位置

      その中に日本語あるいはJapaneseがありますのでそれを選択してください。日本語に戻ります。
      日本語の位置

      お試しください。
      よろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    コメント失礼します。
    USBハブ機能も搭載とのことですが、右側のtype-Cの端子にWebカメラなどの機器を入力して使用する事は可能なのでしょうか?
    購入を検討中でして、参考にさせていただきたいです。

    • ベンケイシーさんはじめまして。
      コメント頂きありがとうございます!

      右側のTYPE-CにWebカメラを接続して入力することはできないです。

      右側に2つあるTYPE-Cポートのうち1つは電源をディスプレイや接続する機器に供給するための電源入力専用ポートとなりますのでこちらには電源アダプターを接続します。
      もう一つのTYPE-CポートでPCやスマホ、スイッチなど母艦となるデバイスと接続する形になります。

      Webカメラやその他のUSB機器を接続する場合は、このようにOTGポートに接続します。
      手元にあったWebカメラを接続してみたところ正常に動作しました。
      EVC-1506にOTGポートを使ってWEBカメラを接続している様子

      参考になれば幸いです!

      • こんにちは。
        度々すみません!(ToT)
        自身が使用しているWebカメラはLogicoolのC980という製品で、端子がtype-cなので前回のお返事を参考にmicroUSBに変換して使うつもりでいました。
        しかし改めて調べてみたところ必要システムのところにUSB 3.1と書かれていました。
        microUSBの規格ではUSB 3.1には対応していないと思うので、もしかしたらこの場合は変換をしてもこのカメラは使用することが出来ないのでしょうか?

        • Logicoolの 980ですか。確かにTYPE-C端子のようですね。
          良いWebカメラをお持ちですね!

          ご質問の件、ご認識のとおりです。

          残念ながらOTGポートでは使うことができないので、PCに直接接続していただくしかないと思います。
          ポートが足りない場合はTYPE-Cハブでポートを増やして接続する必要がありますね。
          よろしくお願いいたします。

          • 承知しました。
            ご丁寧にありがとうございます。
            参考にさせていただきます!(*^^*)

  • こんばんは。
    昨日購入しPCと接続できました。
    しかし、スマホとつなぐと「信号なし」→「POWER SAVING」となって真っ暗に。
    スマホと本体、電源から本体も両方TYPE-Cどうしでつないでいますが、なぜでしょうか?
    初歩的な質問で済みません。

    • Pocky-Gさんはじめまして!
      コメント頂きありがとうございます!

      ご質問の件でいくつか確認したいのですが、
      1.接続に使用されているTYPE-Cケーブルはモバイルモニターに付属しているものを使用されていますか?
      2.スマホの機種は何ですか?

      スマホそのものに映像を出力する機能がないものもありますので、確認です。

      • はしかんさん、迅速な返信ありがとうございます。
        そもそもがわかっておらず済みません。
        ご質問の件、
        1.付属のケーブルを使用
        2.スマホはAndroidでSH-M08(SHARP AQUAS)です。
        2については、以下のサイトでchromecast等を紹介しているので、
        非対応のようですかね。残念。。。
        https://k-tai.sharp.co.jp/appli/useful/photo/01tv.html

        • ご回答いただきありがとうございます。
          SH-M08のマニュアルを確認しましたが、残念ながら有線での映像出力には対応してないみたいですね・・・。残念・・・。

          仰るように、Miracast対応端末へのワイヤレス出力には対応しているようなので、「Google Cast」や「Fire TV Stick」をHDMI端子に接続してワイヤレスで投影することはできそうですが、ちょっとゴテゴテしてしまいそうですね。

          よろしくお願いいたします。

          • マニュアルチェックありがとうございます。参考にさせていただきます!

Pocky-G へ返信する コメントをキャンセル

タップできる目次
閉じる