空撮ドローン

写真で見る DJI Inspire2 エイリアン級の変態ドローンだった!

更新日:

こんにちは。ドローンデビューはレーシングドローンだった、はしかん(@hashikan3)です。

はしかん
最近では、トイドローンなら2000円から3000円程度で手に入るようになり、ドローンを見かける機会も増えて来ていますよね。

しかし、今回ご紹介するこの「DJI Inspire2」を間近で見る機会はそうはないと思います。

なぜなら、「DJI Inspire2」は空撮ドローンの中で間違いなく最高峰の機種であり、テレビ局ですらその性能を持て余すほどの高性能っぷりで、さらに価格もバケモノ級に高級で、しかも見た目もオバケ級にデカく、プロペラ音に恐怖を覚えるほどです。

Inspire2の主な用途としては、

  • 映画撮影
  • 世界遺産の撮影
  • 研究目的の特殊な観測

といったまさしく「職人」が使う空飛ぶ「装置」「道具」「機材」といった印象です。

本記事では、そんな特殊機材である「DJI Inspire2」がめちゃめちゃ気になっているんだけど、もっと写真や動いているところを見たい!という方向けに、いろんな角度から撮影した写真をふんだんに使用してご紹介したいと思います。

 

DJI Inspire2を写真で見ていく

ケース外観 とにかくデカイ!

ケースをはじめて見た時の最初の印象ですが、「デカイ!」の一言です。

材質は硬質発泡スチーロールです。

DJI Inspire2のケース画像

単体ではその大きさがわかりにくいですが・・・。

 

DJI Inspire2のケースとMavic Proのケース比較画像

Mavic Pro のケースと比較してみるとその大きさがわかりますね。

 

DJI Inspire2のケースを持った画像

私が持ってみました。

人が持っているとさらにその大きさがよくわかりますね。

何も知らない人が見たら、この中に入っているものがドローンだなんて思わないでしょう…。

 

ケース内部 効率良くまとまったレイアウト

DJI Inspire2のケース内部の画像

開けると真っ平らになったInspire2本体や送信機、カメラケース、バッテリーが入ってます。カメラケースは2セット入ります。

 

DJI Inspire2のケース内部に収められた送信機の画像

送信機は横向きに収納されています。

 

DJI Inspire2のケース内部に収められたカメラケースやバッテリーの画像

バッテリーは4本収納可能です。

全体的によくまとまったレイアウトです。どう頑張ってもこれが一番コンパクトにまとまった大きさなんでしょうね。

 

レンズ ZENMUSE X5S こ、これだけで25万えんですか・・へ~・・

DJI Inspire2のZENMUSE X5S カメラの画像

3軸ジンバル付きのレンズキットです。

5.2K 30FPS,4K 60FPS で動画が撮れます。

もはや何言ってるかわかりません。

 

DJI Inspire2のZENMUSE X5S カメラ横からの画像

これはどうみても一眼レフでしょう!

 

DJI Inspire2のZENMUSE X5S カメラセンサーとマイクロフォーサーズマウントの画像

と思ったらマイクロフォーサーズマウントでレンズ交換できちゃいます。

まさしく空飛ぶ一眼レフでした!

 

Inspire2本体 エイリアンですか?イカですか?

DJI Inspire2本体横からの画像

これだけ本体がデカければ強風時でも安定した映像が撮れそうです。

本体もデカイですけど、Mavic ProやMavic Airに慣れた目には、ぱっと見て異様にカメラがデカイと感じます。

水平に近い角度で見るとイカっぽいですね。

 

DJI Inspire2本体左斜め前からの画像

左斜め前から。

こうして見ると、無駄の無い造形で美しいとさえ感じてきます。

 

DJI Inspire2本体左後方からの画像

左後方から。

この角度から見ると、首のないエイリアンに見えます。

 

DJI Inspire2本体右後方からの画像

右後方から。

本体後方にバッテリーを2本搭載できます。

 

DJI Inspire2本体バッテリー搭載部の画像

後方の拡大画像。右側の本体中央にあるボタンが電源ボタンです。

左側にあるちょっと出っ張ったボタンはバッテリー取り外しボタンです。

なんでしょうね。このミリタリー感

 

DJI Inspire2本体上方向赤外線センサーの画像

2つ並んでいるのは上方向赤外線センサーです。

上方向の障害物をコイツが検知します。

 

DJI Inspire2本体前面カメラ部上方向からの画像

前方のカメラ部分です。

横方向に出っ張っているのが前方ビジョン・システムです。

その真中に角度調節可能なFPVカメラがあります。

つまり、カメラが2つ搭載されているわけですね・・。

 

DJI Inspire2本体前面カメラ部正面からの画像

まさに、前方に死角なし!といった出で立ち。

まいりました。

 

DJI Inspire2本体底面下方ビジョンシステムの画像

本体底面には下方ビジョンシステムが搭載されています。

下方向はコイツが見張ってます。

 

DJI Inspire2本体底面カメラマウント部の画像

カメラのマウント部分。

とても頑丈そうです。

 

DJI Inspire2本体プロペラの画像

プロペラ部。

プロペラは簡単に脱着可能です。

 

DJI Inspire2本体カーボンアームの画像

カーボン製のアーム。

ここだけ見ると、まるで徹底的に軽量化した物干し竿ですね。

こんなにも高級感の無いカーボン模様を見たのははじめてです。

 

DJI Inspire2本体長いプロペラの画像

プロペラも長いです。

こんなのに当たったら、ビシィッ!!って切れちゃいますよね。ビシィッ!!って。

絶対にちびっ子の近くでは飛ばしてはいけません。

それでなくてもちびっ子には大人気ですからね。ドローンって。

 

DJI Inspire2本体アームジョイント部の画像

アーム可動部分。

このあたりは無骨な印象ですがキライではありません。

 

DJI Inspire2本体アーム可動部の画像

この根本にアーム可動部分の動力部があります。

ここがウィーンって動いて変形するわけです。

 

DJI Inspire2本体アームのDJIロゴの画像

アームジョイント部のDJIの文字が渋いです。

 

DJI Inspire2本体ランディング部の画像

ランディング部。

間に挟まっているゴムがサスペンションの役割を果たすわけですね。

 

送信機 完璧にコントロールするには熟練の技が

送信機です。

DJI Inspire2の送信機の画像

正面はシンプルですが、送信機上部にカメラを動かすダイヤルやシャッターボタン等があります。

これを完璧に一人で操縦するにはかなりの練習が必要でしょう。

飛行と撮影で2台の送信機で別に操作することも可能です。

 

トランスフォーム! 「イカの天日干し」から「プレデター」へ!

Inspireシリーズの一番の特徴と言っても過言ではないのがこのトランスフォームでしょう!

DJI Inspire2離陸から変形完了までのGIF動画

かっこ良すぎ!

 

私の中でのイメージ画像です。

DJI Inspire2が変形するときのイメージ画像(イカの天日干しからプレデターへ)

いつの日か、自分のInspire2を手に入れたあかつきには、プレデターちゃんと名付けたいと思います。

 

まとめ Inspire2は空撮ドローンの最高峰 まさに変態ドローンでした

Inspire2のファーストインプレッション

  • デカイ!
  • トランスフォームがかっこいい!
  • レンズが一眼レフ
  • プロペラ音が怖い
  • 安定しまくり
  • 映像がキレイすぎ!

今回、「DJI Inspire2」を取材して空撮ドローンの最高峰を間近で感じたわけですが、これはどう考えても趣味の領域を超えていますね。

しかし世の中には趣味で所有されている方もいらっしゃるかと思いますが、敬意を込めてこう呼ばせていただきます。

変態

と。

かく言う私もいつか「変態」と呼ばれる存在になれるよう頑張りたいと思います。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

\スペックがモンスター級/

DJI公式サイトでInspire2を見てみる

もちろん価格もモンスター級

 

ブログランキングを見てみよう!



ガジェットランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

-空撮ドローン
-, ,

Copyright© 走るガジェット鑑定団 , 2019 All Rights Reserved.