タイムセール中のガジェットを見てみる

【AUKEY Omnia Mini PA-B1 レビュー】20Wの超小型TYPE-C充電器 iPhone12と一緒にいかが?

本記事では20Wの超小型TYPE-C充電器『AUKEY Omnia Mini』をレビューしています。充電器が付属しなくなった新型iPhone12シリーズにピッタリのシンプルデザイン充電器です。

こんにちは。メインスマホはiPhone 11 Pro Maxを愛用しているはしかんです。

iPhone12シリーズが発売されましたね!

今回は4つのラインナップがそれぞれ個性を放ちまくっているので、どれにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

また、このiPhone12シリーズで初めてiPhoneデビューされる方も少なくないと思います。

そんな話題のiPhone12シリーズですが、ひとつ注意点があります。

それは充電器とイヤホンが付属していないということ。

すでに充電器やイヤホンをお持ちの方であれば問題ありませんが、お持ちでない方は別途購入する必要があります。

はしかん
せっかくならiPhone12の急速充電に対応した20Wの充電器を選びたいところ。

今回ご紹介する『AUKEY Omnia Mini』は、小型でかわいいTYPE-C充電器ながら、20Wの高出力でiPhone12への急速充電にも対応した、毎日の充電にかかせない頼もしいガジェットです。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 を指でつまんだ状態の画像

本記事ではそんな『AUKEY Omnia Mini』を写真多めでじっくりレビューしていきたいと思います!

気になるところまで読み飛ばす

外観と付属品を見る

充電性能を見る

タップできる目次

AUKEY Omnia Mini PA-B1 の概要

スペック

型番PA-B1
入力AC100-240V 50/60Hz 06A
USB-C出力5V/3A、9V/2.22A (PD 3.0)
5V/3A、9V/2A、12V/1.5A (QC 2.0)
最大出力20W
大きさ28.8mm x 28.8mm x 30.5mm
重さ33g
対応テクノロジーPower Delivery 3.0、Quick Charge 2.0
保証期間2年間
はしかん
大きさは約3センチ角でかなりコンパクト。充電器はどこまで小さくなってゆくのでしょう。

外観と付属品

開封したときの第一印象は、とにかく「小さっ!」の一言に尽きます。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 を斜め上から撮影した状態の画像
初期のiPhoneに付属していた5V/1Aの四角い充電器を彷彿とさせる大きさと、真っ白なデザイン。
はしかん
この小ささで20W出るとかすごい!

付属品は本体とマニュアルと保証カードのみのシンプル構成。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 の付属品一覧の画像

外観は真っ白でシンプル。Amazonに掲載されている製品画像はロゴの「AUKEY」の文字がグレーっぽい色になっていましたが、実物は真っ白です。

こっちの方がシンプルでいいですね。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 のサイドのロゴ部分の拡大画像

コンセント部分。これだけ小さいのであれば、コンセントは折りたたみ式じゃなくても十分コンパクト。持ち運びも苦労することはないでしょう。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 のコンセント部分の画像

ポートはTYPE-Cが1つのみ。ここも白一色でごちゃごちゃしてないデザインでかわいいです。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 のポート部分の画像

真っ白でかわいい充電器が欲しい方には本当にめっちゃおすすめ!ロゴも含めて白一色なので、統一感ありありです。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 を斜め上から見た画像

iPhoneの充電ケーブルを接続しても全く違和感なし。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 にLightning ケーブルを接続した状態の画像
はしかん
まるで純正品のようなたたずまいw

大きさと重さ

大きさは28.8mm x 28.8mm x 30.5mmというコンパクトさ。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 を手のひらに乗せた状態の画像

iPhone11 Proに付属している18Wの急速充電器と大きさを比較してみました。

左が18W出力のApple純正急速充電器。右側が20W出力の『AUKEY Omnia Mini』。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 とApple純正18W充電器の大きさを比較した画像
はしかん
AUKEY Omnia Mini』の方が小さいうえに高出力です笑

2つをコンセントに接続すると大きさの差が顕著になります。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 とApple純正18W充電器をコンセントに接続した状態の画像
はしかん
もはや純正の18W充電器を選択するメリットはほとんど無いですよね・・。

続いてiPhoneの5W充電器との比較。

少しだけiPhoneの5W充電器が小さいですが、ほぼ同じくらいの大きさです。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 とApple純正5W充電器を並べた画像

コンセント部分もほとんど同じ大きさ。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 とApple純正5W充電器を並べた画像

Apple純正5W充電器と、急速充電可能な20W充電器が、10年以上の時を経てほぼ一緒の大きさになったんですね。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 とApple純正5W充電器を並べた画像

ガジェットポーチにもすんなり入るコンパクトさ。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 をガジェットポーチに入れた状態の画像
はしかん
これなら常に持ち運べますね

続いて重さを計測。

AUKEY Omnia Mini』は32.1g。カタログ値よりも若干軽いです。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 の重さを計測している画像

参考までにApple純正18W充電器の重さが61.7gでした。ほとんど倍の重量差があります。

Apple純正18W充電器 の重さを計測している画像
はしかん
大きさと重さも申し分なし!

iPhoneへの20W急速充電を検証

実際に急速充電に対応したiPhone 11 Pro Maxに充電をしてみました。

測定結果は9.06V/2.18A≒19.7Wの出力で、ほぼ20Wで急速充電できています。

AUKEY Omnia Mini PA-B1 でiPhoneに急速充電しているときの出力を計測している画像
はしかん
見た目だけじゃなく、出力も文句なしの値!

ちなみにNintendo Switchにもちゃんと充電できました。iPhoneだけでなく、TYPE-C PDに対応した様々な機器に充電可能です。

まとめ

本記事では『AUKEY Omnia Mini』をレビューしました。

真四角のiPhone用5W小型充電器とほぼ同じ大きさにも関わらず、iPhone12シリーズの高速充電に対応した20W出力の超小型TYPE-C充電器です。

メーカーのロゴなども目立たないようになっていて、白一色なところもシンプルで良かったです。

iPhoneの買い替えで急速充電可能な充電器をお探しの方におすすめしたい充電器です。

以上、はしかん(@hashikan3)がお伝えしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる